街の景観

無電柱化
無電柱化は、安全や防災、また、バリアフリー都市実現へ向けて
不可欠なもの、と同時に都市景観の改善へ大きな期待が持たれて
います。
昨年、東久留米駅からの「まろにえ富士見通り」から続く西側、
小金井街道へと続く道路が無電柱化され、街の景観が大きく変わ
りました。

無電柱化による景観の改善に期待感を持っていましたが、実際に視界から電柱や電線が消えた風景を見た時、予想以上の変化に驚きました。何か解らないモヤモヤしていたものが取り払われた様な、それは、景観の中に何も邪魔されずに空の広さを感じることが出来たことではないかと思います。この区間に高い建物が無かったことが景観への影響をより大きくしたのかもしれません。
<写真:今年3月24日に撮影 電柱・電線が無くなった風景>

もう一つ、この通りの無電柱化によって変わることへの期待がありました。

 

 

季節は少しさかのぼりますが、冬、この写真は2016年、東久留米駅富士見テラスからまろにえ富士見通りの向こうに望む富士山を撮影したものです。
富士見テラスは関東の富士見百景に選ばれ、多くの人が訪れます。

変ることへの期待、とはこの街から見る富士山のこと。

 

無電柱化と富士山
無電柱化で富士山の見え方がどう変わるか、気になっていました。場所は、まろにえ富士見通りを西に進んでところです。
<下の2枚の写真>
左:2016年末に撮影。
右:2018年1月に撮影。(無電柱化後の写真)

街を歩く多くの人がこの風景を目にすることが出来れば良いのに、と思うのですが、残念ながら歩道からは見にくいのが現状です。一年を通して見ることは出来ない富士山ですが、秋から冬、富士山を望むこの風景を「東久留米の風景」の一つとすることが出来ないだろうか? そんな思いが残ります。

景観の改善と富士山を望む風景、あらためて感じた無電柱化による景観の変化でした。

(市民レポーター:KAZUO)

 

 

東久留米 桜情報(3月31日)ヤマザクラ

東久留米市内もほぼ満開、お花見も明日(4月1日)まででしょうか。
今日は数少ないヤマザクラをご覧ください。

市内小山の「歴史環境保全地域」にひっそりと咲いています。
当サイトで情報発信を続ける「チョコボラ」の会員からの情報です。

東久留米 桜情報(3月30日)

暖かい日が続いて、例年より桜も息長く楽しめそうでしたが・・・。

昨夜からの強風は、市内各所で花びらを飛ばしてしまってはいないでしょうか?


                   (3月30日撮影) 南中学校

ちなみに同じ場所の
4日前(3月26日)は
こんな感じでした。

 

 

 

 

           上・左
     南部地域センター前
     (3月30日撮影)

東久留米 桜情報(3月28日)

夕方の黒目川周辺を歩いてみました

①大円寺前をスタ-ト

  ケヤキ、そろそろ新芽が見て取れます
  夕方5時ちょっと過ぎ

②遊歩道を下流に向かい西武線を少し過ぎたあたり

  夕方の光でほんのり暖かな雰囲気

③学芸大特別支援学校を左折

  グランドまわりには色んな桜が見れます

④氷川台に至る坂を上りきると

  グレゴリオ音楽研究所にいきつきます
  この鐘は夕方6時になりだす、「時の鐘」

⑤氷川台団地内

  途中鐘の音が鳴り響きます、6時を過ぎました  

⑥小山台遺跡公園に到着

  東久留米の街並みの一部が見渡せます
  桜と市庁舎がけっこう似合いです

⑦咲き誇る公園の桜の隙間から月が….

  もう辺りは薄暗くなってきました

⑧出発地点の大円寺に帰ってきました

  すっかり日も落ちて夕焼けがきれい
  明日も好天、花見日和!

1時間くらいのウオ-キングに満足!!

東久留米 桜情報(3月26日)

遊歩道の両側に桜が並んでいて、遊歩道沿いに住む方は
家に居ながらにして
お花見!
なんと贅沢でしょう。

   

滝山 つばき公園(通称ぞうさん公園)北遊歩道

(3月24日 撮影)

 

 

市内小・中学校の卒業式も終わり、市内各所の桜も満開になりました。
くるくるチャンネルの事務局がある西部地域センターの桜も満開です‼

西部地域センター

(3月26日 撮影)