☆東久留米市内の自然観察で出会った12月の野鳥の紹介

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな場所で出会った野鳥を紹介します。
今年は、冬鳥達の飛来が早いように感じますが如何でしょうか!

※2020年12月に出会った野鳥の紹介です。是非ご覧ください。
(一部名称については誤りの可能性もありますがご容赦ください。ご指摘いただければ幸いです。)

※写真:このところスズメの群れと良く遭遇しています。子供のころ野原などで見た光景を思い出します。

※写真:左から順にハシブトガラスとハシボソガラスです。頭の形や嘴、鳴声にも違いがあります。

※写真:左から順にマガモ♂、マガモ♀とコサギ、オナガガモ♂、ヒドリガモ♂♀、カルガモ、コサギ、カワウ、カワセミとキセキレイ、コガモ♂♀、オオバンです。

コガモは非常警戒心が強く離れた場所からでも察知すると直ぐに逃げてしまいます。

オオバンですが、春先にも観察しており年内2度目の観察です。

※写真:セキレイの仲間、順番にキセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイです。

※写真:左上から順番にムクドリ、キジバト、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ♂、ジョウビタキ♀、エナガ、オナガ、モズ、シメ、カワラヒワ、ツグミ、アオゲラ、アオゲラ、コゲラ、ワカケホンセイインコです。

※2020年12月 東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

☆東久留米の2020年師走に見かけた自然

今回は、師走を迎えた市内の自然を紹介します。
是非ご覧ください。

※写真:12月中旬に金山緑地で見かけたクヌギの紅葉です。冬の日差しを受けて紅葉した葉が森の中でひときわ目立っていました。

※写真:12月上旬頃の金山厳島神社と南沢氷川神社のモミジの紅葉です。素敵な色合いで急いでカメラに収めました。

※写真:どちらも12月中旬頃に市内の緑地で見かけたものです。あでやかな赤色に染まった実を付けています。植物名は「サルトリイバラ」と「ナンテン」です。

※写真:市内でも初氷の便りがありましたが、12月21日ひばりが丘団地内の池で撮影しました。この日は、いつも羽根を休めているカルガモの姿はありませんでした。

※写真:12月21日浅間町3丁目と南沢2丁目で見かけた霜柱です。例年よりまして寒さが厳しく早めにみかけました。

2020年12月 師走の東久留米市内にて撮影〔H.Shimo〕

茶話し所「カフェーみやまえ」 気楽にお立ち寄りください。

「カフェみやまえ」(東久留米市下里5-4-7)は、2020年7月、元民生委員を
されていた原ふじ子さんとその仲間達が、西部地域包括支援センターの野島さんの進めにより立ち上げた。

 東久留米市は厚生労働省が2015年1月に発表した認知症ケア「新オレンジプラン」を推進すべく施策を進めており、その一環として気楽に立ち寄り、
茶話に興じらえる「カフェ」を地区ごとに設けようとしている。

「カフェみやまえ」は、月1回第2水曜日13:30から15:30に開かれ
(下里氷川神社と黒目川都大橋の中間、カメラのキタムラの道を隔てた向い)、会費は300円、原さん宅の一室で、お茶菓子を食べ、お茶を飲みながらくつろいで話に興じます。

「開いてからまだ日も浅いので話だけですが、趣味でやっている折り紙や牛乳のパックを使った小物入れ作りなど、それぞれの特技を持ち寄って教えあうなど、長く続けたい」と、原さんは語っている。
家庭的雰囲気の楽しい「カフェみやまえ」です。

東久留米 いち

①カフェみやまえの皆さん

②1枚の折り紙で折ったクリスマスツリーと牛乳パックで作った小物入れ

☆東久留米市内の自然観察で出会ったカワセミの紹介

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな水辺に生育している小鳥『カワセミ』を紹介します。

『カワセミ』は1年を通して観察できる小鳥です。市内を流れる「黒目川・落合川・立野川」そして市境を流れる「野火止用水」でも観察できます。更には、「白山公園」と下流部の「西妻川」、過去には東村山市になりますが「出水川」最上流部付近でも観察しています。また、地元の方からの情報では、運が良ければひばりが丘団地内の小さな池でも見られるという事です。

※2020年東久留米市内でも稀な場所で観察したカワセミを紹介します。是非ご覧ください。

※写真:2月23日柳窪緑地保全地域内を流れる黒目川の護岸で観察したものです。この後、干上がった河床に残った水たまりで「アメリカザリガニ」を捕食しました。

※写真:8月5日野火止用水歴史環境保全地域下里地区のぐみの木橋付近で観察したものです。この後、私の気配を感じて下流部へと飛び去ってしまいました。

※写真:10月28日白山公園南側で野草観察時に『カワセミ』の鳴き声がして偶然に撮影したものです。この時の公園内は野球場を含めて凡そ水没した状態でした。「ドジョウ・アメリカザリガニ」なども多くこの時はアメリカザリガニを捕食しました。

※写真:7月16日新川町の不動橋広場に残る旧落合川河道で観察したものです。口にくわえている物は「アメリカザリガニ」です。

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

☆東久留米の2020年晩秋の生きもの

今回は、秋から冬へと季節の移ろいのなか市内で見つけた多種多様な生きものを紹介します。
是非ご覧ください。

※写真:今年も本邑遺跡公園の「ジュウガツザクラ」が白や淡いピンク色の花を咲かせています。この先しばらくの間「秋のお花見」が楽しめます。

※写真:今の時季に開花している植物や結実して彩を添えている植物などです。これからは多くの植物が養分を蓄えるために静かに眠りにつきます。
順に「キク科:キクタニギク」「キク科:ノコンギク」「イネ科:オギ」「サルトリイバラ科:サルトリイバラ」「キク科:ノハラアザミ」「キク科:ツワブキ」「ナス科:ヒヨドリジョウゴ」「リンドウ科:リンドウ」

※写真:鳥の世界でも一時期見られなかった冬鳥達が観察できるようになりました。
順に「セグロセキレイ」「キセキレイ」「ジョウビタキ雌」「ジョウビタキ雄」「オナガガモとヒドリガモ」「コガモ」「カワラヒワ」

※写真:季節の変わり目を迎えて昆虫や爬虫類などの種類が大幅に少なくなりました。今観察できる仲間は、越冬するもの命が絶えるものなどです。
順に「コカマキリ」「ホシホウジャク」「ヒメアカタテハ」「ニホンカナヘビ」「ショウリョウバッタモドキ」「クルマバッタモドキ」

2020年11月 晩秋の東久留米市内にて撮影〔H.Shimo〕

黒目川の野鳥 食欲の秋-獲物を狙うダイサギとコサギ

ダイサギはペリカン目サギ科に分類される鳥。成鳥になると翼幅:1.3~1.7m、体長:80~100cm、体重:0.7~1.5kgにもなる。
また、コサギはペリカン目サギ科コサギ属に分類される鳥で体重は310g程度。
この時期黒目川沿いを散歩しているとよく小魚を狙っている姿を見ることができる。
草むらにかくれた小魚を追い出すため、サギは足をブルブルとバイブレーターのように振るわせている。

(東久留米 いち)

①黒目川で獲物を狙うコサギ

②黒目川沿いで小虫を狙うダイサギ

食欲の秋 黒目川でじ~っと小魚を狙うアオサギ

アオサギはペリカン目サギ科アオサギ属に分類される鳥類で、東久留米最大の野鳥。

成鳥の翼幅は1.6m~2m、体長は84~100㎝、体重は1~1.2㎏。

日本で繁殖するサギの仲間では最大。

黒目川ではアオサギのほか、小サギ・ダイサギもよく見かける。

(写真:じ~っと小魚を狙うアオサギ)

 

                             (東久留米 いち)

☆東久留米市内の自然観察で出会った蝶の仲間の紹介

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな場所に生育している蝶の仲間を紹介します。

※2020年東久留米市内で観察した蝶の仲間の紹介です。是非ご覧ください。
(一部名称については誤りの可能性もありますがご容赦ください。ご指摘いただければ幸いです。)

⇒以下のファイルを選択してください。
東久留米の蝶の仲間20200907

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

☆東久留米市内の自然観察で出会ったカミキリムシの紹介

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな場所に生育しているカミキリムシの仲間を紹介します。

※2020年東久留米市内で観察したカミキリムシの紹介です。是非ご覧ください。
(一部名称については誤りの可能性もありますがご容赦ください。ご指摘いただければ幸いです。)

⇒以下のファイルを選択してください。
カミキリの仲間20200827

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

バーコード付きの野菜スタンド出現!

東久留米市では野菜の庭先販売がさかんです。
そんななか、
なんとバーコード付き,キャッシュレスのスタンドが出現!

所は、幸町2丁目.東久留米市総合高校に面しています。
野菜の種類は少ないものの、

作り手の人柄が伝わるようなほのぼのとした、
雰囲気でいっぱいです。

レポート:てっちゃん