「あきる野市町内会・自治会連合会」の皆さんが地域の課題解決に向けて氷川台自治会に視察研修に見えました‼ 2015年2月18日

  218()午後、東久留米市スポーツセンター会議室に、あきる野市役所総務部地域防災課地域振興係職員(2)とあきる野市町内会・自治会連合会(61の町内会・自治会会長)総勢63名の皆さんが、それぞれの地域で抱えられている課題解決に向けて「日帰り研修会」としてバス2台で氷川台自治会の活動をヒヤリングに見えました。

???????????????????????????????研修会会場

あきる野市でも、高齢化社会到来を目前に控え「地域のつながり」が求められる中で、年々減少する町内会・自治会の加入率や少子高齢化に伴う「空き家」の増加対策が重要課題になっており、市では市役所総務部地域防災課地域振興係が主導して、24年度に「町内会・自治会ガイドブック」作成、26年度に「定住促進及び空き家対策への取組み」(中間報告)等を作成され「将来へ向けての活気ある地域づくり」に着手されているそうです。

 あきる野市を訪れたことがある方も多いのではないかと思いますが、東京都心から40km・多摩川の西岸側に位置し、中心部には清流秋川が流れ、奥には有名な秋川渓谷があり自然豊かな市です。娯楽(川遊び・ゴルフ場・東京サマーランド等)観光(渓谷・紅葉)には事欠かず、平成7年に秋川市と五日市町が合併してできた面積73平方キロメートル(東久留米市13)・人口82,000(東久留米市116,000)の市です。

 市の特徴として東西に長い地形で、東の秋川地区は都心に近いため新興住宅地が多く自治会加入率が比較的低く(51.5)、西の五日市地区は歴史ある地域が多く地縁関係も強いため加入率は高い(65.8)そうです。因みに東久留米市の自治会加入率は38%を切っているそうです。

当日は生憎の雨でしたが、東久留米市スポーツセンター会議室(3F)が総勢68名の皆様で満員になりました。まず、あきる野市町内会・自治会連合会会長の中村 勇様が今回の「日帰り視察研修」先を氷川台自治会にした主旨が説明されました。引き続き殿田自治会会長が、平成22年以降の氷川台自治会活性化へ向けての課題抽出と課題解決への方策や取組み内容・その効果を話し、空き家の有効利用や放置空き家・宅地を出さないための活動を説明しました。

???????????????????????????????講演中の殿田会長

現在、あきる野市は重要課題として「町内会・自治会活性化」を掲げて、地域振興課をリーダーとして様々な取り組みをされているだけあって、連合会組織も加盟率96.4%(8084町内会・自治会)を誇り、参加された皆さんはメモを取りながら真剣に傾聴して下さいました。因みに東久留米市は自治会連合会加入率37%弱(50136自治会)のようですが…大きな町内会は2,500世帯もあるようなあきる野市連合会の皆様が、東久留米市の北東端に位置する小さな氷川台自治会を訪問して下さり、自治会が行っている地域の課題解決に向けての取組み話を真剣に受け止めて下さいました。

質疑応答では沢山の質問やアドバイスを求められたが一例をご紹介しますと、「年間予算が約1,000,000円で市の活動助成金が35,000円弱しかない氷川台自治会がどうしてこれだけの活動ができるのか?また、自治会のイベントに多くの会員が参加する理由は何か?」でした。因みに、氷川台自治会(350世帯)があきる野市にそっくり移住して活動をすれば毎年700,000円強の活動助成金を受けられます。答えは簡単です。なければ工夫をすれば良いのです。無いものを待っていては前には進めません。目的を明確にして取り組めば、皆さんが必死になって工夫し協力するようになって来るのです。

抱えている課題はどこの地域でも一緒、あきる野市でも氷川台自治会でも変わりません。自治会離れ・高齢者対策・役員のなり手が無い・空き家対策・活性化対策など。課題は沢山ありますが考えているだけでは解決していきません。とにかく行動を起こせば必ず同調者は出てきます。皆さん、年を取った時のことが心配なのですから同調者は必ず現れてきます。

???????????????????????????????あきる野市連合会の皆さん

今回、あきる野市町内会・自治会連合会(80町内会・自治会)の皆さんとの意見交換を契機に、今後は氷川台自治会との交流を持ちたいと大変嬉しいお話しがありました。清流秋川での川遊びや秋川渓谷の紅葉狩り・山里での蛍がりなど、氷川台では味わえないイベントに参加させていただくだけでも自治会会員の楽しみが倍増します。これからは氷川台自治会の活動事例を提供し参考にして頂くと共に、氷川台自治会もあきる野市連合会加盟町内会・自治会の皆さんの活動を参考にし、お互いに地域の課題解決に向けた協力関係を構築することになりました。東久留米市内だけの情報でなく他市(東村山市・あきる野市)の活動情報も参考により良い地域づくりに邁進したいと思います。