【地域コミュニティ】 地域での見守りあるまちをどのように創っていくか‼

    武蔵村山市生活支援コーディネーター等研修会が2月14日(金)武蔵村山市民総合センターで開催された。研修会では、氷川台自治会が平成24年から「地域の支え合い」を基に取り組んできた「見守り」の活動事例が紹介された。

研修会場の武蔵村山市市民総合センター

 少子高齢化が進んでいく中で、高齢者が多くなる一方、働く人が少なくなり、介護を担う人材も少なくなっていく。今後は、高齢者を介護保険制度で支えていくのは難しくなるとも言われている。このような中、武蔵村山市では2016年から団塊の世代が全て後期高齢者になる2025年までに『子どもからお年寄りまで、誰もが垣根なく「お互いさま」でつながるまちづくり』を目標に、市内70か所の歩いて通える場所にある市民誰もが参加できる「お互いさまサロン」づくりを進めている。
 このサロンは、高齢者の介護予防や情報の共有、さまざまな世代が交流することで「地域の助け合い」を広げることを目的にしており、現在47か所で「お互いさまサロン」が展開されている。
    昨年9月30日、氷川台自治会視察研修で第2層協議体メンバー・武蔵村山市高齢福祉課職員・地域包括支援センター職員(第1・2層生活支援コーディネーター)・社協地域福祉コーディネーター等が見えた際には、自治会の9年間にわたる全般的な活動について紹介した。今回は2度目の研修会となり、より具体的な取り組み(見守り、空き家・空き地の利活用)について説明した。

「お互いさま」でつながるまちづくりのポスターと「令和元年度生活支援コーディネーター等研修会」会場案内

氷川台自治会 殿田顧問は
「地域での見守りのあるまちをどのように創っていくか?」
                                     ~氷川台自治会のおせっかいなまちづくり~」                     
と題して、平成24年から始めた「見守り」の取り組みについて説明した。まず数名で「見守り」の勉強会から始め、徐々に人材を確保、見守り組織の結成、見守り内容の検討等を積み重ねて現在に至っていること。9年間の見守り活動の中で起きた一人暮らし高齢者の手助け・不慮の事故からの救出・認知症患者への対応などを実例を交えながら説明していった。高齢者の孤立防止・介護予防など避けて通れない問題だけに参加者は熱心に耳を傾け、講演後の質問も相次ついだ。参加者のもっと詳しく聴きたいとの要望に殿田顧問は再度の講演を約束して、研修会はあっという間に3時間を超えていた。

                                                                                       氷川台自治会

【地域コミュニティ】地域住民が共に助け合いながら地域の課題を解決するには?

 2月7日(金)東久留米市役所会議室に茨城県古河市行政自治会 正・副地区長と市民協働課職員40名が氷川台自治会の視察研修にみえました。
視察研修目的は、近年、少子高齢化による人口の減少や地域内での住民の連帯意識が薄れてきている中で、安心・安全な地域づくりを推進するためにも、住民自治組織の重要性がますます高まってきているため、様々な活動を展開しながら地域づくりに取り組んでいる氷川台自治会の活動事例を学びにみえました。

   茨城県古河市は、平成17年に旧古河市と総和町・三和町が新設合併して現在の古河市となり、人口約143,000人・62,000世帯という大きな市です。東久留米市と比較すると面積が約10倍・人口1.2倍・世帯数1.1倍・自治会数は224で1.8倍となっています。
    今回視察研修に見えた行政自治会とは、自治会長と行政区長で組織された連合団体です。市には現在224の自治会・行政区があり、第1~第7地区(古河地区)では自治会、第8~第20地区(総和・三和地区)では行政区と称しています。また市内は、古河地区と三和地区は小学校区、総和地区はおおむね消防団区をもとに20の「地区」(第1区~第20区)に区分されており、年数回「地区長・副地区長会議」などを開催し、各地区での課題解消に努めたり、要望等をとりまとめ、市との連絡調整を図ったり、「自治会長・行政区長視察研修」や広報紙「行政自治会だより」の発行も行っています。
地区とは、おおむね、小学校区や消防団区ごとに地区内の自治会や行政区で構成された団体で、地区内の諸問題の取りまとめや各自治組織との情報交換および親睦を図るため結成されたもので、夏祭り、ウォークラリー、安全パトロールなど独自に事業を行う地区が増えているそうです。
   市からは、地域活性化推進事業(自治会組織への運営補助金・地域づくり推進事業・功労監視支援・スポーツ推進・集会施設補助金等)に対する手厚い支援が行われ、地域コミュニティ活性化へ向けて積極的に活動されています。

 講演では、氷川台自治会の9年間にわたる活動をまとめた「自分たちのまちは自分たちで創っていく!」と題してパワーポイントを使って殿田顧問が紹介しました。

 「まちづくり」へのスローガン(平成23年度掲揚)
 ~安心・安全で暮らしやすいまち“氷川台”、元気で明るい自治会をみんなでつくろう‼
を掲げてスタートした「六つの取り組み」
  ①協働のまちづくり(協働意識の向上)
  ②安心・安全なまちづくり(安心・安全対策)
  ③高齢者に優しいまちづくり(高齢者対策)
  ④元気なまちづくり(自治会活性化)
  ⑤住みやすいまちづくり(住環境の改善)
  ⑥災害弱者も暮らせるまちづくり(災害弱者対策)
それぞれの取り組みは、スローガンを構成する“安心安全・暮らし・元気・明るい・活力・みんな・つくる”の言葉ひとつ一つにつながり、参加会員の「支え合い・助け合い」で自主的に運営されている。と紹介しました。

 質疑応答では、参加者が小学校区や消防団区ごとに地区内の自治会や行政区で構成された団体(第1区~第20区)の代表(正・副地区長)で、日頃から地区内の諸問題の取りまとめに尽力されているだけに沢山の質問が出て予定時間を大幅にオーバーして終わりました。

                                                                                                  氷川台自治会

【環境対策】第69回関東東海「花の展覧会」で秋田緑化農園の「ゼラニュウム」が銅賞受賞♪

    池袋サンシャインシティで開催された「第69回 関東東海花の展覧会」(1/31~2/2)で氷川台自治会会員の秋田茂良さん(秋田緑化農園)出品のゼラニュウム(一般鉢物部門)が銅賞を受賞しました。

秋田茂良(秋田緑化農園)さん出品の 銅賞を受賞したゼラニュウム

一般鉢物作品コーナー

 「関東東海花の展覧会」は、花に対する理解を深め、一層の花の消費拡大を図ることを目的として、関東東海地域の1都11県と花き関係6団体が主催する、国内最大規模の伝統ある花の展覧会です。展覧会では関東東海地域1都11県の花の生産者が育てた自慢の切り花や鉢物等が全10部門(カーネーション、菊、バラ、球根切り花、一般切り花、枝物、花苗、観葉植物、一般鉢物、洋ラン)に1,650点が出品されて、その品質と商品性を競うものです。

会場入り口

会場内の作品

31日(金)には、秋篠宮ご夫妻の次女佳子さまや寛仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまが会場を訪れて「花の展覧会」を鑑賞されました。

   秋田茂良さん(秋田緑化農園)は、平成29年2月に開催された「第66回関東東海花の展覧会」でも、育種ビオラが金賞、ぞうさんビオラが銀賞とダブル受賞をされています。

3年前の「第66回花の展覧会」で金賞に輝いた「育種ビオラ」

   秋田茂良さんは、氷川台自治会会員であると同時に、
            ~花緑からもらう癒し~
「自然を感じれば人はもっと幸せになれる!日本の美を目指して花緑の生産者」として南町で花の生産にあたられています。
    自治会会員が「住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に住み続けられる町づくり」を目的に取組む氷川台通りを四季花で飾る活動にも協力していただいています。通りが花で一杯になれば、家に閉じ籠もりがちな高齢者が歩いて出掛ける気持ちにならないか。歩いて行動範囲を広げることで健康維持にならないか。綺麗な町になれば住み続けたくなりはしないか。また、氷川台から通勤する皆さんが花で送り迎えされる環境に元気づけられ、将来は地域に貢献する気持ちになって貰えるのではないか。などの活動の応援もしていただいています。
この様に氷川台通りの花壇やプランターには秋田緑花農園さんで丹精込めて育てられた多くの花が植えられ皆さんを癒してくれています。

                                                                                                  氷川台自治会