★2020年3月6日「野火止用水歴史環境保全地域(下里6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:3月6日 9時~14時45分 晴

東久留米市内には、東京都管理の7つの緑地保全地域と野火止歴史環境保全地域(一部)があります。今回の活動場所は、東村山市と東久留米市(下里6丁目)の市境を西から東へと流れる野火止用水沿いにある野火止用水歴史環境保全地域の一部で東西約350mほどあります。今日は、緑地南西側の樹木剪定と灌木の間引き林縁部のアズマネザサ刈取りゴミ収集などの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:緑地南西側の林縁部の「アズマネザサ」を刈取っているところです。大きなものでは背丈が2m超x径1㎝ほどあり手刈りするのに苦労しました。林床に陽が射し込むようになり貴重な野草が芽生えるかもしれません。

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔3月の活動予定〕14日(土)南沢緑地、20日(金)柳窪緑地、21日(土)午前:竹林公園/午後:南沢苗圃、28日(土)午前:向山樹林地/午後:学芸大雑木林
〔4月の活動予定〕3日(金)歴環小山、11日(土)南沢緑地、17日(金)南町緑地、25日(土)南沢苗圃
※2020年5月以降の活動予定については、当サイトの当会用基本情報をご覧ください。

※写真:今回、草を刈取った範囲は境界部のフェンスや塀に沿って幅約5m、距離にして60mほどになります。その他樹木の剪定や灌木の間引きなども行いました。

※写真:写真手前から中央に向かって道のようなものがあります。この森に棲むタヌキ専用の「けもの道」のようです。

※写真:活動時に見かけた「フキ」「ウグイスカグラ」「オオアラセイトウ」です。暖冬のためか例年より早めに花を咲かせていました。

活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力ください。