【空き家対策】よろず相談引き受けます!「空き家の庭」の植木伐採も‼ 2017年9月8日

氷川台自治会、よろず相談引き受け部隊出動!

  平成29年8月24日(木)氷川台自治会内の一軒の「空き家の庭」に茂った植木等を、「見守り支援隊」の作業支援隊員5名が伐採・片づけを行いました。

 殿田会長が「空き家」になっている元自宅を片づけに来られた持ち主さんと遭遇し、立ち話の中で、現在の氷川台自治会の活動や20日の夕涼み会の様子などを話し、高齢者も氷川台に住み続けられるように様々な手助けをしている話をしました。「空き家」の持ち主さんは、現在の氷川台自治会の噂は良く聞いてご存知でしたが、自分たちも高齢になり庭の手入れもままならない状況に陥り、家も荒れ放題になり、庭の植木も業者に頼むと高額で頼めないとの話がありました。会長は、「見守りネットワーク委員会」で困っておられる高齢者の支援をしている話をして、会員ではないけど「空き家」が荒廃すると自治会も困るので、宜しかったら自治会の「見守り支援隊員」が庭木の伐採片づけをやりましょうか。で、依頼を受けての作業になりました。

庭木が大きく育ち隣地・道路上まで覆い被さっています。

庭も植木が茂ってうっそうとしています。

軒先も朽ちて、庭とは思えない程植木が茂っています。

  氷川台自治会には防災倉庫以外に、資機材シェリング事業を展開していますので資機材占用倉庫があります。中には、会員へのリース用の資機材が保管されています。人材も事欠きません。植木の剪定から電気工事、機械修理、家屋の補修までプロに引けを取らない人が腕前の会員がいます。現役時代はその道のプロだった会員がゴロゴロいます。

どこから手を付けようか思案中です。

チェンソーや剪定ばさみ、ノコギリを駆使して伐採が進んで行きます。

熱中症に掛らないように休み休みの作業、夕方からのビールで喉を潤す打合せもぬかりなく。

茂った立木も伐採され陽射しがさして明るくなりました。

 今回の「空き家の庭」伐採片づけは、地域の安心・安全につながるだけでなく、「空き家」の持ち主さんの困りごとの相談に乗ることも出来ました。いろいろな事情で「空き家」にされていても過去に住んでいた我が家が荒れるのは忍びないようです。今後も、「空き家」の持ち主さんとお話しして片づけの支援が可能なら続けていきたいと思います。

                                                                         氷川台自治会 殿田 俊三