★ 2018年11月16日「前沢緑地保全地域(含森の広場:前沢6丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

今回は、東久留米市の南部(前沢3丁目)に位置する、東京都の緑地保全地域(含森の広場)で緑地の保全活動を行いました。この緑地は、北西側飛地と中央部(森の広場が隣接)、南東側飛地に分離しています。今回は、中央部と森の広場において台風24号の影響で倒れた樹木や落枝、枯損枝の切断と整理、ゴミ収集等の活動を行いました。勿論緑地内すべてにおいて整理できていませんが、時間の許す限り活動しました。今後も都や市と連携して整備を進めてまいります。
お手伝い頂ける方々の参加をお待ちしています。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真:活動中に集めたパソコンの筐体や電気工事に使ったケーブル、紐で縛った雑誌、空き缶、ペットボトルなどです。捨てる輩は家の中でも同じなのでしょうか?

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔11月の活動予定〕24日(土)午前/氷川台緑地、午後/学芸大雑木林、30日(金)南沢樹林地
〔12月の活動予定〕1日(土)歴環野火止、8日(土)小山緑地、14日(金)柳窪緑地、22日(土)金山緑地
※2019年1月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真:散在する落枝などを積載場所へ運び大きさに応じて剪定や切断、倒れた樹木は輪切りにしたものを積み上げました。大きな山が複数出来上がりました。

※写真:どの位ノコギリを使ったでしょうか?積載場所を何往復したでしょうか?少しずつですが森の中が整理されて行きました。

※写真:午後からは森の中央部で同じ作業を繰り返しました。年配の我々には衰え始めた力と忍耐力の必要な活動でしたが終了時間まで続けました。全域とはいきませんでしたが、今後の活動で更なる整備を進めていきます。お待ちください!

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!