東久留米CPR友の会

  • まちづくり・コミュニティ
  • 町会・自治会
  • 防犯・防災・みまもり
  • こども
  • 教育
  • シニアライフ
  • 健康
  • スポーツ
  • 芸術・文化・趣味
  • 環境
  • 福祉とサポート
  • NPO・ボランティア
  • 国際交流
  • 男女共同参画
  • 農業・商工業

平成8年2月上級救命講習修了者の同期生3名にて始め、最初は自分達の知識と技能のレベルアップが主で消防署の救命士さんから指導を受けながら一般市民にも講習会に参加してもらいましたが、平成10年に(財)日本船舶振興会から受けた助成金で人形を購入してからは、積極的に独自の普及活動を行い、本年(平成28年)3月末日現在8,891人以上の市民に心肺蘇生法の指導をして来ました。

 当会の目標は心肺蘇生法の普及が進んでいる米国の中でも最も普及していると言われているシアトル並みの普及率を目指して、東久留米市の人口の10%(12,000人)の人達に心肺蘇生法の指導をすることを目指しています。

この団体の活動やイベントを見てみよう!
団体名東久留米CPR友の会
団体名ふりがなひがしくるめしーぴーあーるとものかい
代表者氏名岸川 巖
代表者氏名ふりがなきしかわ いわお
連絡担当者氏名小山 典子
連絡担当者氏名ふりがなこやま のりこ
郵便番号203-0051
住所東京都東久留米市小山2-7-26
電話番号1042-471-1452
ファックス042-471-1452
設立年月日1996年4月4日
会員の年齢層50代 60代 70代
会員数合計 25名
会員の対象全般(応急手当に関心のある方)
主な活動地域市内全域
活動場所東久留米市内が中心
活動日不定期
活動時間帯不定期
入会金なし
会費あり 年額 1,500円
会員募集募集中
入会方法電話
ホームページhttp://blog.canpan.info/cprtomomokai/
活動目的と内容■活動目的■
 心肺蘇生法の一般市民への普及活動と友の会会員の技能と知識のレベルアップを図るため。

■活動内容など■
 ○行政からの依頼で一般市民へ応急手当の指導をしている。

 ○市内の各種団体から出前講座を依頼され、心肺蘇生法の指導をしている。
PRや実績●会員の練習日は年三回開催しています。

●友の会通信を年三回発行しています。B4版表裏カラー印刷。

●昨年一年間(平成23年度)の当会の出前講座受講者730名。
カテゴリー:NPO・ボランティア, まちづくり・コミュニティ, 登録団体情報
タグ:
くるくるチャンネル事務局

コメントは停止中です。

  • 東久留米ってどんなまち?
  • 特集
  • くるくるプレス
  • スタッフチャンネル
  • 登録団体募集
  • 市民レポーター募集
  • 登録団体・市民レポーター向けマニュアル

ページのトップへ戻る