子育て交流サロン氷川台「ひよこの会」も2年生♪ 2015年10月25日

    昨年7月から、東久留米市社会福祉協議会の支援・助言を受けて始めた“子育て交流サロン氷川台「ひよこの会」”も2年目に入りました。子育て交流サロンは、日中孤立しがちなひとり暮らし高齢者、乳幼児を抱えて日々の生活に追われている親などが集まり、さまざまな情報交換をしたり、必要な方には育児に関する相談や助言を行うことで顔の見える関係をつくり、お互いの思いやりが循環する連帯と友愛に満ちた地区づくりを推進することを目的に、第24木曜日の13301530に自治会会員3~5名のボランテイアで運営されています。

1 親子で溢れんばかりの会館サロン

  サロン開始当初は、午後の時間帯でもあることから子供さんが丁度“お昼寝“に入る様で、午前中の開催にならないかとの希望が沢山ありましたが、最近は参加親子が増えたのか子供さんが成長したのか沢山の親子が参加されるようになりました。ボランテイアでお世話をする会員もいろいろと工夫を凝らして紙芝居や7月の七夕飾り、8月のプール遊び、9月には腹話術と子ども達を楽しませています。今ではすっかり定着して、氷川台自治会会員以外(小山地区や新座市)の方も沢山参加されています。

2 紙芝居で楽しませる代表の中村さん

3  屋内プールで遊ぶ子どもさん?

4  腹話術に見入る子ども?お母さん?

 5 どうして喋るの?不思議でたまらない・・・

 腹話術では、動物のぬいぐるみがどうしてお喋りするのか不思議でたまらない様子でした。積極的な子どもさんは何回も近よって確認したりしていました。とっくに高齢者の仲間入りした小生も初めて腹話術に出会った時の不思議でたまらない衝撃を今でも覚えています。60数年という年を経ても子どもが感じる不思議な世界は変わらない様です。

                                                  氷川台自治会 殿田 俊三