JAL指導員による「折り紙ヒコ-キ教室」~大門中地区青少協主催~

1月26日第二小学校体育館にたくさんのヒコ-キが飛びました!

 

大門中学校地区青少年健全育成協議会(青少協)主催、「折り紙ヒコーキ教室」です。

「紙ヒコーキ~?」と思ったあなた。
侮(あなど)るなかれ。
JAL(日本航空)指導員による『空育』(そらいく)です!

どんな内容なのでしょう?
くるくるチャンネルが取材させていただきました。

 

竹内青少協会長は
「ヒコ-キつくって飛ばしましょう。
残念ながらインフルエンザで来られなかったお友達に教えてあげてください。」
とあいさつされました。

270名の参加予定でしたが今日集まったのは220名ほど、第二小学校、神宝小学校の児童と保護者、地域の人たちです。

 

JALには、折り紙ヒコ-キ協会認定の指導員が1600名いるそうです。
今日は6名が指導にあたってくれます。
いろんな制服があるんですね。カッコイイ!!

搭乗乗務員、整備員、飛行機誘導担当や企画管理など日ごろジェット機運航に直接・間接にかかわっている人たちです。
この中に二小卒業生の人もいると知って一気に親しみがわきます。盛り上がりの気配です。

今日作って飛ばすヒコ-キは「イカヒコ-キ」です。
JALマークの入った折り紙。よく飛びそうですね。

 

配られた折り紙と指導員の説明を見比べながら、ちょっと緊張気味です。

「空港の作業では必ず手を上げて確認し合うんです、空港では色んな音がありますから安全の確認のためです」

早速みんなも手を上げて確認です。

 

「一枚の紙を使って、切らない、貼らないでよく飛ぶ折り紙ヒコ-キをつくりますよ」

指導員の皆さんから教えられ隣のみんなとも話し合い、作業は順調に進んでいます。

 

イカにそっくりのヒコ-キが出来上がってきましたねぇ。

 

もうみんなは早く飛ばしてみたい!

「まだだよ!
 まだですよ!
 まだだよ!
 合図に合わせてだよ!」

 

 

 

グル-プごとに….
「3! 2! 1! GO!」


体育館は、大きな歓声につつまれてヒコ-キが飛び交いました。


子どもたちに負けてはいれらません。
保護者の皆さんも一斉に

「GO!」

 

 

もう予定の90分が過ぎてしまいました。
今日作って飛ばした「愛機」を誇らしげにもって勢ぞろいです。

最後に全員でのヒコ-キ飛ばしです。
「3! 2! 1! GO!」

 

JALのみなさん、
ありがとうございました。

JALでは「空育」(そらいく)と称して親子や友達どうしでコミュニケ-ションをはかりながら、日本の伝統文化の折り紙ヒコ-キの楽しさを伝えています。
日本、世界の各地で。

青少協の地域イベントにピッタリですね。

 

「私もヒコ-キに乗って遠くに行きたくなりました!」

 

青少協の皆様もお疲れさまでした。

 

 

(写真は関係者の許可を得て掲載しています)

二小セーフティー教室は「不審者対応」がテーマです(9月15日)

近年、子どもたちが被害にあう痛ましい事故が増えているように思えます。

まず最初に、田無警察少年課の御澤さんが3年生に「イカのおすし」を紹介してくれました。

イカのおすし」とは、

イカない

らない

お声で叫ぶ

ぐににげる

らせる 


です。

東久留米では、連れ去り事件はおきてはいないものの、不審者による「声かけ」事案が多発しているそうです。「イカのおすし」はそれに対する予防、対応をわかりやすくまとめた標語です。

 

お父さん、お母さんはいつも子どもの安全を願っていますが、いつも一緒ではない。
学校に行っても先生はいつもボディガ-ドできるわけでもないですね。

そこで大事なことは、「自分の生命は自分でまもる」ことです。

 


街中で見知らぬ人が近づいてきて道を聞いてくるとしましょう。
 

まず気を付けてほしいこと、自分の名前は言わない!
その人との距離を保つこと、何があってもついて「イカない」。

車にのることを言われても絶対に「らない」。

更に大切なことは、常に周囲様子に気をつける、左右、後ろをよく聞く、よく見る。
(最近よく見かける「歩きスマホ」みたいのはダメだよね!!)


そして救いを求めて「お声で叫ぶ」、
つかまらないように体を沈めて「ぐににげる」。

そして、近くの人に「らせる」のです。

 

日ごろから危険と思われる場所、「空地、空き家や駐車場」には近づかないことが大切です。
そこは、大人の目が届きにくく犯罪が起きやすい「危険な場所」だからです。

 

最近は家にはだれもいない家庭が多いので、玄関の鍵を開けるときは左右、後ろをよく見てからにしましょう。そして必ず大きな声で「ただいま!」というのですね。

 

皆んな十分に理解したようです!

でももう一度!「自分の生命はなんとしても自分でまもる」ですね!!

そして「いかのおすし」ですね!!

きっと皆んなの頭に残っていくに違いない!

最後に保護者の皆さんにも、
「休日には家族一緒に近所や登下校道を散歩してみてください」
そして
「危険な場所を見つけあい、話し合ってください」

 

 

写真は関係者の了解を得て掲載しています

 

 

 

5年生が着衣泳を体験!(おまけ「知ってた⁈ 二小の校庭には…」)

猛暑酷暑という言葉を聞かない日はないこの夏。
二小の5年生が着衣泳の体験をする授業を【くるくるチャンネル】が取材に行きました。

 

7月13日(金)
プールサイドの気温38℃!
水温29℃。

水泳には申し分ない暑さです。

 

 

『着衣泳』・・・聞きなれない人もいるかもしれません。
でも漢字を見れば一目瞭然。
衣服を着たまま泳いだり、浮いたりすることです。

なんでわざわざ服を来て水泳の授業??
夏休みは、プールはもちろん海・川へ遊びに行く人も多いでしょう。
水辺での事故はいつも水着を着ている時とは限りませんよね。
そうした思いがけない事故への対処法を体験することが目的です。
全国的に実施させるようになったのは、10年位前からだそうです。


まずはいつもの水泳の授業の手順で
かけ声元気にシャワーを浴びます。

「あしーー!
1,2,3,4,5!」
「こしーー!
1,2,3,4,5!」
「せなかーーー!
1,2,3,4,5!」
「おなかーー!
1,2,3,4,5!」
「あたまーー!
1,2,3,4,5!」
「むねーー!
1,2,3,4,5!」 
 これなら洗い忘れもありませんね。

次は水に入る「水慣れ」
先生の号令に合わせてキビキビと行動する姿は感心しました。さすがは5年生!
「1!」→ プールサイドに1歩出ます。
「2!」→ プールサイドに腰かけて、水を浴びます。
「3!」→ プールに入って、肩まで水に浸かります。

二小オリジナル 水の中で行う準備体操

ノリのいい音楽に合わせて体を動かします。それでも列をきちんと保っています。

手を大きく勢いよく動かす動作では、一斉に水しぶきが上がって演技をしているように揃っていましたよ。

 

さて、着衣泳の前に・・・
今日 着衣泳を体験するにあたって、ペットボトルとビニール袋(レジ袋)を
用意してきました。
ホントにこんなもので浮けるのでしょうか?試してみます。
 

助けを待つ側と、助ける側に別れます。
ペットボトルもビニール袋もそのままでは軽いので、狙ったところへ投げられません。どうする?
少量の水や、少量の砂を入れて投げればいいのです。
あればひもやロープをつけて投げ入れたら、よりいいです。

そして海や川では波や水の流れ・風で、投げたペットボトルなどが流されることも
計算に入れて投げ入れることが大事です。

さあ、浮けるかな?

みんな後頭部にペットボトルをつけて顔が水上に出るように仰向けに浮いたり、胸に抱えてみます。

泳ぐための浮き具ではありません。

助けを待つのにいい姿勢は、ペットボトルを胸にかかえてラッコのように背浮きする!長く浮いて救助を待つための浮き具です。

 

さあ、着衣泳の体験です。
水着の上から、長袖の上着長ズボン靴下きれいに洗った靴を身につけます。そして水に入ります。

 
いつもと違う感覚に大興奮! 「全然泳げない!」という声が聞こえてきます。

じゃあ、まずは何も持たずに浮いてみよう!
助けが来るまでに、5分はかかるかなぁ。それまで浮いていられるかな?
ランドセルや靴も浮き具になるそうです。

服を着たまま泳げるのかな?プールの短辺を泳いでみます。
もっと全然泳げないかと思っていましたが、みんななかなかスムーズに泳いでいるように見えますが…。
とにかく服が重たくて、思うように体を動かせないのだそう。

先生が聞きます。「一番泳ぎやすかったのは?」
(子どもたち)「平泳ぎ!」

ペットボトルやビニール袋を使ってみよう。
 

最後は全員でビニール袋を使って3分浮けるか挑戦。
もし、ビニール袋に空気があまり入っていなくても
袋の口を水につけてテルテル坊主のようにすれば空気が入るよ、と先生。


ビニール袋で浮けるものなのか?と半信半疑でしたが、みんな上手く口を結んで浮き具として使っています。無駄にバタつかないで、一番楽な姿勢で救助を待つ体勢がとれています。

着衣泳を経験していても、本当におぼれてしまった時はパニックになってしまうでしょう。
今日の体験を思い出せるかもわかりません。

でも、経験したことがあるのと全く経験したことがないのとでは違うはず。
事故に遭わないことが一番ですが、それに備えた経験ができた貴重な授業でした。

 

 写真は学校の了解を得て掲載しています

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

おまけ「知ってた⁈ 二小の校庭には…」

 

 東久留米市では、東久留米の宝とも言える木々を「東久留米の名木百選」としています。その名木100本に選ばれた木が、二小には2本もあるのを知っていますか?

 

NO.23  ケヤキ  第二小学校体育館前(宇宙ケヤキ)

宇宙ケヤキとは、平成20年にスペースシャトル「ディスカバリー号」で宇宙を旅したケヤキの種から育てられた苗木。
二小の開校50周年記念として平成23年2月17日に宇宙ケヤキ植樹式で植えられました。

 

NO.89  メタセコイア  第二小学校西側

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、左の写真の下にチラリと写っているのが
二小の体育館の屋根です。高さを想像してもらえるでしょうか。
とにかく高い木なので、二小のシンボルツリーと言えます。

 

 

めざせ!!♪~歌声響く♪~第二小学校 音楽朝会

第二小学校では、月ごとの行事として
「今月の歌」に取り組んでいます。

6月は、朝会で全校児童が ♪ 南風にのって ♪ という曲を
大合唱しました。

 

  ♪  南風にのって  ♪         作詞作曲: 若松 歓

  ぼくの想いが 風に乗って

  君の街まで 届いたらいいな

  君の願いも 雲に乗って

  あの海のかなたに 飛んでいくでしょう

  どこまでも どこまでも

  追いかけてみたいよね

  いつだって忘れない 君と感じた南風

 

それぞれの学年の歌を聞き合いながら、声を合わせて歌いました。

夏らしい、さわやかで素敵な歌声が、体育館に響き渡りました。

 

7月の音楽朝会は、♪ すてきな友達 ♪ です。

音楽の授業やクラスの時間を使って練習をしていきます。

学校中に素敵で明るい歌声が響きますね。
そして児童の家庭の中にも!!

 

写真は学校の了解を得て掲載しています

クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン(CAJ)との交流

2月9日の午後、東久留米市立第ニ小学校のお隣りにあるクリスチャン・アカデミ-・イン・ジャパン(インターナショナルスクール、以下CAJ)の生徒約30名が訪問してきました。

迎えるニ小児童は5年生の約100名です。

 

お友達がやって来ました!

昨年秋、ニ小の児童がCAJを訪問したことがキッカケで生まれた交流なのです!

 

 

まずは体育館に集合。
「今日は全力で楽しんでください!!」

元気よい宣誓で、交流会が始まりました。

 

体育館、視聴覚室、各クラスル-ムで、日本の遊びを楽しみます。

カルタ取り、コマまわし、けん玉、坊主めくり、紙飛行機つくり、折り紙、めんこ、ビュンビュンごま…
 
白熱するカルタ取り。
 


コマまわし。

こちらはけん玉コーナー。

 坊主めくり。折り紙。  それから、ビュンビュンごま。

 

これは、めんこ。
 
 

盛り沢山の遊びの用意に、
児童たちのおもてなしの「心意気」が伝わります。

 

最後にまた体育館に集合。
いろんな遊びで交流してきましたから、もうみんな友達です。
挨拶のたびに、歓声があがります。

全員で一斉に「SEE YOU AGAIN!!!」
体育館に響きわたりました。

歓声につつまれて、お見送りです。
 

CAJとニ小の校門は道を挟んで真向かい。
これからは挨拶も会話も弾みますよね。

 

 

(写真は関係者の了承を得て掲載しています。)

『くるめ産給食の日』市長さんたちと一緒に給食を楽しみました

『くるめ産給食の日』って知ってる?


東久留米市内でとれた野菜を使ったメニューの給食『くるめ産給食の日』は、市内の小学校全校で同じメニューの給食を食べます。

今年の『くるめ産給食の日』は12月15日でした。

そしてこの日、東久留米の並木市長さんたちが「くるめ産給食」を子どもたちと楽しむために、二小へ来てくれました。市長さんのほかに、教育関係・農業関係の方たち(市の学校のことや農業のことに関するお仕事をしている人)も来てくれました。6年生と一緒に給食を食べました。

二小の『くるめ産給食の日』の様子を【くるくるチャンネル】がお伝えします。

 

まず、案内役の6年生がゲストを迎えに来ました。緊張するよね~。

6年生の各クラスへ案内して、ゲストの紹介が済んだら
みんなが作ったランチョンマットと席札を用意した席へ。

給食のメニューの説明を聞きます。

にんじんごはん 
魚の塩こうじ揚げ
煮ぃだんご 
ごまあえ 
みかん
牛乳

市長さんが説明を聞きながら、一品一品を指さししている様子がおもしろくて、みんなの緊張が一気にほぐれたみたい。

印のメニューに、東久留米でとれた にんじん・白菜・小松菜・大根・ほうれん草・さといも・長ねぎ・柳久保小麦が使われているって。
たくさんの野菜が東久留米にはあるんだね。

この柳久保小麦

「やなぎくぼ」って漢字はちょっと違うけど、東久留米市の地名「柳窪」と同じだね。『幻の小麦』なんだって。

給食の時間中に栄養士の先生が各クラスをまわって、柳久保小麦の実物を見せて説明してくれました。普通の小麦より高さがあって、育てるのが難しいそうです。

 

 

給食を食べながら、ゲストのみなさんからお話を聞いたり

「お給料はいくらですか?」と
びっくり!な質問が出たり。
なんていう答えが返ってきたのでしょうね?

おかわりジャンケンも白熱!! 魚料理をジャンケンで争うなんて、お母さんが見たらきっとうれしく思うでしょうね。
最初はみんな緊張していたけれど、「くるめ産給食」を囲んでおいしく楽しい時間になっていました。

 

最後のごあいさつの時に、ゲストの方に「幸福論」をお話してもらうクラスもありました。

 

 


いろいろな種類のおいしい農作物が東久留米でとれて、
とれたてをすぐに私たちが食べられること。
これも幸せってことですね。

 

【6年生のおもてなし スナップショット】
みんなが考えたおもてなしの気持ちで、ゲストが喜んでもらえると嬉しいですね。


黒板には歓迎の言葉や二小の紹介が盛りだくさん。
事前に用意した「東久留米の未来」について市長たちへ立派に説明する姿も。

 

歓迎の気持ちがバーーン!と届く、
一目でゲストがうれしくなる黒板になっていました。

 

 
12月なのでクリスマス感のあるランチョンマットと席札。
持ち帰ってくれたゲストの方もいましたね。
クラスにとっての宝物をお見せして、「わたしたちはこんなクラスです!」と伝えたクラスもありました。クラスの気持ちがいっぱい詰まっていました。

 

写真は関係者の了承を得て掲載しています

2小での「しめ飾りづくり」盛況でした ~素敵な新年を迎えるために~

12月9日、大門中地区青少年健全育成協議会(青少協)主催のしめ縄づくりに
地域の2小・神宝小の児童中心に300名超が参加しました

竹内青少協会長の話で、

  • しめ縄は新年の神様「歳神さま」をおむかえする目しるし
  • 12月13日から1月7日まで飾るのが習わし
  • 12月29日は「二重苦」のため、また12月31日も「一夜飾り」でさける

など、わかりました。


 

「松」には、神様がやどります
「南天」は“難を転ずる”おまじない
「扇」は、末広がりの「吉兆」ですね

 

作業は進みます。真剣にまた楽しそうに

お父さんの奮闘が目立ちます。
「すっかりハマッテしまいました」満面の笑顔でした。

  

いろんなアイデア浮かんでいるようです。

 

どうです!!素晴らしい作品ぞろいですね。

大門中地区に訪れる「歳神さま」はどちらに入ろうか迷ってしまうのでは?
きっとみんなの家に素敵な「歳神さま」が来ますよ!!

 

最後にそれぞれ工夫した部分などを発表しあいました。

 

11月末には、地域の大人や子供、総勢500名が参加し、各地区に分かれて地域を清掃し、大門中に戻ってごみを分別し、トン汁をみんなで楽しみながら交流しました。
今年で30回目だったそうです。

また今回のような文化活動としては、『おんがく会』『もちつき大会』『東久留米の伝統芸能まつり』『みんなで大きな宇宙の絵を描こう!』などなど盛りだくさんです、また機会を見つけてご紹介したいですね。

 

(写真は関係者のご了解を得て掲載しています)

第二小学校避難防災訓練

6月4日(日)、第二小学校体育館と運動場を中心に「避難防災訓練」が行われました。

今年で6回目。参加者の数、内容とも充実し綿密な「避難所運営」が図られています。
今回は初めて2020年オリンピック・パラリンピックの気運醸成コーナ-も設けられました。


《二小学区内、全12自治会が参加》

《若い世代の参加も目立ちました》


《「避難所運営マニュアル」講習》

 

東久留米市防災防犯課による「避難所運営マニュアル」講習も行われました。
避難所では、常に同じメンバ-とは限りません。二小は駅からも近く、帰宅困難者も含めて避難者を受け入れる可能性を考えれば、常にマニュアルの最新化と周知徹底が大切です。素晴らしい連携のとれた当地域の活動が、市内全域に益々広がっていくこと期待大です!

《ボランティアグル-プの多様な活動》

《自治会の活動》
炊き出し・配膳訓練では、トン汁・アルファ-米を試食しました。
また、ピュアウオ-タ-試飲も行いました。

《消防署・団員の活動》

《避難所での精神的ケア「和(なごみ)」》


♪駅から見える冨士山、落合川、黒目川..東久留米で生まれ、育ち、出会い、親となり…今を生きる私・・・♪

南沢在住のNAGOMIさんの「愛するこのまちで」が文字通りなごやかな雰囲気にしてくれました。

 

《オリンピック・パラリンピック気運を高めよう》

1964年東京オリンピックの聖火ランナ-として国立~西国分寺区間を先頭で走った大学野球の名選手だった坂本和弥さん。「大勢の仲間と二小グランドで猛練習をして臨んだ。2020年はぜひ東久留米市内を走ってほしい」。一緒に練習した岡野功さんは柔道でゴールドメダリスト!

2020年東京オリンピックを目指し、日本陸上連盟オリンピック育成競技者に指定された二小卒業生(2013年卒)の小山田芙由子さんは砲丸投げの選手です。みんなで応援しましょう!

 

いつ襲ってくるかも知れない災害への対策には、繰り返し繰り返しの訓練が有効です。
それによって育まれた地域の絆も、被害を小さくしてくれるはずです。
そしてもう一つ大切なことは、自分で最低限の「備蓄」を常に確保しておくこと
いつもどこでも言われることが、防災訓練に参加して改めて実感します。

 

(写真は、関係者の了解を得て掲載しています)