第24回東久留米市環境フェスティバルは残念ながら中止

毎年6月開催されてきました、環境フェスティバルは、新型コロナウイルスの収束が見通せない状況で、今年度 第24回の開催は、見送ることになりました。

年々環境に関心ある方々の参加が増え、参加型のスタイルに共感を感じて頂き、幅広い年代の市内外の方々が来場されてました。

今年の新しい企画では、小学校の参加校が増え、子供たちの環境研究の紹介や、市在住の環境・生命の世界でグローバルに活躍する画家 大小島 真木さんの講演とワークショップ  など、準備を進めてきましたが、実行委員面々として残念な思いでいっぱいです。
しかし、来年は、これらの企画とさらに新しい発想で、開催を目指していきますので、是非、来年6月の環境フェスティバルには、ご来場ください。

 

 

第23回環境フェスティバル大盛況 お礼

第23回東久留米環境フェスティバルは、6月8日(土) 9日(日) に市役所で開催され2583人の市民の方々に来場して頂き大盛況でした。 
御礼申し上げます。
この数年、ファミリーや10代の世代が大幅に増え、熱気に満ちた、市の最大のイベントに なりました。

 

 

 
特に今年は、小学校3校 (小山小・神宝小・第二小)が、ブースを設けて、一生懸命、活動の内容を、説明していました。  大人顔負けの工夫にオドロキでした。
        

 
 
また、日本ボーイスカウト東久留米第一団も初参加し、盛り上げてもらいました。

手づくり体験ひろばでは、竹細工・木の実人形・ヒンメリ・革コインケース・空飛ぶ鳥の折り紙・のこぎり体験  など 参加体験の場はごった返していました。
                 
 天候にも恵まれ、トムソーヤの川下りにもたくさんの子供たちが落合川を下りました。

 

   
参加44団体、それぞれに活動を紹介する工夫がされ、多くの来場者が足を留めていました。
東久留米の自然環境の良さを知ってもらい、環境を守る活動への認識が高まれば、
開催の意味があったと思います。
来年度もより活力あるイベントとなるよう、ご協力ご支援をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

第23回東久留米市 環境フェスティバル 6月8~9日開催

年々人気が高まり、幅広い年代層が集まる環境フェスティバル開催が近づきました。
参加44団体の様々な仕組みに、参加体験し、モノづくりもでき、子供から大人まで楽しめる2日間です。        
開催場所: 市役所1階   8日(土)10時~16時  9日(日) 10時~15時 

☆手づくり体験ひろばでは
  木の実人形、ヒンメリ、竹細工、革のコインケース、空飛ぶ鳥の折り紙作り、
のこぎり体験、椅子作り など楽しめます。

☆トムソーヤの川下り (9日のみ)     落合川をタイヤボートで下ります。
                  (対象は小学生まで)
☆生きものを観察してみよう
  黒目川・落合川にいる見近な生きものをよく見てみよう
  顕微鏡モード付デジタルカメラでミクロの世界を探検してみよう
 (カメラの台数制限あるため、事前申し込みとなります)

 詳しくは添付パンフの内容又は、市の広報6月1日号を御覧ください。

      

詳細のチラシはここをクリックしてください。    23回環境フェスチラシ

    

 

 

 

 

 

 

🌳第22回環境フェスティバル🌳のご紹介

~きてみてアクション~🌳第22回環境フェスティバル🌳

🌳第22回東久留米市環境フェスタ🌳 東京ガス株式会社 西部支店

🌳第22回東久留米市環境フェスタ🌳 (学)自由学園最高学部(大学部)「庭園・自然環境:草本・潅木」生活経営研究実習グループ

🌲第21回環境フェスティバル🌲のご紹介

▼くるくるチャンネルが取材しました!▼第21回環境フェスティバル 

▼スポーツクラブルネサンス▼東久留米東久留米市商工会女性部▼東久留米の水と景観を守る会 in環境フェスティバル

▼おちゃわんリサイクル▼東京土建清瀬久留米支部▼自由学園最高学部「庭園・自然環境:草本・潅木」グループ  in環境フェスティバル