【子育てに優しいまちづくり】第5回さつまいも掘り大会♪ 2016年10月23日

      1023()好天に恵まれて第5回さつまいも掘り大会を自治会第3農園で開催しました。平成2411月から、氷川台自治会活性化へ向けた方策の一つ“子育てに優しいまちづくり“の一環で始めた「さつま芋掘り大会」も今年で5回目になりました。

??????????????????????????????? 楽しそうに芋を手掘りする参加者

 毎年11月第1日曜日に開催している「さつまいも掘り大会」は、昨年から氷川台第3農園に場所を移して開催していますが、今年は2週間早まったのと天候不順の影響か期待したほど育っていませんでした。

2 仲良く芋を探す・・・母娘

??????????????????????????????? 自慢そうに見せる〇〇君

 氷川台自治会では地域の「支え合い・助け合い」に基づく地域づくりを目指しており、大人から子どもまで顔の見える関係づくりを大切にしています。氷川台の子ども達は生まれた時から自治会で祝って貰い、小さい時から様々なイベントに参加してお爺ちゃんお婆ちゃんに顔を覚えて貰い、自治会全体で見守られて育っています。子ども達が親しみを感じるような地域をつくることが大人の責任ですし、自分が生れ育つ氷川台で、冬は餅つき、春はジャガイモ掘り、夏は夕涼み会、秋はサツマイモ掘りと四季にふさわしい体験ができる素晴らしい地域環境を造ってくれている大人に感謝して育って欲しいと思います。また、成長して氷川台を離れた時には氷川台での素晴らしい体験を思いだして欲しいと願っています。この様に子供たちを守り育てるには魅力ある地域社会でなければなりませんし、魅力ある地域社会を創るのは大人の責任と思っています。

 氷川台自治会では子どもを安心して育てられる環境をつくり、若い子育て世代の人たちが好んで住み付いてくれるように会員の皆さんが協力して「子育てに優しいまちづくり」に取り組んでいます。

???????????????????????????????  収穫した芋の分配は恒例のジャンケン大会で勝者から好きな山のさつま芋を取り抜けします。

5 氷川台産ミカン

  いも掘り大会の最後は、幼児から大人まで恒例の氷川台ルールの勝抜けジャンケン大会を行い勝者から順次山分けにされたさつま芋を持ち帰りました。また、今年はサツマイモが不作だった為に隣りの畝で育った里芋と会員宅の庭先で実った大量の氷川台産ミカンもお土産に持ち帰りました。

                                      氷川台自治会 殿田俊三