黒目川”しんやま親水広場”の散歩道 -ストレス解消/安心・安全/健康維持へ-

 新型コロナウイルス感染者は現象してきてはいますが終息しているわけではなく、外出は必要最少にという要請は続いています。
三密を守り、安心・安全と思われる散歩はストレス解消になります。
その一つが、小平霊園のさいかち窪を源流とし、落合川と合流し、新河岸川に至る黒目川のうち新青梅街道から下里氷川神社までの約2㎞です。
距離も散歩には適当。さいかちの道→しんやま親水広場→しんまえ親水こみちを巡る道筋は整備されており、途中にベンチ、トイレもある。
また四季おりおり変化に富んだ景色を見ることができます。

 さいかち道の間は武蔵野の感じを残す林道。森林浴もできます。
夏はセミしぐれを体験できます。
しんやま親水広場は黒目川での水遊びもできます。
水深を増水時でも40㎝に押さえており、ブランコ・スベリ台など備えた広場、疲れた時には腰かけて涼しさを求められるケヤキの丘などもあります。

沿道のポイントを写真でご紹介します。

①黒目川散歩道2㎞の地図
 

②小平霊園内さいかち窪の黒目川源流

③新青梅街道のさいかち道入口
    

④林の中の八幡社本堂
 

⑤八幡社鳥居外のお地蔵様と庚申塔
 

⑥八幡社からのさいかち道

⑦さいかち道沿いの黒目川
 

⑫さいかち道沿いの花
   

⑬しんやま親水広場の水遊び場(向こうは子供広場)
 

⑭しんやま親水広場お休み所(小さな丘で頂上に大きなケヤキ、下に腰かけ、向いにトイレもある)
 

⑮しんやま親水こみちの入口

⑯黒目川としんやま親水こみち(右側)

⑰しんやま親水こみちのお休み所

⑱しんやま親水こみちの下里氷川神社下

⑲下里氷川神社の参道(ここで終わり)

東久留米 いち

雨にも負けず 雪にも負けず 咲きつづけるソメイヨシノ、ゴイコウ桜

3月29日、早朝から雪降りつづき正午すぎに降り止むまで積雪3センチ余。満開だったソメイヨシノもゴイコウ桜(ミドリ色した珍しい花)も散ることなく咲きつづけた。
「新型コロナウイルスなんかに負けるな!」
という声が聞こえる。

①降りしきる雪にも負けず咲きつづけたソメイヨシノ(しんやま親水広場西側)

②ミドリ色の花を咲かせるゴイコウ桜(しんやま親水広場中央ふれあい橋付近のベンチ前)

                          東久留米  いち

🌸サイタサイタ サクラがサイタ ~東久留米のサクラスポットご紹介~

 新型コロナウイルスが猛威をふるう中、サクラは例年より早く花を咲かせて、人の心に寄り沿って安らぎを与えてくれています。デジカメ持って自転車での”お花見”はいかがでしょうか。東久留米の”お花見スポット”いくつかご紹介します。サクラのほかにもいろいろ発見ありますよ。

①黒目川沿い東久留米中・高総合高校対岸岸のソメイヨシノ
 

②本村小通りの出水川広場・出水川(暗きょ)沿いのソメイヨシノ
  

③東久留米西高校のソメイヨシノ
 

④滝山団地6-2と6-3の歩道のソメイヨシノ
 

⑤白山公園のソメイヨシノ
   

⑥下里第七小学校小学校校庭道路沿いのソメイヨシノ
 

⑦久留米西団地しんやま親水広場・黒目川沿いのソメイヨシノ

⑧西部地域センターの滝山商店街側入り口横の大島桜
 

⑨水ぬるむ。黒目川で足をブルブル振るわして小魚を追い出して獲っているダイサギ。後ろはわれ関せずとうたたねしているコサギ。
 

⑩黒目川沿い本村小学校対岸広場傍で菜の花
 

 

東久留米 いち

☆東久留米市内の自然観察で出会った野鳥の紹介№1!

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな場所で出会った野鳥の仲間を紹介します。

※2020年1月から3月までに出会った主な野鳥の紹介です。是非ご覧ください。
(一部名称については誤りの可能性もありますがご容赦ください。ご指摘いただければ幸いです。)

⇒以下のファイルを選択してください。
東久留米野鳥1から3月20200323

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

☆東久留米市内の自然観察で出会った野草の紹介№2!

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな場所に生育している植物の仲間を紹介します。

※2020年春に出会ったの植物の紹介です。是非ご覧ください。
(一部名称については誤りの可能性もありますがご容赦ください。ご指摘いただければ幸いです。)

⇒以下のファイルを選択してください。
東久留米の野草№220200323

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

☆東久留米市内の自然観察で出会った野草の紹介№1!

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな場所に生育している植物の仲間を紹介します。

※2020年春に出会ったの植物の紹介です。是非ご覧ください。
(一部名称については誤りの可能性もありますがご容赦ください。ご指摘いただければ幸いです。)

⇒以下のファイルを選択してください。
東久留米の野草№120200308

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕

🌸東久留米に春が来た! ~街に来た、庭に来た、野にも来た!!

 3月20日はお彼岸。寒さ暑さも彼岸まで。
冬の間、眠っていた草花、花木が一斉に花開く。樹木は人間共の新型コロナウイルス騒ぎには馬耳東風、季節が来ればきれいな花を咲かせ、人の心に安らぎを与えてくれる。

 小春日和の日、デジカメ片手に散歩し、そこここに待ちわびた春の到来を探してみた。

①ぽかぽかの小春日和。うたた寝するアオサギ。ときどき目を覚ましてあたりを警戒する(しんやま親水広場の黒目川の土手)
 

②大きくなったフキノトウ(野火止3丁目の遊水池土手)

③芽を出したツクシ(下里氷川神社近くの畑の片すみ)

④満開のチンチョウゲ。甘い香がほのかにただよう(野火止2丁目の民家の垣根)

⑤カスミ草満開(野火止2丁目の民家の垣根)

⑥水仙の花(さいわい福祉センター近くの桜並木の下で)

⑦満開のカワヅザクラと葉ザクラになりかかったカワヅザクラ(しんやま親水広場・黒目川のふれあい橋付近)
 

⑧目にあざやかな満開の花モモ(西武バス停滝山団地付近の花モモ畑)
 

⑨満開のユキヤナギの群生(西武バス柳窪一丁目停留所柳窪1丁目アパート付近)

⑩今を盛りと咲きほこる八重のツバキ(久留米西団地21号棟前)

⑪満開のソメイヨシノ(3月23日、滝山団地6号棟付近)

⑫満艦飾のアセビ(下里5丁目の民家)
 

⑬芽ぶいた白山公園の大ヤナギ。風にゆらゆら。

⑭満開のモクレン。青い空に白い花がにおう(滝山団地6-3号棟付近)
 

⑮咲きほこるボケ(滝山団地3-1号棟付近)

(東久留米 いち)