★2020年9月13日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月13日 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都管理の7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにあります。野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mの雑木林です。今日は、緑地西側の林床と散策路沿いの草刈りと東側の野草保護のための草刈り、ゴミ収集などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:野草保護のため繁茂状態のアズマネザサを草刈りしているところです。風通しや光などが貴重な野草を育てます。どのような結果が出るでしょうか?

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:保全地域は多くの生きものを次世代へ引きつぐために残した緑地です。そのため都市型公園のようにすべてを刈取らず多くの生きものが生育できる場所を残しています。

※写真:活動中に現れた「コカマキリ」「クルマバッタモドキ」「アオドウガネ」そして蛾の仲間の「セスジスズメ」の幼虫です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年9月4日「柳窪緑地保全地域(含む森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:9月4日 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が多数あります。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東久留米市管理の柳窪ケヤキ森の広場と東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。森の広場では、通沿いの草刈りと広場入口付近の灌木の剪定と間伐、草刈。保全地域では、下草の草刈りを中心に、支障木の剪定や投棄されたごみの回収などの作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:柳窪緑地で刈り終えたアズマネザサなどを集めて整理しているところです。この作業に登場する草刈り機やブルーシート、クマデは必要な工具類になります。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:〔森の広場〕草刈りと整理作業、落枝整理、潅木などの間引きや剪定作業をしているところです。森の広場が少しだけ明るく風通しも良くなりました。

※写真:〔柳窪緑地〕林床の草刈りやフェンスに絡んだつる性植物の除去、刈り草の後片付けをしているところです。

※写真:今回の活動で出会った生き物です。まだまだ暑く「ミンミンゼミ」の途切れない鳴き声や湿気が多かったのか「ミスジマイマイ」や普段高所にいると言われる「アオマツムシ」も顔を出しました。また「山椒」の実が色づき始めていました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年8月29日「南町緑地保全地域(含む森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月29日(土)9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都が管理している7つの緑地保全地域と1つの歴史環境保全地域があります。今回の活動場所(南町緑地保全地域:約11,000平方メートル)は、昭和62年に指定された緑地保全地域です。同緑地は、東久留米市の南側(南町3丁目)に位置しており、同緑地の南側には同市管理の森の広場が隣接しています。今日は、萌芽更新地区の草刈りや樹木の剪定、北側フェンス沿いの草刈りおよび森の広場側の散策路のロープ柵補修、整理作業、ゴミ収集などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:森の広場側から南町地区センター方面を望んだものです。散策路になっておりロープ柵が朽ちていた事から代用杭を使って補修しました。今後の活動で南側のロープ柵も補修していきます。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:ロープ柵補修のための活動をしているところです。低層木の枝などを使い代用杭を作り、カケヤで杭を打込んでロープを巻き付けて「又釘」で固定しました。自然風のロープ柵が完成しました。

※写真:緑地内で草刈り作業をしているところです。オニドコロなどの蔓性植物が繁茂すると覆われた樹木が枯れることもあります。それらの引き落としや下草の刈込、樹木枝の剪定などして明るく風通しの良い雑木林に少しだけ近づきました。

※写真:森の中には多くの生きものがいます。順番に「ニホンヤモリ」「ルリタテハの幼虫」「ミンミンゼミ」と「セスジツユムシ」です。セミナ鳴声やバッタの種類などで本格的な秋が忍び寄っているようにも思えます。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年8月22日「金山緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月22日(土)9時~14時30分 天気:晴

今回は、東久留米市金山1丁目にある金山緑地保全地域(面積約13,000㎡)で緑地保全活動を行いました。この保全地域は市の東部側に位置しており、緑地北側林縁部の通りを挟み市立第6小学校があります。3か月ぶりの緑地は、北側道路沿い林縁部のつる草やオオブタクサ、アズマネザサなどが繁茂状態。また、樹木の枝も伸び放題ということで、これらの刈取りや枝木の剪定、ごみ拾いなどの作業を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:この緑地ではゴミの不法投棄が絶えません。リサイクル可能品や不燃ごみなど45Lx5袋ものゴミが投棄されていました。自宅へごみ投棄されたらどのような行動を起こすのでしょうか?是非とも緑地を大切にしてください!

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:今日の活動では通り沿いを中心に草刈りと支障木の剪定を行いました。大分すっきりとして通りの見通しも良くなっています。交通ルールを守って気を付けてお通りください。

※写真:活動中に観察した昆虫です。順番に「ツマグロオオヨコバイ」「チョウセンカマキリ」「セスジツユムシ」「ハリカメムシ」です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年8月14日「小山緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月14日(金) 9時~15時 天気:晴

今回は、東久留米市小山1丁目の小山緑地保全地域で実施した緑地保全活動報告です。同緑地は、黒目川左岸側の河岸段丘上に位置しており、緑地に隣接する西武池袋線を眼下に望むことができます。活動内容については、倉庫の移設対応および倉庫周辺の草刈りや灌木の間伐、落葉をためるための「落葉溜め」作成、線路際の草刈り、整理作業、ごみ拾い等を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地周辺部の落葉を投入するための「落葉溜め」を作っているところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:「落葉溜め」を作るための部材確保と製材して作り上げているところです。結果、2mx2mx80㎝ほどのものが出来上がりました。

※写真:倉庫周辺と更に隣接する西武池袋線沿いを草刈りして整備しました。

※写真:活動中に観察した「チョウセンカマキリ」と「セスジツユムシ」です。我々の活動状況を見物に来たのかもしれません。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年8月8日「前沢緑地保全地域(含森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:8月8日(土) 9時~14時30分 天気:晴

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今日は、中央部(森の広場が隣接)において、主に柳新田通り沿いの草刈り、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:柳新田通り沿いの歩道側にはみ出した草や林縁部の草を刈取りました。歩道が広くなり歩きやすくなったかと思います。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:熱中症が心配される日でしたがこまめな休憩と給水で頑張りました。林縁部約3m幅で刈取っただけですが可なりすっきりとしました。

※写真:今回の活動時に観察した「フジカンゾウ」「キツネノカミソリ」「キマダラセセリ」「ルリタテハ」です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年7月31日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)と向山樹林地(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月31日 9時~15時 曇

    東久留米市内には、東京都管理の7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにある野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mほどあります。今日は、緑地南東側の散策路沿いと中央部の萌芽更新地区一部の草刈りと整理作業、ゴミ収集などの活動を行いました。
    また、東久留米地の管理緑地で立野川源流部に近い「向山樹林地」でマダケの間伐などの管理作業を行いました

活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔歴環下里〕:緑地東側において散策路沿いを草刈りした後の片づけをしているところです。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真〔歴環下里〕:刈草をクマデでかき集めブルーシートに載せて積載場所へ運搬します。今は湿潤でやぶ蚊が多く嫌な時季ですが皆さん頑張って活動しています。

※写真〔歴環下里〕:雑木林を再生するために皆伐した場所です。樹木や野草を育てるための草刈りと整理作業をしているところです。

※写真〔向山樹林地〕:この場所はマダケやモウソウダケが生育している場所です。手入れをしないと樹林地が竹林になって他の植物が絶えてしまいます。今回は、多くの生きもののために竹の間伐を中心に活動しました。

※写真〔歴環下里〕:活動時に観察した蛾の仲間「シモフリスズメ」と立派なハサミを持ったクワガタの仲間「ノコギリクワガタ」です。

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力ください。

★ 2020年7月19日「氷川台緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月19日 9時~14時45分 天気:曇 後 晴

今回、東久留米市氷川台1丁目の氷川台緑地保全地域(面積 約10,000㎡)で緑地保全活動を行いました。当初7月17日に予定していましたが、雨天のため19日(日)に順延しました。この緑地は、黒目川の流れが西武池袋線と弁天堀橋を過ぎた辺りの左岸側崖上に位置しており、緑地の林縁部と散策路沿いの草刈り、整理作業、投棄ゴミの回収など行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地の通り沿いで剪定と刈草の整理作業を行っているところです。前回は5月初めころに草刈りしていますが跡形もないほどに繁茂状態でした。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:通り沿いで刈払い機を稼働させましたが周辺に十二分に注意しながら作業しました。

※写真:刈り込み後は整理作業です。ブルーシートに積載して廃材集積場所へ何度も運搬しました。梅雨の晴れ間で大汗かいて整理しました。

※写真 :活動中に出会った昆虫です。順に「ダイミョウセセリ」「ノコギリクワガタ」「ノコギリカミキリ」「アオバハゴロモ」です。

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2020年7月11日「野火止用水歴史環境保全地域(小山5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月11日 9時~14時 天気:曇

 今回活動した緑地は、野火止用水が小金井街道松山3丁目交差点を潜り抜けて約30m下流右岸側に位置しています。周りには用水沿いの道路と病院や住宅があり、緑地内散策路は多くの人が行き交う生活道路として利用されています。今日は、林縁部などを中心にアズマネザサやカナムグラなどが繁茂状態にあり、当緑地で継続中のボタンクサギの抜き取り作業、アズマネザサ刈取り、整理作業、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:刈取ったアズマネザサなどをブルーシートへ載せて積載場所へと運搬しているところです。大量の刈草を載せたため6人で運びました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:現在野火止用水沿いの緑地では倒木などの危険防止のため林縁部の危険木をセットバックしています。工事の関係で緑地内部へ入れないこともありますので注意してください。

※写真:当日は梅雨空で今にも雨が降りそうな状態でしたが多くの仲間が林縁部の草刈りに精を出しました。

※写真 :活動時に観察した「ヤブカンゾウ」「ナメクジ」と「ノコギリクワガタ雌」大型の「ヒダリマキマイマイ」です。

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★ 2020年7月3日「野火止用水歴史環境保全地域(野火止2丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:7月3日 9時~15時 天気:曇

今回の活動場所は、都立久留米西高校裏手にある野火止用水沿いに残された雑木林です。ここは、黒目川左岸の崖線上に残され雑木林の一部分でもあります。今日は、林縁部と散策路沿いの草刈りおよびフェンスに絡んだつる性植物除去、繁茂すると厄介な誰かが植えたと思われる「ボタンクサギ」の伐根、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:刈草をシートに載せて積載場所へ運んでいるところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:刈払い機で道路際と林縁部を草刈りしているところです。クズ蔓は機械に巻き付いたりして困難な草刈になりました。

※写真:フェンス際は手刈りになります。蔓性植物が絡みついており全部とはいきませんでしたが根気よく蔓を外しました。

※写真:刈取った草類は基本的に積載場所へと運びます。今回は参加者が少なく二人一組で何往復もしました。

※写真:活動時に見かけた野草の一部です。
順に花期を終えた「センリョウ科フタリシズカ」花期の始まった「ヤマノイモ科オニドコロ」と「ツユクサ科ヤブミョウガ」「アカネ科ヘクソカズラ」

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!