「大坂城に散った武将たち」~『城塞』を読む(1月例会のご案内)

件名「司馬遼太郎を語る会」(1月例会のご案内)
主催司馬遼太郎を語る会
イメージ画像 「司馬遼太郎を語る会」(1月例会のご案内)
日時1月30日(土)10時~12時
締切日特にありません。直接会場にお越しください。
会場東久留米市市役所「市民プラザホール」(1階)(東久留米市本町3-3-1 ℡:042-479-7813)
定員40~50人程度
対象者司馬作品に関心のある方、歴史ファンならどなたでも。作品を読んでいなくても構いません。
申込方法初参加の方は事前にご連絡いただけると好都合です。
費用400円
内容詳細年明けのスタートは、大坂の陣を扱った『城塞』を取り上げます。
真田幸村ら大坂方の武将の生きざまを考えてみたいと思います。
奮ってのご参加をお待ちしています。

テーマ:「大坂城に散った武将たち」~『城塞』を読む
卓話者: 斉 藤 弘 昭(司馬遼太郎を語る会代表)
参加費:400円

「人々に無限の可能性を夢想させる時代というものがあり、それが応仁の乱以来百五十年の乱世というものであろう。その夢を求めて信長が出、秀吉が出た。さらにはこの城にこもった牢人諸将の胸にあかあかと点じていたのはそういう灯であったにちがいない」(『城塞』下)
問い合わせ先斉藤(電話:090-7235-4649、メール:0712shibaryo@gmail.com
関連URLhttp://wakokujyoou.cocolog-nifty.com/shibaryo/