「『がん』について学ぼう」1月25日

「身近な人が『がん』になったときに自分のできることを考えよう」

順天堂大学の樋野興夫先生をお迎えし、6年生の子どもたちが『がん』について学びます。

子どもたちは事前学習として、『がん』とはどういう病気なのか正しく知り、予防するためにはどうすればよいかまとめていました。
大切なのは、早期発見と予防。



樋野先生から、まず、『がん』についてのお話がありました。

正常細胞とがん細胞の診断はなんと30秒でするそうです。これにはみんなびっくり。

日本で一番かかっている『がん』は、大腸がん。でも、男性は前立腺がん、女性は乳がんと、性別によって違いがあります。
しかし、死亡率が一番高いのは肺がんなんだそうです。「禁煙をすれば3割がん患者が減りますよ」と先生。


『がん』にかかった人と向き合うために必要なことは二つ。

・手をさしのべ、よりそうこと
・会話ではなく、対話をすること
「会話は人を傷つけることがあるけれど、対話は心と心を通わせてするもの。」
「30分間同じ部屋で過ごしていても苦痛にならない関係を築くことが大切です。」
「同情や哀れみは苦痛になってしまう。バカになって、一生懸命生きる人になることで、周りをなぐさめることができ、相手のことを大切に思っていることが伝わります」

相手の心を和ませるためにはどういう顔をしているのかが重要だそうです。そのための一番良い方法は・・・

チャウチャウ犬になること。

誰もがにっこり頬笑んでしまうような、愛らしさを持つことで、病気になり辛い思いをしている人の心を穏やかにできるはず。

ここで、これまで伺ったお話や、事前学習で疑問に思ったことを子どもたちから樋野先生へ質問タイム!

「なぜタバコを吸うとがんになりやすいのですか?」
タバコの煙の中にある発がん性物質が体内に入ることでがん細胞ができます。

「昔はこんなにがんとか言われなかったのに、なぜ今は言われているのですか?」
100年前の平均寿命は40歳代。長生きするようになったことで、がんが発生することも多くなり、増加しているように見えてしまいます。80歳を超えると、二人に一人はがんにかかり、三人に一人は認知症にかかる、といわれます。

身近な人が『がん』にかかったら、どんなことができるのか、どうやって向き合っていくことが大切か、子どもたちも発表しました。
・不安な気持ちをなくしてあげる
・自分の気持ちを明るくして、相手も明るくなるようにしてあげる
・落ち込んでいる人に同情するのではなく、落ち着く空間を作ってあげる
・チャウチャウ犬になる

頑張らず、ありのままで接していくこと。その人の存在そのものが一番大切なものなので、一緒に考え、寄り添ってあげられるようになることが大切、とお話しいただきました。

最後に、貴重なお話をしていただいた樋野先生に大きな声で「ありがとうございました!」とご挨拶。

「怖い病気」と思っていた『がん』について考えていくことで、子どもたちも『がん』に対する心構えを学ぶことができたのではないでしょうか?

 

 

(写真は関係者の承諾を得て掲載しております)

 

「ユニカ-ルって….?」 神宝小学校での楽しくも珍しいスポ-ツ

10月20日は学校公開日、5・6年生が保護者と一緒にユニカ-ルを楽しみました。

神宝小は、2年後に控えたオリンピック、パラリンピック教育を推進してきましたが、今回は保護者とともに運動することの楽しさを体感しようというものです。

ユニカ-ルはそのためにはぴったりのスポ-ツなのです。

ユニカ-ルは、冬期オリンピックでおなじみとなったカ-リングとよく似たスポ-ツですが、冬期に限らずいつでも、老若男女だれでも楽しめるようにと、約40年前にスエ-デンで考えられ、日本にもすぐに伝わりました
約10年前に「東久留米市ユニ-カ-ル協会」が発足しました。

今日は、同協会の協力を得て行われます。

 

5年生集合‼
まずは5年生50数名、が保護者と3人1チ-ムを作り1チ-ム毎対抗戦スタイル行われます

協会のかたによる全体説明を受けることからスタ-トです。

注意点は二つ「投げる人の後ろには絶対にいかないこと」
スト-ン(スエーデンの国旗の色です)はプラスチック製なのですが、3Kgもあり危険!
「レーンには乗らないこと」ワックスの効きが悪くなります

 

 

最初からこんなにきれいなフォ-ムでは..ちょっと無理ですが….「試投」に歓声があがります

足腰の安定もだいじです、準備体操をしましょう

 

 

次は、どのように勝ち負けを決めるのか?
1チ-ム全員が交互に投げ終わって、サ-クルの中心点より一番近いスト-ンのチ-ムの勝ち
だから相手チ-ムのスト-ンをサ-クルからはじき出したり、手前で妨害したり…と、戦略が大切なのです。カーリングと似てますね。

 

協会の皆さんが付き添ってアドバイスしてくれます。まずはサークルめがけて投げてみることです

 

   

ということで5レ-ン一斉にスタ-トしました!

 

   

「30分もすれば興奮モードになってきますよ!」
との“予言”通り、試合モード!興奮のシ-ンが所々で見られました。

 

   アドバイスが入いりました! その通り投げられたかな?
「ヤッタ-」!!アドバイスが生きたのですね
逆転した模様です。歓声!!

 

 

どうです!?このフォ-ム!!

「狙いの方向に目を向けること、投げ終わっても手も狙いに向けフォロ-スル-はしっかり」
…..その通りの美しいフォ-ムですねえ

 

  

予定の時間もアッという間に過ぎました、はじめは不安だったりぎこちなかったりでしたが、児童・保護者一体となった50分でした

このあと引き続いて6年生も同じように保護者と一緒に楽しみました

 

ご協力ご指導いただいた「東久留米市ユニ-カ-ル協会」の皆さんは
昨年度関東大会で優勝したそうです(1都8県100チ-ム参加)
毎週水曜日の午前、下里の青少年センタ-で練習をしています、関心を持たれた方は
参加されては如何でしょうか?

 

 

写真は関係者の了解を得て掲載しています

神宝小1・2年生と特別支援学級のみんなが、 けやき座人形劇「まんまるパン」を楽しみました

昨年 神宝小学校で行われたけやき座の人形劇が今年もやってきました!今回もくるくるチャンネルが取材させていただきました。

神宝小1・2年生と特別支援学級のみんな約120名が、けやき座による人形劇『まんまるパン』を楽しみました。

2年生は昨年に続いて2回目のけやき座鑑賞となるのかな?
昨年の『ともだちや』と変わり、今回は『まんまるパン』。おいしいお話なのかな?
いったい、どんなお話だったのでしょう・・・。

 

始まりは、おじいさんとおばあさんの家。

おばあさんがおじいさんのために焼いたまるパン。

 

 

 

好奇心の強いまるパンは、どこか広い世界へと旅に出ます。

 

 

 

 

まるパンワ-イ!広いなあ

 

最初にであったうさぎにつかまえられそうになりますが、上手ににげます。


おおかみがあらわれ
おれ様の昼飯になれ
とせまります。

♪ まるパン まるパン まんまるパン こんがりおいしい まんまるパン ♪

歌いながらするりと逃げました。

 

おまえうまそうだなあ
今度はくま

まるパンはドングリを与えたすきにくまを小ばかにして逃げます。

♪ アハハハハ ウフフフフ
かしこいえらい まんまるパン ♪

見ている子どもたちから、大きな拍手が起きます!

 

フン フンなんだか良いにおい
 

ずるそうなきつねがあらわれました。

まるパンは「ねえ、みんな、ぼくって頭良いだろう、だってみ-んなから逃げてきちゃったもん」

きつねのおだてにのってきつねの鼻先で歌をうたう まんまるパン。
♪ アハハハハ ウフフフフ
かしこいえらい まんまるパン ♪


でもでも
かしこいのは わたくしよ

ときつねに食べられてしまいました。

 

みんな興奮しっぱなしでしたが、
最後はシ-ンと静まり返りました。

最後にけやき座桜井代表から、ごあいさつです。

「まあなんとにくったらしいきつねですね!
まるパンかわいそうだけど、
どうして食べられてしまったのかな?
チョット調子に乗りすぎたってことかな?」

 

子どもたちは、それぞれに理由を考え納得したのではないでしょうか。

けやき座の皆さんにお礼をかねて、♪ エ-デルワイス ♪を
大合唱しました。

そして今日の出演メンバ-の、まるパン、おじいさん、おばあさん、うさぎ、おおかみ、くまそしてきつねが勢ぞろい!
「握手会」でもりあがりました。

 

 

   (写真は、関係者の了解を得て掲載しています)

神宝小 国際交流『ミニ大使館へようこそ』

11月24日、神宝小学校に5か国11名の
外国の人が来てくれました!

神宝小学校の3年生のみんながたくさんの外国の人たちと交流できるように、『東久留米国際友好クラブ』が5か国11名もの外国の人を連れてきてくれました。その様子を取材しに、くるくるチャンネルもおじゃましました!

一緒に給食を食べて、そのあと5か国の『ミニ大使館』をめぐりました。
順を追ってみてみましょう!

 

まずは、ごあいさつとみなさんの自己紹介

3年生のみんなとご対面。
「よろしくお願いします!」
とっても大きな声であいさつができました。

外国の人たちの自己紹介です。
アメリカの人が2人
ベトナムの人が4人
韓国の人が2人
インドの人が2人
                     ネパールの人が1人。
子どもたちが用意した名札をプレゼント。
3年生を代表して女の子が日本語と英語でもごあいさつ。英語がとっても上手で
外国のみなさんもびっくりしていました。

 

一緒に給食を食べました

子どもたちは給食の準備ができると、自分の班で一緒に食べる人を名札で確認しながらエスコート。

今日は『和食の日』メニュー。
ごはん
のりのつくだ煮
サバの文化干し
青菜の土佐あえ
すまし汁・みかん・牛乳

外国の人たちはお箸をうまく使って食べていました。和食はお口にあったかな?
給食中もみんなといろんな話をしていました。ネパールでは給食はなくて、お昼は家に帰って食べてくるのだとか。国によって、給食もいろいろです。

 

昼休みのうちに、体育館には『ミニ大使館』ができて・・・
さあ『ミニ大使館へようこそ』!

子どもたちがグループに分かれて、5か国の『ミニ大使館』をめぐります。外国の人たちはどのグループにも同じ説明をしてくれます。

韓国
『おはようございます・
こんにちは・こんばんは』
のあいさつは、
안녕하세요
アンニョンハセヨ

キムさんのお子さんが通っている、東京にある韓国の学校の様子や、韓国の代表的な食事をみせてくれました。
世界地図で韓国は・・・日本のすぐ近くだね。
この冬に開かれるピョンチャン(平昌)オリンピックも韓国だよ。

インド
インドではたくさんの言語があって、国の言葉はヒンドゥー語。『おはよう・こんにちは・さようなら。(いつでもどこでも使える)』のあいさつは、
नमस्ते ナマステ

インドと言えば「カレー」。
たくさんのスパイスと豆を用意して見せてくれました。
インドではたくさんのお祭りもあって、中でも8月15日の独立記念日が一番大きいお祭りなんだそう。使われているお金にはどれもガンジーの肖像画があるね。

ベトナム
『おはよう・こんにちは・こんばんは』のあいさつは、
xin chao シンチャオ

世界地図でベトナムの場所はわかるかな?
タツノオトシゴみたいな形!
ベトナムの民族衣装『アオザイ』を来て迎えてくれます。

ベトナムも主食はごはん。ベトナムを代表する調味料『ニョクマム』のにおいをかがせてもらいました。「!?これ、飲むの?!」と質問。「日本のお醤油みたいなものだから、飲んだりはしないかな。みんなもお醤油は飲まないでしょう?」
ベトナムの小学生はみんな制服。紺か黒のズボンかスカート・白いシャツ・赤いスカーフが決まりなんだって。

ネパール
『おはようございます、こんにちは、こんばんは』のあいさつは、
namaste ナマステ

ネパールの場所って世界地図のどこかな・・・? むずかしい!
エベレストなら知ってる?エベレストは英語。じゃあ、ネパール語では・・・
サガルマータ
今日帰ったらおうちの人に教えてね。
ネパールの国旗は特徴的。四角じゃない国旗は世界でもネパールだけなんだって!

 


アメリカ
アメリカのあいさつなら、みんなもよく知ってるよね?
Hello. こんにちわ

場所はだいたいわかるかな?
広さ(面積)は日本の約25倍もあるんだって!
50の州がある。日本には47都道府県があるけど、それよりもっと1つ1つの州は国に近い感じ。
「アメリカの一番景色のいいところは?」の質問に、「ロッキーマウンテン・スモーキーマウンテン・イエローストーン(国立公園)・グランドキャニオンかな」とマサチューセッツ州出身のロベルタさん。「ナイアガラの滝が見た中では一番の景色」とミーズリー州出身のダビデさん。行ったことのない場所がまだまだたくさんあるって。

説明を聞いたら『ミニ大使館』で『パスポート』にスタンプを押してもらいます。

 

ありがとう、さようなら

今日のお礼に『神剛(かみがた)』という演舞を披露しました。
黄色の衣装と黒いハチマキ、手には鳴り物を持っています。

威勢のいいかけ声に、外国のみなさんも拍手を送ってくれました。


最後はアーチを作って送りました。

外国の人たちなのに日本語が上手なので神宝小のみんなとたくさんお話してくれましたね!
みんなもいろんな国も言葉や文化をもっと知ると、もっと外国の人たちのことがわかって、もっと仲良くなれるよね。


みなさん、神宝小に来てくれてありがとうございました!


(写真は関係者の承諾を得て掲載しています)

 

“ともだちいりませんか?” 人形劇に興奮・・そして納得

11月26日神宝小学校の1・2年生約100人が「けやき座」の人形劇“ともだちや”を楽しみました。

今かいまかとまっていた“けやき座劇場”にいよいよ入場です。
舞台の大きさにみんなもビックリ!!

今日のだし物の“ともだちや”って・・・?

「えー、ともだちやです。ともだちは いりませんか」
森に住むキツネは、「ともだちや」を始めることにしました。
友だちがほしくてさびしい人に、「1時間100円」で友だちになってあげるのです。
果たして、お客さんはいるのでしょうか……?

 

森の中で、クマさんやイノシシさんが友達を求めて現れました。

更にきつねは、

「さびしい ひとは いませんか。
ともだち いちじかん ひゃくえん。
ともだち にじかん にひゃくえん」

「おいキツネ」
・・・現れたのは、なんとオオカミです。

サッカ-で遊び、つぎはトランプです。

「ばば抜き」ゲームが始まると会場の雰囲気が一変!
約100人の児童たちはキツネへの大声援に。

総立ち!耳をつんざくばかりの大声援です。
トランプが終わるとキツネはお代をもらおうと手を出しました。
するとオオカミは怖い顔で・・・

「おまえは、ともだちから かねを とるのか。
それが ほんとうの ともだちか」

オオカミが

「『友達屋』なんか呼んだのではない!」

というと、キツネはびっくり。

「・・・それじゃ、明日も来ていいの?」

と聞くキツネに、

「もちろん!!明後日もな」

と答えるオオカミ。
キツネとオオカミ、本当の“ともだち”になったのですね!

 

きっとみんなも納得したことでしょう。ともだちって素晴らしいよね!


熱演後のけやき座の皆さんも大声援をうけて満足そう、今日活躍の動物たちも勢ぞろいし、なんとも和やかな会場となりました。


最後に1・2年生全員で「ともだち賛歌」の大合唱が響きました。

♪世界のともだちあつまれば何にもこわがることはない、
みんなみんな集まれみんなで歌え♪

今日は、みんなみーんな、「ともだち」です!

 

(写真は、関係者の許可を得て掲載しています)