春の足音近づく

 新型コロナウイルス騒ぎで新聞もTVも連日注意喚起に大わらわであるが、そうした中でも春の気配は東久留米の里に忍び寄ってくる。
三寒四温、気温は激しく変動しているが花樹は忘れずに花を咲かす。
里の諸々に春の息吹を探る。

①満開のロウバイ。所沢街道の全生園東交差点付近。 

②満開の白梅。東久留米市役所屋外広場左(東久留米の名木百選No.8)
 

③水面に映える白梅。しんやま親水広場(黒目川久留米西団地22号棟前付近)
 

④早くも咲き始めたカワヅザクラ。しんやま親水広場東側の下里駐在所裏。(カワヅザクラはこの他、黒目川土提に数本あり、いずれもつぼみがふくらみ開花近い)
 

 

東久留米 いち

☆落合川上流部と不動橋広場の冬景色

今回は、落合川上流部と不動橋広場で見かけた初物の『氷』と『霜柱』をお届けします。ニュースにもなっていましたが遅れていた冬がやってきたようです。
是非ご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きくなります。
※写真〔落合川上流端〕:昨日、今日と久しぶりに寒さを感じました。そのような中、落合川の上流部では未だに水が湧き出て流れを作っています。そして水たまり部分ではこのような冬景色を見せていました。

※写真〔不動橋広場〕:一方、旧落合川流路が残っている不動橋広場では大きな水たまりが全面凍って波紋のような模様を見せていました。霜柱も5cmほどの高さがありました。

2020年2月7日落合川上流部と不動橋広場にて撮影〔H.Shimo〕