★2021年4月16日「南町緑地保全地域(含む森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月16日9時~11時30分 天気:晴のち曇り

東久留米市内には、東京都が管理している7つの緑地保全地域と1つの歴史環境保全地域があります。今回の活動場所(南町緑地保全地域:約11,000平方メートル)は、昭和62年に指定された緑地保全地域です。同緑地は、東久留米市の南側(南町3丁目)に位置しており、同緑地の南側には同市管理の森の広場が隣接しています。今日は、同緑地中央部散策路沿いのロープ柵補修とゴミ収集などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:朽ちた木杭の傍へ添木を打込んだ後、番線で固定しているところです。20から30カ所ほど修繕しましたがどの位の期間耐えられるのかは不明です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:朽ちたて倒れた杭を補強するための「添木」を作るために硬く丈夫なシラカシを伐採しているところです。これらの木は萌芽力が高く5,6年で蘇ります。

※写真:朽ちたロープ柵を修繕しているところです。この作業では全て直すことができませんでした。次回の活動時には残り区間なども直していきたいと思います。

※写真:緑地内に投棄されたごみ拾いおよび持ちこまれた園芸植物を除去しました。これらの活動もこの緑地を後世に引き継ぐための大事な活動です。

※写真:活動中に観察した「ギンラン」と「キンラン」これらの植物は昨年より1週間も早く開花しました。そして「ニホンヤモリ」と「ナナフシ」です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2021年4月10日「南沢緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月10日 9時~14時 天気:晴

東久留米市内には、東京都管理の緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。
 今日は、今が見ごろの「キンポウゲ科イチリンソウ・ニリンソウ」の観察、南沢氷川神社参道沿いの野草保護区画の草刈りと整備、古竹や曲がり竹などの間伐と整理などの活動をおこないました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:近隣住民から要望があり南沢氷川神社の参道沿いを手入れしました。道路上に散乱していたものは勿論きれいに除去しています。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:モウソウダケを伐採後柵用部材作りをしているところです。竹の玉切りや枝払い班などに分かれて手際よく作業を進めます。

※写真:弓型柵用に150㎝長に切ったモウソウダケを割竹をしているところです。幾分密な状態ですがフェイスシールドやマスク着用で作業しています。

※写真:今回の活動で観察した「キンポウゲ科イチリンソウ」です。花茎が5㎝以上もあり見事な花を見せていました。ニリンソウは残念ながら日陰で萎んでいました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2021年4月2日「野火止用水歴史環境保全地域(小山5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:4月2日9時~14時30分 天気:曇り

    今回活動した緑地は、野火止用水が小金井街道松山3丁目交差点を潜り抜けて約30m下流右岸側に位置しています。周辺には用水沿いの道路と病院や住宅があり、緑地内散策路は多くの人が行き交う生活道路として利用されています。今年最初の同緑地は、北側は比較的すっきりとした状態にあり、南側は落枝や不法に持込まれた植木などが散乱状態。また「イネ科メダケ」なども繁茂状態のため、主に南側で保全活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地内へ持ち込まれた植木や落枝などをかさばらない様に枝を落として整理しているところです。お願いです。植木の剪定枝などは市で回収しますので緑地内へ持ち込まないでください。不法投棄は犯罪です。

    今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:林床には大風などで折れた枯枝などが多くあります。手分けして落枝などを回収して整理しました。

※写真:密植すると林床を暗くするシュロの木が間近に複数本あり間伐しました。また、メダケの林があり、鬱蒼としていたことから主に背の高いものを間引きました。少しだけですが周辺がスッキリとそして明るくなりました。

※写真:活動中に見かけた「キク科ノゲシ」と「キク科シロバナタンポポ」です。その他、盛りは過ぎましたが「スミレ科タチツボスミレ」なども見られました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!