【子育て交流サロン】  ~幼児期から“ふれあう”氷川台の子どもたち~ 2016年8月26日

    825()、子育て交流サロン氷川台「ひよこの会」に参加している幼児たちが、小山台遊園で“水遊び”を楽しみました。日曜日に開催された「夕涼み会」に参加して遊ぶには、まだ幼すぎて参加できなかった幼児たち7人がママに連れられて“子育てサロン”に来てプールで水遊びに興じました。

1

    氷川台自治会では、小山台遊園に乳幼児を連れて遊びに来られている子育て中のママさん達の希望・要望を受け止めて、子どもたちが楽しく遊べる場所を提供すると共に、同じ年頃の子供を持つ保護者同士が気軽に交流し、悩みを相談できる場所として「子育て交流サロン氷川台」を第24木曜日に開設しています。

    平成26626日にスタートしたサロンは、日中孤立しがちなひとり暮らし高齢者や乳幼児を抱えて日々の生活に追われている親などが集まり、さまざまな情報交換をし、必要な方には育児に関する相談や助言を行うことで顔の見える関係をつくり、お互いの思いやりが循環する連帯と友愛に満ちた地区づくりを推進することを目的にもしています。会員のボランティアで運営されている子育てサロンも早いもので2年が経過しました。

   5名のスタッフと7組の親子が登録して始まったサロンも今では1943人の親子が登録してサロンに集まって来ます。氷川台自治会会員以外にも氷川台1丁目、東本町、小山、新座在住の方も利用されています。サロンでは、お誕生日会、紙芝居、人形劇、七夕まつり、クリスマス会などを適宜行い、幼児期からの人間形成のお役に立つようにスタッフが頑張っています。

 サロンで育った子供たちは、幼児期から友達と接している為、幼稚園に行っても“場になじみ易く物おじしない”と親御さんからの評価を得ています。また、サロンでスタッフと接してきた子どもたちは、サロンから幼稚園に“ふれあいの場”を変えても「夕涼み会」に来て、サロンスタッフが担当するスーパーボール掬いに楽しそうに興じていました。

 サロンは、社会福祉協議会の「平成28年度 ミニディホーム・子育てサロン活動補助金」を受けて実施しています。参加費は無料ですので参加希望の方は連絡いただくか、第24木曜日13301530のサロン開催時に直接「氷川台会館」に来てスタッフに申し出下さい

                                                                                             氷川台自治会 殿田 俊三