『ふれあいサロン氷川台』オープン 2014年6月

 『ふれあいサロン氷川台』オープン 13木曜日13301600

619()1330ライフパートナーこぶしのご協力を得て「ふれあいサロン氷川台」が氷川台会館でオープンしました。

近年、ひきこもりや閉じこもり・孤独といった社会状況が社会的に問題視され始め、福祉サービスを利用する高齢者の間でも「話し相手がいない」「いろいろな人とお喋りがしたい」等の要望が聞かれるそうです。氷川台自治会では、これまで高齢者の生きがいづくりや健康づくりに取り組んで来ました。それは、見守り・要援護者対策・敬老のお祝い・餅つき大会・夕涼み会・健康体操教室・マージャン教室等々として実施されています。

今回これらに加え、居場所づくりに取り組むことになりました。

 「ふれあいサロン氷川台」の魅力は、デイサービスのように「サービスを受ける人」として参加するのではなく、歩いて行けるような身近なところで地域住民(自治会員・近隣住民)相互が交流を深めたり、のんびり好きな時間を過ごしたり、自由に出入りしたり、友人同士が行動を共にしたりといった自由さにあります。

 当日は、ライフパートナーこぶしの職員3名と利用者さん2名がコーヒーとクッキー&ケーキで接客に当たられました。心配した来店客の方も開店時間前から三々五々お見えになり78名が開店を待つ状況で開店後2030分でほぼ満席(16)になりました。

 一人で見えた人、誘いあって見えた人、体の不自由な方や遠くまで出掛けられない高齢者の方々などお見えになり、クッキーセット(200)やケーキセット(300)をそれぞれ注文し、美味しくいただきながらテーブルを囲んで歓談の輪が出来ていました。皆さん、西武住宅開発時や初期入居時の話、初対面ながら思わぬところで話が通じて同級生の話やらで時間も忘れて過ごされていました。まさしく所期の目的である「ふれあいの場」が芽生えました。43