☆白山公園と八幡第7緑地で見かけた見事な紅葉

今回は、11月26日白山公園(滝山7-24付近)で見かけた『イロハモミジ』と八幡第7緑地(八幡町2-11付近)で見かけた『ドウタンツツジ』を紹介します。市内でも紅葉シーズンを迎えて見事な彩を見せています。是非ご覧ください。

⇒写真を右クリックすると大きくなります。
※写真〔白山公園〕:赤く染まった樹木が目に留まり近づくと「イロハモミジ」でした。その見事さに投稿してみました。


※写真〔八幡第7緑地〕:白山公園からほど遠くない場所ですが「ドウタンツツジ」が赤やオレンジ、黄色に染まっていました。

2019年11月26日白山公園と八幡第7緑地にて撮影〔H.Shimo〕

冬空にかれんに咲く山ザクラ。今、満開

 東久留米市野火止の本邑遺跡公園(本村小学校横)の片隅、下里第二団地第3号棟の前にある山ザクラ。

この山ザクラは大変心やさしい木で、晩秋、花の少ないとき、花芽の半分を開花させて、人の目を楽しませ、あとの半分は翌年春、また白いかれんな花を咲かせる2回咲く種です。

ソメイヨシノのような華やかさはありません。10月初旬、1リン、2リンと咲き始め、今、満開です。

木枯にも負けず、かれんな白い花を青空のもと咲き続けています。
黒目川散歩道を散歩の方、ちょっと足を延ばして眺めてあげて下さい。
(久留米西校校門前の道を約100mばかり行き、第2下里団地2号棟の先を左へ入った突きあたりの右側にその木はあります。また、西校校門前を左へ約100m行き、6号棟と5号棟の間には本邑遺跡からの出土品を陳列している陳列棟があります。)

満開の山ザクラ

山ザクラのそばで見付けたカラスウリ。
赤く実りました。

 

(東久留米 いち)