【地域コミュニティ】地域づくりに取り組む生活支援コーディネーターの熱意!

   10月18日(金)に社会福祉法人 横浜市戸塚区社会福祉協議会の生活支援コーディネーター等15名の皆さんが、氷川台自治会の「まちづくり」を勉強に見えました。
横浜市戸塚区には「戸塚区社会福祉協議会」があり、さらに、住民主体の任意団体として、概ね地区連合町内会自治会エリアで活動する17の「地区社会福祉協議会」があります。地区社協は、「自分の地域は自分たちで良くしていこう」という気持ちで組織された任意団体で、地域住民の代表、民生委員、児童委員、保健活動推進員、当事者団体、ボランティア団体等が会員となり、組織されています。また、地域の福祉保健活動を支援し、福祉保健サービスなどを身近な場所で総合的に提供する施設として、中学校区に1か所の割合で「地域ケアプラザ」が設置されています。
  「誰もが安心して心豊かに暮らすことのできる地域社会の実現」を目指して、平成18年度に「とつかハートプラン」を策定し、平成18年度~22年度を第1期、平成23年度~27年度を第2期、平成28年度~32年度を第3期と5年区切りの推進計画を策定し、区民・関係団体の皆さんと区役所・戸塚区社会福祉協議会の連携・協働により、住民主体の「まちづくり」を進めておられます。
   第3期計画(28年~32年)では、より身近な地域である連合町内会自治会・地区社協のエリア毎に「地区別計画」を策定推進されています。
   この度、地区計画推進を進めている第2層生活支援コーディネーターの皆さんが、計画推進に当たる中で直面している様々な課題を抱えて
① 地域特性に則した効果的な介護予防や社会参加の創出、生活支援の取り組みなどを学ぶ。
② 地域における住民による第2・3層生活支援コーディネーターとしての役割等を学ぶ。
等の目的で氷川台自治会が実践している住民主体のまちづくりの実践事例を学びに見えました。

ずっと住み続けたいコミュニティづくり! ~氷川台自治会のまちづくり~

    氷川台自治会が平成23年度から実践してきた“まちづくり”手法を生活支援コーディネーターの皆さんに紹介しました。

 氷川台自治会では、まず地域の現状把握(住宅地域を取り巻く環境・自治会エリア概要・利便性・自治会会員の現状把握)、地域の活動分析と課題の抽出(活動実態の整理・地域が持つ資源の整理課題の抽出)をしてまちづくりの方策を検討し、地域課題の解決へ向けてスタートしたことをパワーポイントで紹介しました。

  スタートするにあたって、自治会会員が目的を共有するため

 ~安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい自治会をみんなで創ろう!~

を掲げてスタートしたこと。外部資源である社会福祉法人龍鳳ライフパートナーこぶし(障碍者施設)や宗教音楽研究所 聖グレゴリオの家との連携によるまちづくりの実例なども紹介しました。

“まち歩き”をする殿田顧問と戸塚区生活支援コーディネーターの皆さん

 氷川台自治会の活性化に大きく寄与してきた農園(空き家・空き地を利活用した農園)は全て建売住宅として開発され、新規入居者により世帯数の増加と高齢化率の減少につながっています。現在も、自治会の中では空き家が順次解体され建売住宅が建設されています。

“まち歩き”の後、意見交換会に臨む殿田顧問と生活支援コーディネーターの皆さん

 今回、研修に見えた地域ケアプラザ第2層生活支援コーディネータの方々は皆さん30~40歳代で、それぞれの担当地域で掲げた目的・課題に取り組む熱意が感じられました。
 意見交換会では、各地域ケアプラザを担当するコーディネーターが活動の中で困っていること、課題に対する取り組み方など質問が途切れることなく続きました。当初13時半~14時半の1時間の予定で始まった意見交換会でしたが終わったのは16時半。生活支援コーディネーターの皆さんがそれぞれの地域で真剣に“まちづくり”に取り組まれている結果として出た疑問や課題だけに聞く方も親身になってアドバイスができ、氷川台自治会活性化への取り組みを実践していた当時を思い出し非常に楽しい時間でした。
 戸塚区内地域ケアプラザ第2層生活支援コーディネーターの皆さん頑張って下さい。皆さんの熱い思いは必ず地域の皆さんに伝わります。

                     氷川台自治会顧問 殿田 俊三

【地域コミュニティ】愛知県安城市議会 安城創生会の方々が氷川台自治会に行政視察に見えました! 

    10月16日(水)に愛知県安城市議会 安城創生会(超党派)の皆さんが東久留米市に行政視察として氷川台自治会の活動事例視察に見えました。市役所401会議室にお迎えして殿田顧問が行政視察の目的である氷川台自治会の活動事例を紹介しました。

説明会場の市役所401会議室

安城市議会安城創生会の方々と名刺交換する市民部生活文化課 島崎課長と殿田顧問

東久留米市議会を代表して富田議長が歓迎挨拶をされました。

安城市議会安城創生会 政策研究会会長 石川博雄議員の挨拶。

   今回の行政視察には、政策研究会の会長・副会長・会員の市議会議長が揃って来ていただきました。
   安城市は昭和27年5月5日に市制を施行し、県下13番目の市として誕生しました。明治用水の豊かな水にはぐくまれ「日本デンマーク」と呼ばれるほど農業先進都市として発展してきましたが、中部経済圏の中心である名古屋市から30キロメートルという近い距離や、豊田市などの内陸工業都市や碧南市などの衣浦臨海工業都市に隣接するという地理的条件にも恵まれ、自動車関連企業をはじめとする大企業の進出、住宅団地の建設が盛んになり、急速に都市化が進んできました。また、工場や住宅がたくさんできたことによって商業も盛んになり、市制施行当時37,704人であった人口は、今では18万人を上回るほどに成長し、農・工・商業のバランスのとれたまちとなっています。 (安城市ホームページより)
      安城市は人口189.000人(東久留米市の1.6倍)、面積が86.05㎢(東久留米市の6.68倍)、平成31年度の予算規模も当初予算で108,534,000千円、特に注目すべきは一般会計当初予算歳入に占める市税割合が58.3%(東久留米市は24.3%)という、農・工・商業のバランスのとれたまちを現しています。このような市税収入も潤沢で市民も潤っているであろう安城市から安城市議会安城創生会行政視察先に氷川台自治会が選ばれたことに誇りさえ感じました。
    今回の行政視察の目的は、「平成28年度ふるさとづくり大賞」(総務大臣賞)受賞の大きな要因である氷川台自治会の空き家・空き地の有効利用について
(1)背景(目的・経緯)について
(2)概要と特徴について
(3)経過と成果について
(4)今後の課題及び対応について
(5)その他
・自治会の課題と活動について(資源ごみ集団回収、防犯ウオーキング、見守りネッ
トワーク委員会、氷川台農園など)
 ・役員について
 ・加入世帯、加入率、会費収入、市補助金等について
 ・自治会活性化(平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞)内閣総理大臣賞
について
 と、多岐にわたるものでした。

    殿田顧問は、平成22年に輪番制で回ってきた自治会長に就任しましたが、町の中に活気が無い、会員の退会者が増えている、コミュニティが無いなどに危機感を覚え自治会改革に着手しました。
    平成22年から平成30年までの自治会改革手法を「様々な取り組みによる地域コミュニティの活性化!」(氷川台自治会のまちづくり)パワーポイントに纏め紹介しました。

 説明する殿田顧問

  殿田顧問は、まちづくりのコンセプトは~自分たちのまちは自分たちで創っていく~である。まず、住む地域の課題を整理し、自ら取り組む活動方針や内容を定めた「まちづくり計画」を策定し、その計画に基づき、コミュニティ(協同意識の向上、活性化)、生活空間(住環境の改善、安心・安全対策)、高齢化社会(高齢者対策、災害弱者支援)など、地域の実情に即したまちづくりに取り組むことが必要であると、氷川台自治会が取り組んだ実例を挙げて説明しました。
 安城創生会政策研究会の方々は、安城市の地域コミュニティの活性化に注力されているようで沢山の質問が飛び出しました。特に氷川台自治会と規模・歴史とも類似した地域を担当されている議員さんは、時間内の質問では足らず、後程メール等でのやり取りを殿田顧問と約束されていました。氷川台自治会に初めて議員さんの視察研修を受け入れましたが、安城創生会政策研究会の皆さんの研修熱意を強く感じると共に、議員さんが先頭に立って地域づくりに取り組まれている安城市の皆さんを羨ましく思いました。

東久留米市市議会議長 富田竜馬議員が安城市議会 安城創生会行政視察に絡めて氷川台自治会の活動を紹介して下さいました。
 富田竜馬‏ @tomitaryoma 10月16日
暮らしを彩る自治会活動。 を投稿しました。
      #エキサイトブログhttps://ryoma21.exblog.jp/27807881/

                                                                              氷川台自治会

【活性化対策】三遊亭遊子「第4回落語会」の案内

開催件名:氷川台の遊子「第4回落語会」
主  催:氷川台自治会「いきいき倶楽部」
日  時:10月27日(日) 開場:12時30分 / 開演:13時~14時
木  戸 銭 :1,000円(お茶・ライフパートナーのクッキー付き)
対  象 者 :どなたでも
申込方法:事務局 保坂 剛(氷川台自治会 会員)
     ・携帯電話(SMS) 080-3095-1352

晩秋に贈るドイツ音楽の旅 チャリティーコンサート11月9日(土)14時

聖グレゴリオの家2019年11月のイベント

聖グレゴリオの家
   氷川台自治会の会員である『聖グレゴリオの家 宗教音楽研究所』は,祈り,研究,教育を目的として1979年に設立されました。以来,大変にゆっくりとした歩みですが,祈り,研究,教育の三本の柱を中心としてその目的に向かって様ざまな可能性を試みています。

【高齢者対策】いきいき倶楽部ゲートボールクラブの初練習♪

    今年4月、氷川台自治会の65歳以上の会員相互が「支え合い・助け合い」の充満した活動組織を自ら創り、地域のニーズに応じた様々な活動を展開することで、高齢者の生きがいと健康づくりを推進するための活動を開始した「氷川台いきいき倶楽部」の登録会員は早くも100名を超えました。
  「いきいき倶楽部」登録会員が9月16日に起ち上げたゲートボールクラブの初練習が10月7日(月)13時30分から東本町ゲートボール場で行いました。

   初練習に参加した9名は全員がゲートボール初心者のため、簡単なルール・ゲームの進め方・スティックの持ち方・打つ時の構え方等を懇切丁寧に教えて貰いました。指導していただいた方は東久留米ゲートボール連盟理事長と副理事長という豪華な布陣で練習生は恐縮していました。

スティックの持ち方、構え方を教わっているところです。

 今後は、毎月2回(月曜日・土曜日)のペースで練習をしていくことになりました。氷川台自治会の野外フイールドの活動は、ラジオ体操会・ゴルフ同好会・ハイキング会・バスツアーでしたが新たにゲートボールクラブが加わり会員の選択肢が広がりました。
    また、10月24日に「市内散策の会」や11月14日には「ぶらり街歩きの会」が次々と立ち上がり、氷川台自治会の高齢者は健康であることの有難さを満喫しています。

                                                                                              氷川台自治会

【高齢者対策】「自治会ラジオ回覧板」が放送開始一周年!

   令和元年10月3日(木)、 FMひがしくるめ「自治会ラジオ回覧板」(毎週木曜日11時~11時15分)が放送開始一周年を迎えました。
2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、コミュニティ放送は、生活情報、行政情報、災害情報及び福祉医療情報等、地域に密着した情報を日常的に提供するFM放送として地域住民に親しまれると共に、いったん災害が発生した場合には、被災者向けのきめ細やかな災害関連情報の伝達に大きな役割を果たすことが明確になっていました。氷川台自治会では、昨年6月30日に「FMひがしくるめ」が開局したのを契機に、高齢者や災害弱者の安全性を高めるため「緊急告知ラジオ」を導入し「氷川台ラジオ回覧板」放送を開始しました。

 2018年10月、放送開始案内ポスター

   ラジオ回覧版は、地域コミュニティ放送局(FMひがしくるめ)と自治会(氷川台自治会)が協働で 取り組む仕組で
    ・コミュニティ放送局:地域に特化した生の情報提供
    ・自治会:自治会内へのタイムリーな情報伝達による活性化
という双方のメリットがあります。

 氷川台自治会では、平成22年から

安心・安全で暮らしやすいまち「氷川台」、元気で明るい自治会をみんなでつくろう

のスローガンを掲げ、地域住民が「支え合い・助け合い」をコンセプトに様々な活動を展開し、地域コミュニティの活性化に繋げてきました。
 「自治会ラジオ回覧板」放送は10月3日(木)で第53回目を迎え、自治会行事・お知らせ等の情報発信だけでなく「地域づくり講座」と銘打って、氷川台自治会が平成22年から取り組んで来た地域コミュニティ活性化の活動事例等を番組で紹介しています。

                          氷川台自治会

【地域コミュニティ】生活支援コーディネーターと一緒に取り組むまちづくり! 

   9月30日(月)東京ドームスポーツセンター東久留米会議室で武蔵村山市健康福祉部高齢福祉課主催による「生活支援コーディネーター等視察研修」で「ずっと住み続けたいコミュニティづくり」と題して氷川台自治会のまちづくり活動事例を紹介しました。

 武蔵村山市は東久留米市と同じ東京都の多摩地域北部に位置し、都内では唯一「鉄道がない市」で交通の便が悪く、地域づくりにおいても苦労されています。
現在、高齢者の心身機能の衰えに伴う閉じこもりや孤立を防ぐため、また、多世代と交流し介護予防を図ることで、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、「お互いさま」でつながるまちづくりを目指して「お互いさまサロン」を市内に順次展開されています。
 2016年に高齢者が歩いて通える場所に、介護予防ができる住民主体の居場所「お互いさまサロン」は2019年8月現在、市内43か所で開催されています。団塊の世代が後期高齢者になる2025年までに、高齢者人口250人に一か所、市内に70か所が目標とのことですが、スタートから3年弱で目標の60%を超えています。驚くほどの早さで展開しているのは武蔵村山市と地域包括支援センターが目標を共有して地域住民と協議しながら理解を得て進められているからと思います。
 特に今回の視察研修では、高齢化が進み、近所づきあいも希薄になりつつある地区をモデル地区選定し、住民同士の生活支援や移送サービスの仕組みづくりをつくることを目的に見えました。モデル地区で助け合い活動の仕組みをつくり、出来上がった仕組みを順次市内に広げることをテーマに見えました。選定されたモデル地区は1960年代に建設・分譲された住宅地で、都内に勤務するサラリーマンが多く入居し、入居から60数年経過し住民の高齢化が進んでいる氷川台自治会と良く似た自治会です。既に今年5月からモデル地区自治会や周辺住民へ、生活支援に関するアンケート調査やアンケート結果を踏まえ生活支援、移送サービスの検討に着手されています。
 モデル地区自治会から参加された皆さんは、自分たちの自治会とそっくりな氷川台自治会のまちづくり手法や先進事例の説明に熱心に耳を傾けておられました。

                            氷川台自治会