★ 2020年2月14日「前沢緑地保全地域(前沢3丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:2月14日 9時~15時 天気:晴

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今日は、中央部(森の広場が隣接)において、緑地北側の倒木と落枝整理を中心に柳新田通り沿いの草刈り、ゴミ拾いなどの活動を行いました。
活動内容については、以下の写真をご覧ください。

活動には人手が必要です。自然を愛する方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:枯れて倒れた樹木を150㎝の長さにのこぎりで切り詰めているところです。この周辺では数本倒れており春の陽気で汗を流しながら作業しました。

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔2月の活動予定〕22日(土)歴環野火止、29日(土)柳窪緑地
〔3月の活動予定〕6日(金)歴環下里、14日(土)南沢緑地、20日(金)柳窪緑地、21日(土)午前:竹林公園/午後:南沢苗圃、28日(土)午前:向山樹林地/午後:学芸大雑木林
※2020年4月以降の活動予定については、当サイトの当会用基本情報をご覧ください。

※写真:林床で目に付いた落枝は何往復もして廃材置き場へ運搬しました。倒木は玉切りにしてから二人がかりや転がしながら廃材置き場へ運びました。

※写真:活動中に見かけた「いきもの」です。カジイチゴとクサイチゴの交雑種の「ハチジョウクサイチゴ」、「ヒガンバナ」、「カキドオシ」、朽ちた廃材で冬眠していた「スズメバチ」です。※ハチはそっと埋め戻しておきました。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!