地域での子ども達の「見守り」は愛のひと声運動合同パトロールから♪ 2016年1月7日++++++++++++++++++++++++++++

  16日(水)1600~今年初めての防犯ウオーキングとわんわんパトロールに青少年健全育成協議会「愛のひと声運動パトロール」が合流して自治会内パトロールを実施しました。正月明けの平日でもあり、多くの参加者は期待していませんでしたが、自治会から大人13名・児童3名・愛犬5匹・青少協の役員2名の18名と5匹の賑やかなパトロールになりました。

???????????????????????????????

平成24年度の青少協役員(愛のひと声運動担当)の皆さんがパトロールの形骸化に危機感を持たれたのか、平成253月から氷川台自治会防犯ウオーキング(水・土/毎週)に愛のひと声運動パトロールが合流して地域ぐるみで健全な環境をつくる活動に変わっていきました

???????????????????????????????

 学校・家庭・地域がスクラムを組んで実施するパトロールの効果は、通学路の安全性を点検・確認したり、地域住民から見た児童の様子を話したり、校長先生と一緒にパトロールして喜ぶ児童がいたり、地域に住む児童の生活状況を目で見て感じてもらえたり、次は先生と一緒に歩くから教えてくれと言って来る児童がいたりと、大きな子育ての輪ができています。

??????????????????????????????? 

氷川台自治会では、平成23年から「地域の支え合い・助け合い」の醸成に取組み、今では会員の皆さんは勿論、子ども達も愛犬たちも顔が見える関係になり、大人同士・子ども同士・大人と子どもの挨拶や会話は勿論、愛犬たちも仲間に入って活躍しています。

愛のひと声運動は青少年の健全育成を図る目的で、全市民参加のもとに愛のひと声運動が展開されている、との認識でいますが、数年前までの愛のひと声運動パトロールは、青少協の呼び掛けに応じて自治会代表が1名参加する形だけのパトロールでした。しかし、今では地域との連携により東中青少協「愛のひと声運動パトロール」には、多くの地域住民も参加して子ども達の健全育成の手助けをする様になりました。一つ残念に思うのは、地域住民が一緒になって活動に取り組んでも、青少協担当役員だけが孤軍奮闘して地域の父母の参加が少ないことです。

                                        氷川台自治会  殿田俊三