『街道をゆく 三浦半島記』から(10月例会のご案内)

件名第123回「司馬遼太郎を語る会」(10月例会のご案内)
主催司馬遼太郎を語る会
イメージ画像 第123回「司馬遼太郎を語る会」(10月例会のご案内)
日時10月26日(日)10:00~12:00
締切日直接、会場へお越しください。
会場東久留米市役所「市民プラザホール」(1階)東久留米市本町3-3-1
定員50名程度
対象者司馬作品ファン、歴史に関心がある方ならどなたでも。
費用参加費 400円
内容詳細卓話者野口氏は、
「司馬さん曰く、<日本の本当の歴史が始まった>三浦半島を辿る旅の後半、“近世の三浦半島”をちょっと違った視点から巡ります。ペリーになった気分、小栗の想いを感じながら……」と意欲的です。
「相模国の三浦半島は、まことに小さい」から始まる、『三浦半島記』を片手に、時空を越えて案内していただきましょう。
奮ってのご参加をお待ちしております。

テーマ:『街道をゆく 三浦半島記』
      ~はじまりとおわり、そして……~
卓話者:野 口 貴 史 氏

「嘉永6年6月3日、アメリカ合衆国大統領の親書を携えたペリーの艦隊がこの浦賀の沖に投錨した。幕末の騒動はこの日からはじまる」(三浦半島記:久里浜の衝撃の章)
「<三笠>はよく働いた。つねに全軍の先登に立ち、また戦術上、敵前回頭をして運動をゆるやかにあいたため、敵の砲弾を多く吸いよせ、戦死者も他艦にくらべて多かった」(三浦半島記:三笠の章)

※添付写真は横須賀三笠公園の東郷平八郎と三笠。
問い合わせ先斉藤(電話090-7235-4649、メール0712shibaryo@gmail.com)
関連URLhttp://wakokujyoou.cocolog-nifty.com/shibaryo/