【高齢者対策・環境美化対策】今年も「コメリ緑資金財団」からクリスマスプレゼントが届きました♪ 2015年12月25日

  昨年に引き続き「公益財団法人コメリ緑資金財団」から「第26回 コメリ緑資金」助成金決定通知書が24日に届きました。「コメリ緑資金」とは、公益財団法人コメリ緑育成財団が、コメリの利益の1%還元事業として1990年より毎年地域の緑化活動に助成を続けてきた「コメリ緑資金の会」と園芸農業分野の研究開発交流事業を支援する「財団法人緑育成財団(1996年設立)」の事業を統合し、2012年、新たにスタートしたものです。花や緑に囲まれた美しいふるさとづくりを進め、地域産業の振興並びに地域社会の発展のために取り組まれている事業です。

 昨年12月に、平成24年から「見守りネットワーク委員会」を中心に取り組んでいる高齢者「見守り」活動の一つとして、「住み慣れた氷川台にいつまでも安心・安全に住み続けられる町づくり」

を目的に、高齢者の行動を制約していた坂道に花壇を造り四季花で飾れば、家に閉じ籠もりがちな高齢者が歩いて出掛ける気持ちにならないか。歩いて行動範囲を広げることで健康維持にならないか。綺麗な町になれば住み続けたくなりはしないか。また、氷川台から通勤する皆さんが花で送り迎えされる環境に元気づけられ、将来は地域に貢献する気持ちになって貰えるのではないか。などの思いを込めた応募申請が認められて「第25回 コメリ緑資金」助成金(40万円)を頂き、氷川台通りの路肩(支援学校前~読売新聞販売店まで)に花壇を造成して沢山の花を植えたり、通りの会員の家の前にプランターに花を植えて置いたりして通りを行き交う人々を楽しませました。

1

2

 氷川台通りに花壇を設けて四季花で飾ることで自治会の高齢者だけでなく、通りを行き交う会員や朝夕の通勤者の皆さんから数多くの感謝の言葉を頂きました。また、氷川台自治会会員だけでなく黒目川を散歩される皆さんからも花を観るのが楽しみだとか大門町にお住いの方は一緒に手入れをさせて欲しいと毎日曜日の早朝にきたりされています。

 このように自治会会員だけでなく多くの皆さんに愛されるようになった花壇の花を絶やすことなく咲かせるには自治会会員が拠出する会費では賄いきれませんので、今年度も「第26回 コメリ緑資金」助成金に会員と多くの皆さんの思いを込めて申請していました。

クリスマスイブの24日に“1211日開催の審議会委員会で審議した結果助成が決定したので「コメリ緑資金」により、見守りネットワーク委員会の活動を更に充実させて頂きたい”と助成金決定通知書が送られてきました。

来年度も引き続き、氷川台通りに咲いた花々が氷川台の高齢者を元気づけると共に行き交う皆さんの心を癒してくれるものと思います。(事業期間は平成2841日から平成29331日です。)

3


                                             氷川台自治会 殿田 俊三