★2020年6月27日「柳窪ケヤキ森の広場と柳窪緑地保全地域」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月27日 9時~15時 天気:晴れ

東久留米市内には、東京都が管理している緑地保全地域の他、東久留米市管理の樹林地や森の広場などの緑地が多数あります。今回の活動場所は、東久留米市の西側(柳窪4丁目・5丁目)にある東久留米市管理の柳窪ケヤキ森の広場と東京都の柳窪緑地保全地域(広さは約13,500平方メートル)です。森の広場では、通沿いと散策路沿いの草刈り。保全地域では、繁茂した下草の草刈りを中心に、マダケの整理作業や投棄されたごみの回収などの作業を行いました。

活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:黒目川にかかる天神橋から滝山方面への通沿いの林縁部を草刈りして刈草を集めているところです。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。
現在、新型コロナウイルスの影響を考慮して「ちょこボラ参加者募集」については、中止しております。この状況が好転次第、募集を再開いたします。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

※写真〔保全地域〕:緑地内の草刈りと刈取った草をシートに載せて運搬している所およびマダケの管理作業をしているところです。

※写真〔森の広場〕:広場内および林縁部の草刈り、道路側の清掃などしているところです。最後は、投棄されていたゴミを回収したものです。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!