2001年会 (囲碁同好会)

  • まちづくり・コミュニティ
  • 町会・自治会
  • 防犯・防災・みまもり
  • こども
  • 教育
  • シニアライフ
  • 健康
  • スポーツ
  • 芸術・文化・趣味
  • 環境
  • 福祉とサポート
  • NPO・ボランティア
  • 国際交流
  • 男女共同参画
  • 農業・商工業

◆ 囲碁は脳の活性化を促します。
~19X19の広い盤面で想像力を培います。終盤では計算能力が問われます。~

◆ 相手の思考の窓から覗き見して推理能力を養います。

◆ 時には感情を刺激します。
~指一本の動きで喜びも悲しみも味わうことが出来、人間らしさの回復に役立ちます。~

◆ 相手の気持を察し、寛容と謙譲の精神を涵養します。
~相手には内緒ですが、悔しさで眠れない時もあります。でも、翌朝目が覚めたらまた無意識のうちに石を手にしています。~

◆ 桃くり3年柿8年囲碁一念(故小林礼子先生)といいます。
 会員のみなさん 今年も頑張りましょう。  
             19年1月  りきムーナ より

団体名2001年会 (囲碁同好会)
団体名ふりがな2001ねんかい (いごどうこうかい)
代表者氏名滝深 亮
代表者氏名ふりがなたきふか まこと
連絡担当者氏名力久 俊治
連絡担当者氏名ふりがなりきひさ としはる
E-mailt-riki@cameo.plala.or.jp
設立年月日2001年5月
会員の年齢層60代 70代 80代
会員数合計 35名
主な活動地域東部
活動場所東久留米市大門町
活動日不定期 1週間に1~2回
活動時間帯13:00から17:00まで
入会金なし
会費あり
会員募集募集していない
活動目的と内容■活動目的■
 会員相互の親睦と棋力の向上。
 囲碁を通じて、ふれあいの場(初心者、低級位者、特に女性)をつくる。
 年1、2回の大会と研修旅行での棋力の向上と人間らしさの回復。
カテゴリー:シニアライフ, 登録団体情報, 芸術・文化・趣味
タグ:,
くるくるチャンネル事務局

コメントは停止中です。

  • 東久留米ってどんなまち?
  • 特集
  • スタッフチャンネル

ページのトップへ戻る