☆東久留米市内の自然観察で出会ったカワセミの紹介

東久留米市内には東京都や東久留米市、そして企業・学校法人などが管理する雑木林そして黒目川や落合川、立野川などの川が流れています。今回は、そのような自然豊かな水辺に生育している小鳥『カワセミ』を紹介します。

『カワセミ』は1年を通して観察できる小鳥です。市内を流れる「黒目川・落合川・立野川」そして市境を流れる「野火止用水」でも観察できます。更には、「白山公園」と下流部の「西妻川」、過去には東村山市になりますが「出水川」最上流部付近でも観察しています。また、地元の方からの情報では、運が良ければひばりが丘団地内の小さな池でも見られるという事です。

※2020年東久留米市内でも稀な場所で観察したカワセミを紹介します。是非ご覧ください。

※写真:2月23日柳窪緑地保全地域内を流れる黒目川の護岸で観察したものです。この後、干上がった河床に残った水たまりで「アメリカザリガニ」を捕食しました。

※写真:8月5日野火止用水歴史環境保全地域下里地区のぐみの木橋付近で観察したものです。この後、私の気配を感じて下流部へと飛び去ってしまいました。

※写真:10月28日白山公園南側で野草観察時に『カワセミ』の鳴き声がして偶然に撮影したものです。この時の公園内は野球場を含めて凡そ水没した状態でした。「ドジョウ・アメリカザリガニ」なども多くこの時はアメリカザリガニを捕食しました。

※写真:7月16日新川町の不動橋広場に残る旧落合川河道で観察したものです。口にくわえている物は「アメリカザリガニ」です。

※2020年東久留米市内において撮影〔H.Shimo〕