★東久留米自然ふれあいボランティア 南町緑地保全地域 活動報告 H25年8月7日

『東久留米自然ふれあいボランティア』は、東久留米市内の緑地保全地域などの自然環境を保全するためのボランティア団体です。

南町緑地保全地域での活動報告

場所:南町緑地保全地域 8月7日(水) 9時~14時50分 天気:晴れ

今回は、南町緑地保全地域にて緑地の保全活動を行いました。昨日の夕刻から夜にかけて激しい雷雨がありましたが、その影響で樹齢40年ほどのコナラの木が幹の途中から折れ、散策路を塞ぐようにもたれ掛っていました。この木の撤去や緑地を薄暗くしていた樹木の剪定と整理作業を行いました。

※写真:昨日の天候の急変で幹の途中から折れた「コナラ」の木から枝を落として整理しているところです。幹の太さは約30cm長さも7、8mあり、幹を150cmほどに切り詰めて散策路から離れた場所へ目立たぬように積み上げました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 今後も、年間活動予定表に基づき市内各地の雑木林の保全活動を行っていきます。活動報告をご覧になった皆様!活動当日緑地へお出かけください。見学だけでも結構です、皆様のお声掛けをお待ちしております。

〔今後の活動予定〕8月10日(土)前沢緑地、21日(水)金山緑地、24日(土)夏季打ち合せと南沢苗圃、31日(土)氷川台緑地

※写真:折れた「コナラ」の整理作業は、1時間半程かかりました。理由は、緑地の景観に配慮して、現場に放置せず極力目立たない場所へ運び積み上げているためです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
※写真:その後も放置されていた沢山の伐採木や散策路そばに並べてあった枯損木の一部を移動させました。並べても目茶目茶になっていることが多いため、合わせて整理しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 ※写真:陽の光を求めて斜めに成長している樹木の伐採・棕櫚の木の伐採・民地へ越境している枝木や緑地を薄暗くしている枝木を剪定した結果、林床が明るくなり風通しも非常によくなりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東久留米市内の緑地保全に是非ご協力ください!