第216回 元気で歩こう会 新河岸川を下る NO.7  28.1.21

@DSC04339_edited-1リサイズ

歩行コース

 東久留米駅・・・秋津駅⇒新秋津駅(武蔵野線)・・北朝霞駅⇒朝霞台駅(東上線)・・鶴瀬駅⇒新河岸川・南畑橋⇒富士見川合流点⇒柳瀬川合流点⇒志木市役所(バス)・・志木駅・・東久留米  歩行距離   約5キロ

 冬日とは云いながら、風もなく寒さも感ぜず残雪を見ながらの気持のいいウォーキングとなった。DSC04348リサイズ

 

 川越市東部の田園から端を発した新河岸川は、途中いくつかの川を呑み込みながら、志木で多摩湖から流れて来た柳瀬川と合流して大川となっていく。

DSC04365リサイズ新河岸川下り7回目で漸く川沿いを歩くのが長くなり、田園の景色を眺めながらの風情を愉しんだ。

DSC04362リサイズ

 

 

 

 ←残雪深い富士見里川との合流点

 

 

 途中小学校で小休止したが、校庭の傍に【河童の郷志木】という掲示板があり、下の画像のような石造の河童が設置されていた。【番太郎】【愛ちゃん】というのだそうだ。

@DSC04317_edited-1リサイズ

@DSC04318_edited-1リサイズ

@DSC04312_edited-1リサイズ

 

 

   いろは橋から柳瀬川との合流点を見て、残雪の上での集合写真を撮って散会。バスを利用する人、歩く人、それぞれが志木駅へ向かった。

 DSC04376集合写真リサイズ

詳細はこちらをご覧ください ⇒ 28.1.14元気で歩こう会(表面)