★ 2020年7月3日「野火止用水歴史環境保全地域(野火止2丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月3日 9時~15時 天気:曇

今回の活動場所は、都立久留米西高校裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林です。ここは、黒目川左岸の崖線上に残され雑木林の一部分でもあります。今日は、林縁部と散策路沿いの草刈りおよびフェンスに絡んだつる性植物除去、繁茂すると厄介な誰かが植えたと思われる「ボタンクサギ」の伐根、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:刈草をシートに載せて積載場所へ運んでいるところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:刈払い機で道路際と林縁部を草刈りしているところです。クズ蔓は機械に巻き付いたりして困難な草刈になりました。

※写真:フェンス際は手刈りになります。蔓性植物が絡みついており全部とはいきませんでしたが根気よく蔓を外しました。

※写真:刈取った草類は基本的に積載場所へと運びます。今回は参加者が少なく二人一組で何往復もしました。

※写真:活動時に見かけた野草の一部です。
順に花期を終えた「センリョウ科フタリシズカ」花期の始まった「ヤマノイモ科オニドコロ」と「ツユクサ科ヤブミョウガ」「アカネ科ヘクソカズラ」

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年6月27日「柳窪ケヤキ森の広場と柳窪緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月27日 9時~15時 天気:晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が多数あります。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東久留米市管理の柳窪ケヤキ森の広場と東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。森の広場では、通沿いと散策路沿いの草刈り。保全地域では、繁茂した下草の草刈りを中心に、マダケの整理作業や投棄されたごみの回収などの作業を行いました。

活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:黒目川にかかる天神橋から滝山方面への通沿いの林縁部を草刈りして刈草を集めているところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真〔保全地域〕:緑地内の草刈りと刈取った草をシートに載せて運搬している所およびマダケの管理作業をしているところです。

※写真〔森の広場〕:広場内および林縁部の草刈り、道路側の清掃などしているところです。最後は、投棄されていたゴミを回収したものです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年6月21日「南沢緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月21日 9時~15時 天気:曇り

東久留米市内には、東京都管理の緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へ注いでいます。
 今日は、南沢氷川神社参道沿いの「スイカズラ科ソクズ」や「ユリ科ヤマホトトギス」などの保護および草刈り、つる性植物除去、苦情による竹類伐採などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:氷川神社参道沿いの「スイカズラ科ソクズ」の開花です。小型の白い花をたくさん咲かせます。結実後はたくさんの小さな赤い実が付きます。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:繁茂していた参道沿いが少しだけきれいになりました。

※写真:刈払い機による草刈りと苦情の出ていたモウソウダケの伐採作業をしているところです。

※写真:活動時に観察した生きものです。梅雨の時期と言う事もあり大きな「ヒダリマキマイマイ」が歩んでいました。また、土に埋もれたシートの下からは「ヨスジアカムカデ」が出てきました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年6月20日「竹林公園と向山樹林地」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月20日 9時~15時 天気:晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。
今回は、市管理の湧水と孟宗竹で有名な「竹林公園」および立野川源流部に近い「向山樹林地」の緑地保全活動の報告になります。竹林公園では、公園入口から広場、散策路沿いの草刈りと枝木の剪定、野草保護、整理作業など行いました。向山樹林地では、立野川右岸側のアズマネザサ刈取りと灌木などの剪定、野草保護、整理作業など行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔竹林公園〕:活動中に出会った生きものでカタツムリの仲間「ヒダリマキマイマイ」です。見えにくいですが角を伸ばして進んでいるところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真〔竹林公園〕:公園入口から広場、更に先へ延びる散策路沿いの草刈り、枝木剪定などの作業を行っているところです。公園が少しだけ明るくなり足元の草もなくなり散歩しやすくなったかと思います。

※写真〔向山樹林地〕:樹林地への入り口付近から立野川沿い、更に上流部に向けて草刈りをしているところです。鬱蒼としていましたが少しだけ明るくなりました。

※写真〔向山樹林地〕:ブルーシートへ刈草を積載して、積載場所へ運搬しているところです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2020年6月14日「向山樹林地」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月14日 9時~11時30分 曇り後雨

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回は、中止になった「環境フェスティバル」の代わりに行った、立野川源流域にある市管理「向山樹林地」の緑地保全活動です。今年3月以来の樹林地は、緑一色で曇り空と言う事もあり、緑地全体が薄暗い状態でした。そのため、曲がった竹や枯葉が目立つ竹の伐採と若竹の間伐、樹木を覆っていた「クズ」の除去作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地に生育しているマダケを間伐しているところです。密植状態になると風通しや日当たりが悪くなり病気になることがあります。未然に防ぐためにバランスを考えながら間伐作業をしているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:鬱そうとしてた竹林に明るさと風通しを取り戻しました。

※写真:手分けして「クズ」蔓を除去しているところです。灌木などを伝って高木にも覆いかぶさっていきます。蔓を切りそして樹木を覆う蔓を引きずり落とします。場合によっては、4人がかりで除去しました。

※写真:活動中に見かけたカタツムリの仲間の「ヒダリマキマイマイ」とバッタの仲間「ウマオイ」※ハヤシノウマオイとハタケノウマオイの2種類いるそうです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2020年6月5日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月5日 9時~14時30分 天気:晴れ

※新型コロナウイルスの関係で一時停止していましたが今活動より掲載を再開いたします。なお、「ちょこボラ参加者募集」については、当面の間中止させていただきます。

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が多数あります。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。前回から2か月半ぶりの当地は、林床を含めて濃い緑に覆われており、繁茂した下草の草刈りを中心に、マダケの整理作業や投棄されたごみの回収などの作業を行いました。
活動状況については、以下に掲載の写真をご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:刈取った下草をクマデで集めてブルーシートに載せているところです。この後ずっしりと重さのあるシートを4人がかりで集積場所まで運びます。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

※写真:下草の刈取りと整理作業および道路際から投げ込まれた投棄物(クーラー用パイプ・プラケース・ホウキなど)の山です。

※写真:活動時に観察した「クチバスズメ」「テングチョウ」「トホシテントウ」「ミスジマイマイ」です。その時々によって、野草や木々の花がそして爬虫類や両生類、昆虫などが観察できます。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年4月3日「野火止用水歴史環境保全地域(小山5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月3日 9時~14時30分 天気:晴

今回活動した緑地は、野火止用水が小金井街道松山3丁目交差点を潜り抜けて約30m下流右岸側に位置しています。周りには用水沿いの道路と病院や住宅があり、緑地内散策路は多くの人が行き交う生活道路として利用されています。今日は、緑地南西側の竹類の間伐や散策路沿いの草刈り、整理作業、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:散策路沿いに不法に投棄されていた庭木などを整理してるところです。市内の緑地で良く見られる光景です。是非止めてもらいたい身勝手の一つです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕11日(土)南沢緑地、17日(金)南町緑地、25日(土)南沢苗圃
〔5月の活動予定〕1日(金)午前氷川台緑地/午後南沢樹林地、9日(土)小山緑地、15日(金)前沢緑地(含む森の広場)、23日(土)午前学芸大/金山緑地、30日(土)歴環下里
※2020年6月以降の活動予定については、当サイトの当会用基本情報をご覧ください。

※写真:投棄枝類は比較的多くあり1時間ほどかけて処分しました。散策路を歩く人からはお礼の言葉をいただきました。感じることは皆同じかと思います。

※写真:緑地南西側には「メダケ」などの生育地があります。隣接住宅地の際まで迫っていましたので間伐して整理しました。見通しなど良くなったと思います。

※写真:活動中に観察した「タチツボスミレ」「オッタチカタバミ」「セイヨウタンポポ」と越冬型で羽がボロボロの「キチョウ(キタキチョウ)」です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2020年3月28日「向山樹林地」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月28日 9時~12時 曇り

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。
今回は、立野川源流域にある市管理「向山樹林地」の緑地保全活動です。昨年10月の活動を雨天のため中止しました。およそ半年ぶりの樹林地は比較的荒れた感じはありませんでしたが、竹類の繁茂が目立つことからモウソウダケおよびマダケの間伐と整理作業などを行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:樹林地は立野川右岸側にある斜面地で、多くのマダケが生えて林床を暗くしています。そのマダケの間伐作業を行っているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔4月の活動予定〕3日(金)歴環小山、11日(土)南沢緑地、17日(金)南町緑地、25日(土)南沢苗圃
〔5月の活動予定〕1日(金)午前氷川台緑地/午後南沢樹林地、9日(土)小山緑地、15日(金)前沢緑地(含む森の広場)、23日(土)午前学芸大/金山緑地、30日(土)歴環下里
※2020年6月以降の活動予定については、当サイトの当会用基本情報をご覧ください。

※写真:立野川右岸側に生えているモウソウダケを左岸の宅地に倒れないように切り倒しました。そして2m長に玉切りして腐朽を進めるため割って積載しました。

※写真:斜面に生えているマダケを間伐して廃材置き場で整理しているところです。

※写真:活動中に観察した「ユリ科:アマナ」です。このアマナですが沢山の「葉」は見かけますがこのような「花」は殆ど見ることができません。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2020年3月20日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月20日 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が存在します。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。今日は、ひと月前と同じく黒目川天神橋下流右岸部においてマダケの間伐や林床の落枝整理、野草保護などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地内部で枯損木の倒木を手分けして玉切りしているところです。暗黙の了解があり約1間幅で切断して所定の場所へ積載しています。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕28日(土)午前:向山樹林地/午後:学芸大雑木林
〔4月の活動予定〕3日(金)歴環小山、11日(土)南沢緑地、17日(金)南町緑地、25日(土)南沢苗圃
※2020年5月以降の活動予定については、当サイトの当会用基本情報をご覧ください。

※写真:今回の活動で緑地の整備が進みましたが全体の三分の一程度でしょうか?今後も緑地最北部へ向けて保全活動を行う予定でいます。皆様!ご協力お願いします。

※写真:この活動の最中、観察した「サクラソウ」「コスミレ」「オオタチツボスミレ」です。このところの陽気で多くの草花の開花が進んでいます。

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年3月21日「竹林公園と南沢緑地保全地域(苗圃地区)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月21日 9時~15時 天気:晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。
今回は、湧水と孟宗竹で有名な市管理の「竹林公園」および都管理の「南沢緑地保全地域(苗圃地区)」の緑地保全活動です。竹林公園では、朽ち始めていた弓型柵の更新と沢沿いの落枝整理作業。南沢緑地苗圃地区では、オギの生育区画に植えていたクヌギなどの-生育を助けるための草刈りなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔竹林公園〕:公園内にはいろいろな植物が生息しています。それらを保護するために弓型柵用の部材を作っているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕28日(土)午前:向山樹林地/午後:学芸大雑木林
〔4月の活動予定〕3日(金)歴環小山、11日(土)南沢緑地、17日(金)南町緑地、25日(土)南沢苗圃
※2020年5月以降の活動予定については、当サイトの当会用基本情報をご覧ください。

※写真〔竹林公園〕:順番にマダケを切り出して部材を作り、弓型柵を設置しているところです。保護した「ウバユリ」や「オオアラセイトウ」。完成した柵です。

※写真〔南沢苗圃〕:オギの生育エリアでの草刈り作業と林床の落枝整理をしているところです。また、同緑地で開花を始めた「ニリンソウ」です。満開までにはもう少し時間が必要かと思います。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!