「土星博士」めざそう!!~「環のある景色、土星のあれこれ」~

10月18日東中で東中地区青少年健全育成協議会(青少協)主催の「天文教室」に、くるくるは今年も取材をさせていただきました。


東中は、都内でも珍しい天文観測ド-ムをもっていますから、土星博士をめざす恰好の場です!

近隣地区の小学生4・5・6年生と中学生が対象、保護者も大勢集まりました。
 
講師は、多摩六都科学館の柴崎勝利先生、天文観測は東中天文部のみなさんの協力で行われます。

実は今日の天気予報は、雨または曇りでしたが、見事に外れて薄暮の空に月や星が見えだし、井部青少協会長のスピ-チも快調です、「まずは土星の勉強をしましょう、そして心を落ち着かせて土星を見ましょう」


土星博士に向かっての「旅」のスタ-トです、講師は柴崎先生ですね。


「土星は地球と同じ太陽の惑星、太陽系では2番目に大きく、太陽を一周する周期は30年、ということは同じ位置に再び見えるのは30年後ということですね」ちなみに地球は1年で太陽を回りますね。

地球からの距離は15億6千万km(最速の太陽光でも約80分)だから今見えている土星は80分前のものです、太陽までは1億5千万km、月は38万km!

「環」をもつことでも有名ですね、数ミリから数センチの細かな氷や石のつぶでできていて太陽光で光って見えるのです。


この「環」を傾けながら30年かけて太陽をまわるわけです、ということは….15年に一度は真横から見ると「環」は、一本の線に見えるのですね!

水素、ヘリウム、メタンと気体のかたまりです、だから「密度」は0.68gと軽い、水は「1.00」ですので、大きな大きな水をいれた「タライ」に土星を入れると、ぷかぷか浮かぶんです!!

大体イメ-ジできましたかね?

ああもう一つ、地球に月という惑星がありますね、土星には53もの惑星があるんです。


さてアメリカ航空宇宙局(NASA)の土星探査機「カッシ-ニ」のこと覚えていますか?
「カッシ-ニ」は1997年に打ち上げられ


途中、木星に接近し写真をとり、土星付近からの地球の姿を送ってくれました。


更に土星最大の衛星タイタンに着陸して、素晴らしい写真を地球に届けてくれました。
タイタンは、火山を包む地表の氷を溶かして水を噴き出しているようで、生物がいる?という「説」もありますよ!

   
カッシーニは1年間土星の周りをまわって1万枚以上もの貴重な写真を送った後、使命を終えて去年(2017年)9月15日に、計画通りに土星の大気の中に突入して燃え尽きたのです。

カッシーニ本体に付着している可能性のある微生物を衛星等宇宙に持ち込まないための処置であったのだそうです。

「もったいない!」「かわいそう!」ため息が、叫び声が上がりました。

もう十分「土星博士」になったかな、大丈夫ですね!

 
屋上へ!いよいよ観測タイム
東中天文部のみなさんがすでに観測準備をしてくれています
月も、スカイツリ-も田無タワ-も見ました!

 


「星座早見板」が今日の「土星博士証明書」です。   

 

広大無辺な宇宙ショウ、今夜は夢でもう一度楽しめそう!?

 

(写真は関係者の許可を得て掲載しています)