★ 2020年11月28日「氷川台緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:11月28日 9時~11時30分 天気:晴

今回、東久留米市氷川台1丁目の氷川台緑地保全地域(面積 約10,000㎡)で緑地保全活動を行いました。この緑地は、黒目川の流れが西武池袋線と弁天堀橋を過ぎた辺りの左岸側崖上に位置しており、緑地の林縁部と散策路沿いの草刈り、整理作業、投棄ゴミの回収など行いました。また、コロナ禍の影響もある事から近隣自治会の皆様には人数を制限してもらい活動に参加いただきました。活動への参加、ありがとうございました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地西側において氷川台自治会の皆様方が草刈りの後始末をしているところです。通り沿いから3m程の幅で枯れ始めていた草の刈込みをしてもらいました。草刈りの最中には、草の陰から多くの投棄ゴミが見つかりました。非常に残念な事です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:通りの東側と東南にある散策路沿いでは下山親睦会の皆さん方が草刈りやゴミ拾いの応援をしてくれました。お陰様で緑地の林縁がきれいに整理されて新しい年を迎えることができます。

※写真:我々ふれボラの仲間も14名が参加。通りの中央部などで草刈りに精を出しました。当地での活動はこの日が最後となりました。コロナにも負けずに乗り越えて来年も頑張りましょう!

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年11月20日「前沢緑地保全地域(含森の広場)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:11月20日 9時~14時15分 天気:曇り

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今日は、中央部(森の広場が隣接)において、主に西側民家よりの区域の草・笹刈り、低木の間引き・剪定、枯損木伐採等の活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:民家の塀際の枯損木を切り詰めているところです。危険木は多く存在しており処理可能なものは我々が、それ以外は東京都などが専門業者へ依頼しています。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:今回の活動では林床のササ刈りや低木の間引き、剪定、枯損木の伐木や整理作業など行っているところです。

※写真:今回の活動時に観察した真っ赤な実をつけた「マムシグサ」です。絵具やペンキなどでは太刀打ちできない色合いです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年11月14日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:11月14日 9時~14時30分 天気:晴

東久留米市内には、東京都管理の7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにあります。野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mの雑木林です。今日は、緑地西側の3mほどまで伸びたアズマネザサの刈取りとゴミ収集などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地では「ブドウ科:ツタ」の紅葉が始まり、広葉樹林の黄色くなった葉と青空が相まったこの時期ならではの景色を見せてくれました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:この地区は極力そのままを残している場所でタヌキなどの獣道も見られます。今回周辺のアズマネザサが茎径1㎝、背丈も3mを超えたことから一部の緑の島を残しながらササ刈りしました。寝ている野草も顔を出すかもしれません。

※写真:作業中に顔を出した8月頃から11月頃まで見られるコオロギの仲間「アオマツムシ」です。通常樹木の上の方に居て中々見られない昆虫です。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年11月6日「南沢樹林地(南沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:11月6日 9時~15時 天気:曇り

東久留米市内には、東京都管理の緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。今回の活動場所は、南沢3丁目にある浄水場の向かいにある同市が管理する南沢樹林地です。同樹林地では散策路沿いのアズマネザサ刈りおよび通り沿いの蔓草やササ刈りと越境枝の剪定、樹林地内の孟宗竹の伐採と整理作業などを行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:散策路沿いの刈草をシートに載せて運搬しているところです。半年ぶりの活動ため山盛り積んだ刈草を何度も廃材置き場へと運搬しました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:散策路沿いおよび通り沿いを草刈りしました。更に道路側へ越境している枝を剪定しました。

※写真:樹林地内部では古竹やひ弱な竹、枯損竹などを伐採して整理しました。目障りな竹が間引かれて緑地が明るくなったと思います。

※写真:その他朽ち始めている杭を10本程修繕しました。また、活動中に「セスジアカムカデ」と「ニホンヤモリ」が顔を出しました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!

★2020年10月31日「南沢緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:10月31日 9時~15時 天気:晴

東久留米市内には、東京都管理の緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地があります。今回の活動場所は、昭和60年に東京都が緑地保全地域に指定した南沢緑地保全地域です。ここでは、日量1万トンもの清らかな湧水により沢頭流や海老沢流などと呼ばれる流れを作り、落合川本流へ注いでいます。
 今日は、緑地中央部の雑木林再生区画内の草刈りと整備、野草保護区画の保護柵の補修、民有地への越境樹木の強剪定などの活動をおこないました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:強剪定するため枝にロープをかけて伐採位置を確かめているところです。安全のために梯子の固定や安全帯の着用は必須条件です。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の緑地保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真:最初に樹木の高所に牽引ロープをかけて複数名でロープを引きながら教科書通りに切り込み作業を進めました。切り込みとおい口間に残した部分(つる)が威力を発揮して見事にきれいな弧を描き倒れました。いつもながらほっとする瞬間です。

※写真:雑木林再生区画での草刈りの様子です。フキの新芽が出ていたり陽気の不順さによるものでしょうか。

※写真:朽ち始めていたロープ柵は毎年のように直しています。湿潤な事から杭は朽ちてロープも痛みが早くボロボロです。今回も簡易的に修理を進めました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!