★ 2017年6月2日「柳窪緑地保全地域(柳窪4丁目・5丁目)」での緑地保全ボランティア活動報告

東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

日時:6月2日(金) 9時~15時 天気:晴

今回は、恒例となった「(仮)柳窪 黒目川・周辺樹林をきれいにする会」として、緑地保全地域西側にある「黒目川越処橋特別緑地保全地区」で活動しました。同地区内には多くのマダケが生育していますが、全国的に蔓延している『テングス病』に侵されています。今日は、それらの対策として風通しを良くする目的で重篤な竹の間引きと整理作業を行いました。今後も、伐採と整備作業を進めていきますのでよろしくお願いします。
お手伝い頂ける方々の参加をお待ちしています。

以下に活動写真を掲載しましたのでご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。
※写真: 写真の中央部がテングス病に侵されたマダケの枝葉の状態。最良の処置法は皆伐と地面を覆っている枯れ葉ともに焼却とのことです。

今後も年間活動予定表に基づき、市内各地の雑木林保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しております下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔6月の活動予定〕 10日(土)と11日(日)環境フェスティバル出展、16日(金)南沢緑地、17日(土)午前/竹林公園、午後/向山樹林地、24日(土)柳窪ケヤキ森の広場、30日(金)歴環野火止
〔7月の活動予定〕 8日(土)歴環小山、14日(金)向山樹林地、15日(土)午前/歴環下里、午後/歴環野火止、22日(金)午前/氷川台緑地、午後/南沢苗圃、29日(土)歴環下里
7月以降の活動予定については、当ボランティアの基本情報を参照ください。

※写真: 写真中央部が散策路で左側が法面で黒目川右岸となります。その法面には多くのマダケが生育しており重篤な物を対象に伐採を始めたところです。

※写真: 先ずは根元からの伐採。勿論、やぶ蚊発生を防ぐため節の直上からの伐採や十文字割り、そして枝落とし、竹竿の2m長での切断などを申し合わせました。

※写真: 作業中には散策に訪れる方もおり、全員で声掛けして注意喚起しました。中には「ご苦労様です。」と声掛けしてくれる方もおり、何となく力をもらった気がしました。

※写真: 上から順番に①作業後の散策路沿い②目視できるようになった黒目川流路沿い③作業前の伐採竹の積載場所④作業後の積載場所
※当面置かれたままですが、東久留米市が撤去することになりますのでご容赦ください。

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、80代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!