平成27年度災害啓発講演会「避難所を運営するということ~そのとき人は何を考え、何をするのか~」

避難所運営をテーマに、過去の災害から得た教訓、災害への備え、そこに必要な日頃からの住民主体の地域活動とは何かについて、様々な立場・視点から学びます。

◆日時 3月12日(土)午後1時半~4時半

◆会場 東久留米市民プラザホール (東久留米市本町3-3-1 東久留米市役所1階)

◆基調講演

 澤井 史郎氏  いわき市立湯本第二中学校 元校長

 

東日本大震災にて自身が校長をつとめる中学校が避難所となり、学校長でありながら避難所リーダーとして地域の人たちとともに「日本一の避難所づくり」を模索し、実践に取り組んだ。

◆市内実践事例報告

 ・前原 忠雄  東久留米市立第七小学校避難拠点運営連絡会 代表

  住民同士が協力して避難所運営できるよう、連絡会を組織。運営マニュアルを作成し、平成 27年11月その内容に沿った訓練を実施した。

 ・酒井 賢  東久留米市立第七小学校 校長

  市立第七小学校の校長として同避難拠点運営連絡会に参加。学校管理者の立場から、  想定される様々な課題について住民と丁寧な議論を重ねている。

 ・広瀬 新平 氏  西中学校を避難所とする地域連絡会 代表

   住民同士が協力して避難所運営できるよう、連絡会を組織。平成27年10月、市総合防災 訓練と同時開催で、避難所開設訓練を実施した。

◆コーディネーター

 小松 豊明  NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会

   2001年シャプラニール入職。ネパール事務所長やクラフトリンク(フェアトレード)、国内事業 等を担当。2011年3月から2012年8月まで、東日本大震災被災者支援活動のため福島県いわき市に駐在。2014年7月から現職。

◆対象者 地域防災に携わる方、興味のある方

◆参加申込み

 3月2日(水) 午後5時までに下記申し込み先へ 電話またはファックスで、お申込ください

 ※ファックス用 参加申込書付ご案内ちらしはこちら→27災害啓発講演会 チラシ(青)

 災害啓発講演会

◆定員 80人(事前申込制) ※市内在住、在勤優先

◆主催 東久留米市社会福祉協議会

◆共催 東久留米市

◆問い合わせ・申込み 地域福祉担当 電話042・475・0739

地域の防災力再発見!防災情報交換サロン

 

防災についてお互いの工夫を教え合いましょう。 

聞くだけでも大歓迎!興味・関心のある方、ぜひご参加ください。

 

 ▼内 容

  ・事例紹介 「住民と地域の社会福祉施設の協働による災害時の要援護者対策について」

    殿田 俊三 氏 (氷川台自治会 会長)

    苅部 一夫  氏 (社会福祉法人龍鳳 ライフパートナーこぶし 施設長)

  ・参加者同士の情報交換

  ▼日 時  平成28年3月7日(月) 午後1時半~午後4時

 ▼会 場  東久留米市役所 7階701会議室

 ▼定 員  40人

 ▼参加費  無料

 ▼対象者  自治会、自主防災組織、ボランティア、福祉施設、学校や防災関係者、
         地域防災に興味のある方

 ▼内 容  事例紹介、情報交換など

 ▼申込み  直接会場へお越しください
         来場者多数の場合、やむを得ず入場をお断りすることがございます。

 ▼主 催  東久留米市社会福祉協議会 ボランティアセンター

 ▼協 力  防災まちづくりの会・東久留米

 ▼会場協力 東久留米市環境安全部防災防犯課

 ご案内ちらしはこちら→ サロンのお知らせ チラシ 28.3.7
サロン 28.3.7