★2021年3月27日「向山樹林地」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月27日 9時~11時30分 天気:晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、同市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。
今回は、立野川源流部に近い「向山樹林地」の緑地保全活動の報告になります。向山樹林地では、住宅地の擁壁側へ進出してきたマダケをセットバックさせました。その他、野草保護のための弓型柵を新たなものと交換しました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:隣接宅地側へ進出し始めているマダケを影響のない状態へとセットバックしているところです。今回の活動で40本ほど伐採して整理しています。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:竹林内は多くのマダケが生育して鬱蒼としています。これまでも相当数伐採していますが竹の勢いに負けている感じがします。

※写真:野草保護のための作業です。切ったマダケを割竹して公園などで見られる弓型柵の部材を製作しました。更に古いものを引き抜いて新しいものと交換しました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2021年3月20日「竹林公園と南沢緑地保全地域(苗圃地区)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月20日 9時~15時 天気:晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。
今回は、湧水と孟宗竹で有名な市管理の「竹林公園」および都管理の「南沢緑地保全地域(苗圃地区)」の緑地保全活動です。竹林公園では、伐木と剪定後の散乱枝の清掃および野草保護柵の修繕、沢沿いの落枝整理作業など行いました。南沢緑地苗圃地区では、保護樹木への添木および繁茂植栽の剪定、植樹などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真〔竹林公園〕:公園内にはいろいろな植物が生息しています。それらを保護するために弓型柵を修繕しました。

今後も年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真〔竹林公園〕:順番に竹を割って柵用部材の製作作業および弓型柵を設置作業です。植物は公園のテーブル下に咲いていた「コスミレ」です。

※写真〔南沢苗圃〕:順番に大きく生長していた「ドウダンツツジ」の透かし剪定作業およびクルミの木の添木対応、日陰つくりのための「ミズキ」の植樹、作業中に観察した開花し始めの「ムラサキケマン」です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2021年3月19日「柳窪緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時3月19日9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が多数あります。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。今日は、先月に引き続き3年ほど前にテングス病対策で皆伐した後、生長していた未熟なマダケの間伐と枝打ち、潅木の剪定と伐採などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:マダケの再生のための間伐作業です。まだまだ未熟な太さですが、少しずつ元に戻りつつあります。あと2、3年で立派なマダケの竹林になるかと思います。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:竹類は伐採したまま放置すると枝葉の分がかさみ大きな山になってしまいます。そのため2m長に切り詰めて枝打ちして積載します。手間のかかる作業です。

※写真:今回はマダケ以外にもツバキやシラカシ、シュロなども剪定や伐採しています。ある程度間引くことで林床に陽がさすようになり植物なども芽生えるようになります。

※写真:今回の活動中に観察した植物です。「コスミレ」「サクラソウ」「ウバユリ」高さが25mほどある「コブシ」ですが樹木の頂上で花を咲かせていました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2021年3月14日「南沢緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月14日 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都管理の緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へと注いでいます。
 今日は、南沢氷川神社参道沿いの野草保護区画の整美と保護柵の補修、古竹や曲がり竹などの間伐と整理作業などの活動をおこないました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:左側正面に見える鳥居は南沢氷川神社です。参道沿いで野草生育エリア内の杉の落葉や落枝をクマデなどでかき集めているところです。もう少しで「ニリンソウ」などが開花するはずです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:仲間が総出で①野草生育エリアを整美して②保護用弓型柵用部材を作り③弓型柵を更新しました。「イチリンソウ・ニリンソウ」の開花が楽しみです。

※写真:景観を損ねることから古竹や曲がり竹を伐採して整理しました。少しだけですが明るくなった気がします。

※写真:活動中に観察した生きものです。順に「キンポウゲ科イチリンソウ」「同科:ニリンソウ」「スイカズラ科:ソクズ」陽だまりに現れた「ニホントカゲ」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2021年3月5日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月5日9時~15時 天気:曇り時々晴

東久留米市内には、東京都管理の7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにあります。野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mの雑木林です。今日は、緑地東側の枯損木処分およびロープ柵修繕、竹林管理、クマザサの刈取り、ゴミ収集などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:散策路を塞ぐように径30㎝ほどの枯損木が倒れました。人災にならずに良かったと思います。今日の最初の活動はこの倒木を処分する事から始めました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:緑地東側ではロープ柵の杭が劣化して沢山倒れていました。今回は、20本ほど杭を打直してロープを張り直して良い感じで修繕することができました。

※写真:東側には竹林があり雑木林へ侵入してきています。それらの間伐と整理の他、繁茂していたシュロやクマザサも一部を刈取りました。林の中が、明るくなったように感じました。

※写真:雑木林の林縁では、春を感じる草花が開花していました。
「シソ科:ホトケノザ」「アブラナ科:オオアラセイトウ」「スイカズラ科ウグイスカグラ」「バラ科:クサボケ」「カヤツリグサ科:ヒメカンスゲ」「キク科:フキ」

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!