楽しくおしゃべり・身近なもので可愛いアクセサリ作り~おしゃべりカフェ「アルゴ」

おしゃべりカフェ「アルゴ」は毎月第3日曜日午後1時半から午後3時半まで開催される。「どなたでも一緒に気軽に『おしゃべり』しませんか!」と、11月は第3日曜日の18日、15名の参加者を迎えて開催した。

おしゃべりカフェ「アルゴ」は、前田さん、猪野さん、樋沢さんの3人が後期高齢者の講習会後、何か役に立つことをしたい、と話していた時に地域包括センターの援助によりアルゴ弐番館の社長さんのご好意で部屋が借りられることになり、2017年7月から開催をした。以降、毎月第3日曜に開催し、今回で6回目。口コミや毎回入口に掲げる看板を見てなどで少しずつ参加者が増え、毎回平均約15名が来てくれるようになった。おいしいコーヒーやお茶を飲みお菓子をつまみながら楽しくおしゃべりをする。

 

また、身近にあるものを使っての手工芸を楽しむ。2時間はアッという間にすぎる。
マツボックリやカシの木のドングリが落ちた後の小枝を使って可愛いアクセサリー作りなども考えている、と、試作品づくりを披露してくれた。

 

前田さんたちは「できるだけ長く続けたい、そのためには若い後継者の育成が必要」、という。