★2020年11月20日「前沢緑地保全地域(含森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:11月20日 9時~14時15分 天気:曇り

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今日は、中央部(森の広場が隣接)において、主に西側民家よりの区域の草・笹刈り、低木の間引き・剪定、枯損木伐採等の活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:民家の塀際の枯損木を切り詰めているところです。危険木は多く存在しており処理可能なものは我々が、それ以外は東京都などが専門業者へ依頼しています。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:今回の活動では林床のササ刈りや低木の間引き、剪定、枯損木の伐木や整理作業など行っているところです。

※写真:今回の活動時に観察した真っ赤な実をつけた「マムシグサ」です。絵具やペンキなどでは太刀打ちできない色合いです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!