高齢者元気長生き体操(平成26年6月20日)

H260620高齢者元気長生き体操 (10)
体操の様子
H260620高齢者元気長生き体操 (5)
体操の休憩時間を利用して、横山惣一氏が自然農法について説明

来訪者の皆様へ

高齢者にとって、一番大切なことは「自分の足で、自由に気ままに歩ける」ことです。
高齢者が日々元気で、明るく、前向きに楽しく、生き生きと過ごすために、健康増進元気長生き体操(足腰強化体操など)を実施致しました。
この企画は平成25年10月から毎月第1・第3金曜日に実施しております。
平成26年3月末迄の予定でしたが好評につき、今年度も継続し、
平成27年3月末まで開催致します。

継続して運動することが効果的だと思いますので、継続して参加頂けることを願っています。

当日の様子
※各写真はクリックすると拡大されます。
  拡大後戻る場合はブラウザ左上の「⇐」をクリックして下さい。
H260620高齢者元気長生き体操 (1) H260620高齢者元気長生き体操 (2) H260620高齢者元気長生き体操 (3) H260620高齢者元気長生き体操 (4) H260620高齢者元気長生き体操 (9) H260620高齢者元気長生き体操 (10) H260620高齢者元気長生き体操 (11) H260620高齢者元気長生き体操 (12) H260620高齢者元気長生き体操 (13) H260620高齢者元気長生き体操 (14) H260620高齢者元気長生き体操 (15)

 

休憩時間を利用して自然農法について解説
H260620高齢者元気長生き体操 (5) H260620高齢者元気長生き体操 (7) H260620高齢者元気長生き体操 (8)

自然農法の概要について説明します。

・栽培の基本

土には植物を健全に育てる力が本来備わっており、植物には人の手を借りなくても与えられた土に根を張り、土から養水分を吸収し、葉を中心に光のエネルギーを受けながら生育していく力が備わっています。
自然農法の栽培では、このような土の偉力や植物の育つ力を深く理解し、その力を最大限に生かすように心がけましょう。

・自然観察に心がける

「自然尊重・自然順応を基本とする自然農法の栽培では、自然を観察する力を養い、自然の優れた仕組みをほ場に再現することが大切です。
自然を観察する力を養うために謙虚に自然と向い、四季折々の土の状態や植物の生育、また日々変化する土壌や作物を観察するようにしましょう。
自然農法の篤農家は、ほ場の境界である畔を観察して栽培に活かしているそうです。
畔は身近にある自然として、草の芽がでる時期やその時の土の状態(硬さ、湿り気など)等で、いつ種まきをすればよいか、どのような水分状態が発芽に適しているかなど、自然の仕組みを教えてくれます。
普段見逃している自然界の現象に栽培のヒントが隠されているのではないでしょうか。

・土の偉力を発揮させる

自然農法では、土は単に風化した鉱物に有機物が加わったものでなく、土は生きているもので、本来作物を育てる力(偉力)があると捉えています。
土の偉力を発揮させるにあたっては、土壌を汚さず、活性化させ、根伸びのよい土壌に育てることが基本です。
したがって、土の偉力を最大限に生かす自然農法では、化学合成された肥料や農薬などの資材は使用しません。

・愛情を持って作物を育てる

自然農法は栽培環境に適した作物やその品種を適した時期に栽培することを基本とします。
しかしながら、栽培環境は毎年同じではなく、年ごと日ごとに変化があるので、栽培環境を作物に適した状態に整える心配りが必要となります。
すなわち、愛情をもって作物の生育を注意深く観察し、作物が健全に育つよう作物の特徴に合わせた栽培管理をすることで、作物もその愛情に応えてくれます。

・自然農法で生産された種を用いる

種はその後の生育、品質、さらには生産の目的の達成に大きく影響するため、自然農法に合った品種を選ぶことが大切です。
また、種は栽培するほ場に近い場所で採れたものの方が、遠隔地のものよりその地域の土壌や環境に適合しやすく、環境の変動や病害虫にも強い性質を持っています。
できるかぎり自然農法で栽培し、その地域で自家採取した種を用いることが、自然農法に適した種といえるのです。

 

これらを基本にして、門前自冶会より委託された親子農業体験用野菜の育成管理を行っています。

また、今後、月1回程度、いろいろな方法で、自然農法の野菜等を地域に広めていきたいと考えています。

 

マザアス東久留米入居者作品
H260620高齢者元気長生き体操 (16) H260620高齢者元気長生き体操 (17) H260620高齢者元気長生き体操 (18) H260620高齢者元気長生き体操 (19) H260620高齢者元気長生き体操 (20)

最後に、癒やし体験として、体操終了後に高齢者の癒やし農業体験の一環として、本年度は、下記行事を開催します。

①8月1日(金) ゴーヤの収穫体験
②11月7日(金) サトイモの収穫体験
③1月16日(金) ネギの収穫体験

また、茶会(抹茶を立て、一輪のお花を観賞する癒やし体験・絵の鑑賞・懇親会等)を、
10月10日(金)AM9:30~12:00 に予定しています。

尚、本事業は、野島農園、MOA健康生活(自然農法)ネットワーク及び門前自治会役員、地域のボランティアの協力にて実施予定です。

文責:
門前自治会会長 野島貞夫
TEL:090-3224-0278
FAX:042-476-2555
mail:nojima.sadao@jcom.home.ne.jp
※写真掲載了承済