クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン(CAJ)との交流

2月9日の午後、東久留米市立第ニ小学校のお隣りにあるクリスチャン・アカデミ-・イン・ジャパン(インターナショナルスクール、以下CAJ)の生徒約30名が訪問してきました。

迎えるニ小児童は5年生の約100名です。

 

お友達がやって来ました!

昨年秋、ニ小の児童がCAJを訪問したことがキッカケで生まれた交流なのです!

 

 

まずは体育館に集合。
「今日は全力で楽しんでください!!」

元気よい宣誓で、交流会が始まりました。

 

体育館、視聴覚室、各クラスル-ムで、日本の遊びを楽しみます。

カルタ取り、コマまわし、けん玉、坊主めくり、紙飛行機つくり、折り紙、めんこ、ビュンビュンごま…
 
白熱するカルタ取り。
 


コマまわし。

こちらはけん玉コーナー。

 坊主めくり。折り紙。  それから、ビュンビュンごま。

 

これは、めんこ。
 
 

盛り沢山の遊びの用意に、
児童たちのおもてなしの「心意気」が伝わります。

 

最後にまた体育館に集合。
いろんな遊びで交流してきましたから、もうみんな友達です。
挨拶のたびに、歓声があがります。

全員で一斉に「SEE YOU AGAIN!!!」
体育館に響きわたりました。

歓声につつまれて、お見送りです。
 

CAJとニ小の校門は道を挟んで真向かい。
これからは挨拶も会話も弾みますよね。

 

 

(写真は関係者の了承を得て掲載しています。)