★東久留米自然ふれあいボランティア 南沢緑地保全地域(苗圃地区)での活動報告 2015年8月22日

※『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の主に緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

場所:南沢緑地保全地域(苗圃地区) 8月22日 12時30分~15時 天気:晴

   今回の活動場所の南沢緑地保全地域は、東久留米市のほぼ中央部に位置しています。緑地内には南沢湧水群があり、日量1万トンもの湧水が清らかな流れを作り落合川本流へと注いでいます。多くの方が自然観察にやってくる場所です。今回は、同緑地の西側部分にあり、我々が『苗圃』と呼んでいる場所で活動しました。4か月ぶりの活動のため多くの植物がこれでもかというほど縦横無尽に繁茂していました。クズやヤブガラシなどの蔓性植物やオギ、セイタカアワダチソウ、コセンダングサなど、時間の許す限り草刈りしました。勿論、市内では珍しくなった「ゲンノショウコ」などは、白い可憐な花を咲かせており保護しました。

※今回の活動模様については、以下の活動写真をご覧ください。

⇒写真を左クリックすると大きな写真になります。

※写真: 緑地の入り口付近から見た活動現場です。多くの野草などが伸び放題で、踏込むための草刈りが必要なほど生長していました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけで も 結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。または、広報を担当しています下村(090-8567-6313)まで連絡してください。

〔8月の活動予定〕29日(土)氷川台緑地
〔9月の活動予定〕4日(金)小山緑地、12日(土)柳窪緑地、18日(金)柳窪ケヤキ森の広場、19日(土)竹林公園、26日(土)南沢緑地

※写真:皆さん高温多湿のせいもあり、悪戦苦闘しながら草刈り作業を進めました。結果、僅かずつですが整備されていくのが分かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※写真: 草刈りの中、「ゲンノショウコ」が白い可憐な花を咲かせていました。多くの個体があり、保護対象として残しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※写真:この写真の場所は湿潤な所にあり、イネ科の「オギ」と外来のヤマゴボウ科「ヨウシュヤマゴボウ」などが繁茂していました。今日の活動でほぼ刈り取る事ができました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真:通り沿いの「クズ」などの蔓性植物を駆除しているところです。また、ほぼ刈り取り作業を終えた倉庫前の状態です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※活動には特殊技術は不要です。緑地保全のために枯木の整理や草刈り、落ち葉掃きなどして頂ければ結構です。使用する道具も揃っており、現役世代や60代、70代、女性会員も活躍しています。東久留米市内の緑地保全に是非ご協力下さい!