2014年10月29日 富士山五合目バスツアー

 「地域の支え合い」が後押しする

    「紅葉の富士スバルラインと富士山五合目」バスツアー

 

1029()秋晴れの下、第2回自治会バスツアーを実施しました。

 昨年世界文化遺産に登録された富士山五合目までバスで往き、眼前に迫る勇姿に感動し、帰りには山梨のぶどう園で秋の味を満喫してきました。東久留米から普段何気無く眺めている富士山ですが、紅葉真只中のスバルラインを上りながら眼前に迫りくる富士山の素晴らしさに新たな感動と英気を貰いました。

紅葉と富士山

昨年から始めたバスツアーは、自治会高齢者の「往きたくても往けない」「人混みの中へは怖くて往けない」「足が悪くて長くは歩けない」等々の言葉を得て、地元ら出発して地元へ帰る高齢者に負担の無いバスツアーを企画しました。

 今回の参加者の中には90歳の女性や足が悪く歩行車を利用されている方、富士山五合目広場を杖を付きながら闊歩する人等、普段の行動が制限されている方も参加されました。これも参加会員の皆さんの「支え合い・助け合い」があって実現出来た楽しいバスツアーでした。    「来年はどこへ連れて行ってくれますか。」「また行きたければ健康でなければ駄目ですよ。」との言葉が飛び交う楽しいバスツアーでした。

支え合いの仲間たち

 

                             氷川台自治会