【住環境の改善】 夏季早朝一斉清掃を実施! 2016年8月7日

       「第8回夏季早朝一斉清掃」を87()700800に実施しました。平成218月に第1回を実施してから、毎年8月第1日日曜日に実施してきた一斉清掃も会員の協力で8回目になりました。当初の実施目的は、児童教育の一環で“自分たちの住む町を大人と一緒に綺麗にしましょう!”で、夏休みに入った8月第1日曜日の涼しい時間帯(700800)で計画しました。しかし、児童が参加した一斉清掃は23回まででした。しかしこんなことは“世の常”で、当初の目論見が外れても継続されていくのが氷川台自治会の「底力」です。

今年も猛暑日を予測させる強い太陽が照り付ける中、7:00の集合時間には小山台遊園に49名の会員が集まって来ました。

???????????????????????????????   小山台遊園に集まって来た会員(後方はゴーヤカーテン)

2  ゴーヤカーテンを背に作業の説明をする会長(今年もゴーヤカーテンコンテストで○賞を狙っています)

  平成23年から「住環境の改善」活動に地道に取組んだ成果は、会員の意識向上により清掃個所を探すのに苦労するほど綺麗な自治会エリアになりました。それでも今回は、氷川台通り支援学校側の草刈り、空き地の繁茂した草刈り、氷川台通りのゴミ拾い等を行いました。

???????????????????????????????   支援学校側フェンス際の草刈りをして、通勤者が気持ちよく歩けるようにしました。

???????????????????????????????   支援学校敷地際の繁茂した草を刈りとり通学路を綺麗にしました。 

???????????????????????????????  雑草が目立つ駐車場も綺麗にしました。(接自治会には関係ありませんが)

???????????????????????????????  氷川台通りの清掃中

???????????????????????????????  空き地に繁茂した雑草も刈り込み、見通し良くしました。

 氷川台自治会の活動が継続する強みは、“役員だから参加しなければならない”との拘束が無いことだと思います。今年の一斉清掃も、今年度16名の役員のうち参加したのは5名だけでした。役員に負担が掛からないように、それぞれの分野で会員が協力してくれています。

8  作業終了以後は冷たい飲み物で喉を潤しながら歓談のひと時

  作業終了後は、冷たい飲み物で喉を潤しながら清掃結果の報告や次回への提案、次のイベントの話等で盛り上がりました。

                                          氷川台自治会