東久留米ほとけどじょうを守る会

  • まちづくり・コミュニティ
  • 町会・自治会
  • 防犯・防災・みまもり
  • こども
  • 教育
  • シニアライフ
  • 健康
  • スポーツ
  • 芸術・文化・趣味
  • 環境
  • 福祉とサポート
  • NPO・ボランティア
  • 国際交流
  • 男女共同参画
  • 農業・商工業

東久留米ほとけどじょうを守る会発足10周年を記念し、初代の世話人となられた故杉村冨士男さんと故下田ヱミコさんの長年の活動を記念する意味もこめて「東久留米水とみどりの散歩道」という小冊子を作りました。
ご希望の方はメールでお問い合わせをお願いいたします。
あなたも、本誌を片手に、「日本一の都市河川」がはぐくむ東久留米のすばらしい自然と風景を見つけに出かけませんか。
市内の主な書店で購入できます。
 

この団体の活動やイベントを見てみよう!
団体名東久留米ほとけどじょうを守る会
団体名ふりがなひがしくるめほとけどじょうをまもるかい
E-mailhigedojou@yahoo.co.jp
設立年月日1991年2月
会員の年齢層30代 50代 60代 70代
会員数合計 7名
会員の対象全般 子ども・青少年 
主な活動地域市内全域
活動場所東久留米市全域
活動日毎月第1週・3週土曜ほか随時
活動時間帯9:00から12:00まで
会費あり 年会費 1,000円
会員募集募集していない
入会方法電子メール
活動目的と内容■活動目的■
 落合川に生息する貴重なホトケドジョウなどの生き物の水辺環境を保全し、自然を生かした街づくりを進める。

■活動内容■
 ・「落合川いこいの水辺市民ボランティア」に参加し、毎月2回、川の清掃、草刈、植物の保全活動などを行う。
 ・毎月第3土曜日の午後、いこいの水辺にて「わくわく川塾」開催
 ・6月「全国一斉川の水質調査」、市主催「環境フェスティバル」、7月「わくわく川あそび」10月「新河岸川クリーンエイド」などに参加・協力
PRや実績・平成7年から、東京都北多摩北部建設事務所、東久留米市役所、市民団体が意見交換する「落合川川の交流会」に参加し、「いこいの水辺」(緩傾斜護岸)の設置、氷川神社裏の自然的河川改修などを実施した。

・毎年7月に開催して来た「川あそび」は、最近では600名以上の子供たちが参加し、東久留米の夏の風物詩になりつつある。

・20年以上の地道な活動で、市民にもホトケドジョウの存在や川のすばらしさが徐々に浸透してきていると感じている。
カテゴリー:まちづくり・コミュニティ, 環境, 登録団体情報
タグ:
くるくるチャンネル事務局

東久留米ほとけどじょうを守る会 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ロクトリポート|多摩六都科学館

  • 東久留米ってどんなまち?
  • 特集
  • スタッフチャンネル

ページのトップへ戻る