【高齢者対策】知らなければ損・利用しなければ損~健康サポート~講座開催‼

    2月16日(木)ふれあいサロン氷川台で「薬局の上手な利用法~健康サポート~」と題して講座を開催しました。過去に認知症予防講座、健康体操講師派遣・栄養士の派遣講座等は幾度か企画開催しましたが、薬局(薬)に関する講座は初めてになります。
    特に今回は、明治薬科大学付属薬局「めいやく」の協力で講師派遣を得て「薬の上手な利用法~健康サポート~」の講演で、「健康サポート薬局と利用法」の詳しい説明と「骨の健康チェック」で骨密度を測定してもらい参加者は骨密度数値に一喜一憂しながらアドバイスをいただきました。

パワーポイントで説明する明治薬科大学付属薬局 中島 正登講師と東部包括支援センター 石嶋センター長

明治薬科大学付属薬局で実習をしている明治薬科大学学生の近藤 稜君の説明に耳を傾ける会場一杯の参加者の皆さん。

参加者が多く骨密度測定は番号札を配り順番に測定してもらいました。

 93歳の方の骨密度データー表

    健康講座や骨密度測定など、たびたび市役所や健康プラザ等で開催されていましたが、氷川台自治会の高齢者は交通手段がなく参加したくても行けない状態が続いていました。今回、明治薬科大学付属薬局「めいやく」は健康サポート薬局として「かかりつけ薬局・薬剤師機能」と「健康サポート機能」を持っていること。特に「健康サポート機能」は、処方箋を持っていなくても困ったときに気軽に相談できる機能を持っていることを知り、参加者は喜んでいました。
     この様に、「知っているようで知らないで損をしていること」が沢山あることを知り、有意義なふれあいサロンでした。

                                                                                               氷川台自治会