徳川幕府と帝政フランスの蜜月あるいは特殊関係(9月例会のご案内)

件名「司馬遼太郎を語る会」(9月例会のご案内)
主催司馬遼太郎を語る会
イメージ画像 「司馬遼太郎を語る会」(9月例会のご案内)
日時9月20日(日)10時~12時
締切日特にありません。当日直接会場にお越しください。
会場東久留米市生涯学習センター「まろにえホール」(東久留米市中央町2-6-23 ☎042-473-7811)
地図・案内図 地図・案内図
定員40名程度
対象者歴史ファン、司馬作品に関心がある方ならどなたでも。
申込方法初参加の方は事前に連絡いただけると好都合です。
費用400円
内容詳細幕末・維新といえば勝組としての薩摩・長州に目を向けがちです。
しかし明治国家に引き継がれた遺産には、滅んだ幕府側からのものがあることに着目し、徳川幕府末期における幕府と帝政フランスとの関係に踏み込みます。
なぜ幕府は親仏だったのか、その時イギリス、アメリカ、ロシアは何を考えていたのか…。

テーマ:「徳川幕府と帝政フランスの蜜月あるいは特殊関係」
 ~司馬遼太郎が描いた徳川幕府最末期の一情景~
卓話者:栗 岡 健 治 氏
問い合わせ先斉藤(電話:090-7235-4649、メール:0712shibaryo@gmail.com)
関連URLhttp://wakokujyoou.cocolog-nifty.com/shibaryo/