「アメリカ素描(第1部)」から (3月例会のご案内)

件名「司馬遼太郎を語る会」(3月例会のご案内)
主催司馬遼太郎を語る会
イメージ画像 「司馬遼太郎を語る会」(3月例会のご案内)
日時3月13日(日)10時~12時、
締切日直接会場へお越しください。
定員東久留米市生涯学習センター「まろにえホール」(東久留米市中央町2-6-23 ℡:042-473-7811)
対象者歴史ファン、司馬作品に関心のある方ならどなたでも。
申込方法初参加の方は事前に連絡いただけるとありがたいです。
費用400円
内容詳細3月は、2月に引き続いて『アメリカ素描』を取り上げます。
司馬さんはジョン・スタインベックの故郷であるカリフォルニアのサリナスに立ち寄っています。
文学を通してアメリカ社会を見つめようとしています。
「彼の右の作品(※『怒りの葡萄』のこと)は、1930年前後、自分の利益のためには弱者が死のうと生きようと勝手だと言う資本のエゴイズムと非人間性を、アメリカ以外では現れにくい筋肉的なタッチで露呈してみせた」(アメリカ素描)
『アメリカ素描』はアメリカの社会と文化を描いたものですが東アジアや日本との比較文化論でもあります。日本と日本人を考える強力な手助けになります。
奮ってのご参加をお待ちしています。

テーマ:『アメリカ素描(第1部)』~なぜスタインベックか?
卓話者: 堀 江 幸 夫 氏
問い合わせ先斉藤(携帯:090-7235-4649、メール:0712shibaryo@gmail.com)
関連URLhttp://wakokujyoou.cocolog-nifty.com/shibaryo/