【活性化対策】空き家・空き地の利活用3年ぶりに復活した「氷川台農園」♪

    空き家・空き地の利活用で地域コミュニティの醸成に大きく寄与した“氷川台農園”が宅地化により消滅していた「氷川台農園の名前」が三年ぶりに復活した。

2010年から空き家だった家屋が解体された跡地は宅地として売却され、この都度、購入者の厚意で住宅建設までの間、自治会で借り受け農園として活用することになった。

三年ぶりに復活した「氷川台農園」

空き家だった時の状態
 2010年から空き家になっていた住宅は雑草が繁茂し、防災・防犯面や住宅地の環境面でも悪影響を及ぼしていた。

空き家時代の現況

2回/年 自治会会員が繁茂した雑草を刈り取り管理してきた。

持ち主と協議して自治会が管理していた時の空き家状況

 2011年当時、氷川台地域では転居に伴う空き家・空き地が増えており、災害時における被害の拡大や、犯罪の温床となることが懸念されていた。それに対して、空き家・空き地を地域の資源として捉え、空き家の庭を農園として管理し、野菜の直売所としても利用するだけでなく、様々なイベントに利用して、空き家がもたらす悪影響を未然に防ぐだけでなく、“ふれあいの場”として地域を活性化することに2012年から着手した。

【第1農園の変遷】

2012年5月、空き家の持ち主から空き家の管理をする変わりに無償で借り受け、庭を農園に 変えて様々な野菜栽培に着手。

2017年8月に閉園となった第1農園は宅地開発分譲地となる。

2019年には2棟の注文住宅が建設され、新規入居者は自治会に入会し氷川台での生活を楽しんでいる。

 【第3農園の変遷】

【状況―1】
2011年9月21日午後に関東地方を通過した台風15号の強風で空き家のトタン屋根の一部が剥離。 近隣に飛散した。

【状況―2】
空き家の持ち主に連絡し、対策を依頼したところ家屋を解体される。

【状況―3】
家屋は解体され更地と化す。

【状況―4】
更地は放置されたため雑草が繁茂し近隣住民から苦情が出だす。

【状況―4】
空き地の管理を無償で行う代わりに自治会で活用する承諾を得る。

【状況―5】
土地の利活用について会員にアンケート調査の結果「氷川台第3農園」として活用する。

【状況―6】
農園ではジャガイモ等を栽培し、子ども芋ほり大会を毎年開催してコミュニティの場となり、若者世代を地域に呼び込む切っ掛けになった。

【状況―7】
2017年8月に持ち主の要請で返却した農園は宅地分譲物件に変わる。

【状況―8】
第3農園跡地には2棟の建売住宅が建設され、1棟は購入者が決まり自治会に加入。
残り1棟は現在販売中。

 2012年5月から、自治会内に点在する空き家の庭や空き地を農園として管理し、野菜を栽培し無人販売として利用するだけでなく、子ども芋ほり大会等の様々なイベントに利用することで、空き家・空き地がもたらす悪影響を未然に防ぐだけでなく“ふれあいの場”としてコミュニティを活性化させてきた氷川台農園も惜しまれながら全て2018年に閉園となり宅地に変わった。
 “誰もが住み慣れた場所で、安心して楽しく暮らし続けたい”と思う願望を現実にするにはどうすれば良いだろうか。が氷川台自治会の活動の原点。

 昭和30年初頭に開発された氷川台の地に都心に勤めるホワイトカラー族が移り住み、数々の“郊外神話”を生み出した先住民も後期高齢者の末期に近づき、第2世代も定年後氷川台にひきこもり後期高齢者世代の中心となり、第3世代への世代交代の時期を迎えている。第3世代のライフスタイルは親の世代と大きく異なり共働き世代が多くなると思われる。
 今後も世代交代とともに、転居等による転売や大規模宅地の小規模開発により自治会世帯数も20~30世帯は増加すると思われます。多分、氷川台地区が住宅地としての評判を維持できるなら、今後も若者世代が移り住んで若返りがはかれるものと思う。

1棟の空き家は解体され2区画に分割され住宅建設が進む。

宅地として分譲されている。

 一方、高齢化率34%弱の現状から推察すると、超高齢化住宅地域の名誉ある冠は当分拭えそうにないが、開発時から住み続ける先住民一族と新規入居の若者世代が仲良く暮らす地域になっているものと思う。その為にも、現在進めている自治会活性化への取組みや高齢者対策を遅滞なく進め、介護移住の心配をしなくても良い「地域の支え合い」を大事にする自治会でありたいと思う。

                           氷川台自治会

【安心・安全対策】電車を止めずに消火活動!「西武池袋線踏切ホース横断溝使用訓練」実施‼

    3月17日(火)10時、「西武池袋線踏切ホース横断溝訓練」が実施されました。場所は氷川台自治会の北西端にある西武池袋線の小さな踏切(東久留米第3踏切:氷川台2-13-2地先)です。この踏切をまたぐのは、直線100mほどの4m道路で、両側には戸建て住宅が並び、東久留米市と新座市を分ける都県境付近にあり、西武池袋線線路は西側の小山台地区と東側の氷川台地区を分断しています。

東久留米第3踏切・訓練実施場所概略図(氷川台2-13-2地先)  

    西武池袋沿線の小山台地区や氷川台地区は木造住宅の密集地で火災延焼が一番危惧されています。両地区の延焼は隣接する西武池袋線運行に大きな影響を及ぼします。従来は、消火栓の配置上延焼火災が起きた時に線路をまたいで消火活動が必須となった場合には、消防ホースが線路上を横断するため電車を止めざるを得ませんでした。電車を止めて早期消火活動に当たるか、電車を止めないで離れた消火栓からの消火活動に当たるか。どんなに近くても鉄道線路をまたいでホースを伸ばせば電車を止めるという大きな事故に直結します。そこでこの度、西武鉄道によってあらかじめレールの下にホースを通せるU字溝が設置されました。「ホース横断溝」と呼ばれ火災が起きた時に電車を止めずに消火活動が行えるものです。
    西武池袋線では、沿線他市に先駆けて、東久留米市内5か所の踏切脇に設置されました。

訓練現場・東久留米第3踏切(氷川台2-13-2地先)

東久留米第3踏切の線路下に設置された「ホース横断溝」(小山地区から氷川台地区を見る)

    これらの事業は、東久留米消防署・西武鉄道・東久留米市の協働で行われ、今回は、その実証実験を兼ねた訓練です。主役の東久留米消防隊は、重信・消防署長をはじめ30数名が集結、西武鉄道職員・市職員・防災まちづくりの会が参加。踏切隣接の氷川台自治会も協力要請を受け、防災会役員等10名が参加見学しました。

訓練前、消防隊員は整列し、訓練の進め方の説明を受けます

    踏切通過車両と電車が運行している中での訓練だけに全てにおいて迅速な行動が要求されるとともに訓練参加者のチームワークが要求される難易度の高い訓練でした。

踏切内での西武鉄道職員による諸注意・・・レーザー検知器等に触れないように

電車は数分おきに通過・・・その都度列車見張り員の呼笛の合図で踏切外に退避し、説明が中断します

小山地区側に集結したポンプ車、中央の車の後ろに水道消火栓のマンホールがあります、踏切からの距離は20m

消火栓からポンプ車へ水を引きます

ポンプ車からホースを伸ばし踏切へ (小山地区側から氷川台地区へ)

ホース横断溝の中へホースを通します・・列車見張り員の指示に従います (緊張した中での訓練)

訓練中も電車は2~3分おきに通過

線路横断道路の通行止めはしていないので、自動車も自転車も歩行者も通過します

つながったホースから放水・近隣に配慮して下水溝へ(写真奥が小山地区、放水訓練は氷川台地区側で)

訓練を終了し、重信・消防署長の講評

記念撮影・・・多くの消防隊員は撤収に走り回っています

    氷川台自治会におけるもっとも脅威となる災害は火災です。自治会では、街頭消火器の増設、防火・消火用資器材の充実などに努めてきています。しかし、自治会の一番北側は、都県境のためなのか、道路設置の水道消火栓がありません。今回の踏切ホース横断溝の設置により、踏切をまたぐ小山地区の消火栓から水を引くことができるようになり、また一つ延焼防止策の選択肢が加わりました。

                                                                                                      氷川台自治会

【安心・安全対策】東久留米市商工会との連携による“火災予防の推進”消火器の出張販売・交換会開催‼

    春の全国火災予防運動(3月1日~7日)の始まる前日、2月29日(土)氷川台自治会館において「消火器・火災警報器・防災用品展示販売会」を開催しました。

「春の全国火災予防運動」ポスター・自治会4か所の掲示板にも掲示しました。

   昨年、東久留米消防署警防課長と面談した際“氷川台自治会の災害時の一番の課題は火災の延焼対策”と話した時、「各家庭に1本の消火器を備えることが一番の対策」とアドバイスを受けました。現在自治会エリア内には、市が設置した街頭消火器の他、自治会独自で街頭消火器を設置し12世帯に1か所の割合で街頭消火器を設置して火災予防対策を講じています。さらなる火災予防策の推進は「各世帯に1本の消火器設置運動」の展開です。
    今回の企画は、各家庭に1本の消火器設置に目標設定。「使用期限が切れた消火器はどうすればいいの」「火災警報器の使用期限が間もなく切れそうだ」との声にこたえ、昨年商工会と締結した「住環境維持に伴う適正工事推進に関する協定」の一環で商工会加盟業者の中から八幡町の佐藤電気システム㈱を紹介してもらいました。消火器の有効期限はおおむね5年、ついつい期限切れを忘れます。火災警報器は家庭自宅内各室への設置が義務付けられて、間もなく10年になり、こちらの有効期限は10年なので、なおさら忘れがちです。そんな期限切れの確認をしてもらうための今回の開催となりました。

会場を訪れた自治会会員

会場の自治会館には、家庭用消火器・火災警報器が展示され、社員によってそれぞれ説明が受けられます。合わせて保存食や防災機器も実演・展示がされました。開始とともに多くの会員が自宅の消火器を持って参集し、24世帯の方が使用期限切れ等で新しい消火器を購入交換されました。皆さん口々に「これでひと安心」と感想を漏らしていました。

家庭用消火器の展示

保存食・保存飲料の展示

防災備蓄トイレの展示

 自治会・防災会では、これまでも防災グッズの展示・販売会を開催。また、通電火災防止に感震ブレーカーや家具転倒防止器具の展示・販売会と取り付け支援を実施。さらには地域コミュニティ放送局「FMひがしくるめ」との提携により、緊急告知ラジオでの災害時緊急避難放送を実施してきています。今回の消火器販売会により、有効期限のある消火器のような防災用品販売・交換は、点検の意味も兼ねて定期的に実施する必要性を感じさせました。氷川台自治会にとって、最も恐ろしい災害は、火災なのですから。
   氷川台自治会は、火災予防対策に一番重要なのは“各家庭が1本の消火器を設置する”の運動を順次展開していきます。

                                                                                      氷川台自治会

【高齢者対策】新たな「ふれあいの場」が登場!「氷川台自治会 いきいき倶楽部」カラオケクラブが発足♪

 昨年4月、氷川台自治会の65歳以上の登録会員相互が「支え合い・助け合い」の充満した活動組織を自ら創り、地域のニーズに応じた様々な活動を展開することで、高齢者の生きがいと健康づくりを推進する組織「氷川台自治会 いきいき倶楽部」を設立し、活動を開始してから早くも1年が過ぎようとしています。この間、自治会活動として続けられてきた「ふれあいサロン」「オレンジカフェ」「ハイキング会」「ゴルフ同好会」「氷川台の遊子落語会」を引き継ぎ、単発イベントとして「メガネ・補聴器無料相談会」「骨密度測定・健康サポートアドバイス講座」「津軽三味線演奏会」を実施。そして新企画として、定期イベントとして「昼食会」「ぶらり街歩き」「市内散策」を開始、サークル活動は「ゲートボールクラブ」が立ち上げられ、順調に活動しています。
 そして新たに「カラオケクラブ」を立ち上げることになり、2月25日(火)にその発足式が氷川台会館で開催されました。

ポスター

 発足式には15人が出席し、榎本・担当世話人を中心にして、開催日や運営方法の相談が行われました。ここで決められた基本方針は、

   1 酒は飲まない
   2 ひとの歌を聴く
   3 マイクを独占しない

の3点です。まさに「健康カラオケ」を目指します。

 発足式後は、榎本世話人が寄贈してくれたカラオケセットをテレビにつないで、試運転です。この日はカラオケはやらない林自治会長か技術指導に特別参加し、配線のつなぎ方等々を実演してくれました。

 使えるようになって、参加者は早速1曲ずつ歌って締めくくりました。

 当面は、月1回の開催ですが、歌を歌うことが健康に良いことは間違いありませんので、健康寿命の増進につながることでしょう。参加者の平均年齢は、たぶん70歳代後半です。

「氷川台自治会 いきいき倶楽部」とは
       地域の高齢者が「支え合い・助け合い」楽しく暮らす組織です!

 2025年には、団塊の世代が75歳以上に達し、65歳以上の5人に一人が認知症になると推定されています。少子高齢化が進み地域コミュニティの衰退とともに地域基盤が弱まっていくなかで、支援を必要とする在宅の高齢者の生活を支えるためには、公的な制度や仕組みによるサービスだけでは十分ではありません。高齢者を取り巻く住民や地域が、見守り、支えていく「仕組み」が必要です。そうした地域をめざすべく、地域住民による支え合いや助け合いの活動を推進し高齢者で支え合う組織が「氷川台自治会 いきいき倶楽部」です。
 これまでも、分野の垣根を超えて地域の様々な資源を活用することや、新たな資源を生み出していくこなどで高齢者が暮らしやすい地域づくりに取組んできました。「氷川台自治会いきいき倶楽部」は、高齢者の社会的孤立を防止し、高齢者自身を「地域」の支え手に、認知症になっても地域で安心して暮らせる地域をつくるために、65歳以上の会員が活動する組織で、従来の老人会組織とは一線を化しています。
 登録会員はすでに100名を超え、行政の支援は受けず、自分たちの手で実施されるさまざまなイベントやサークルに参加することで、会員同士が人を知り顔を知り、楽しい氷川台ライフをおくっています。
                        氷川台自治会