第3回写真が語る【東久留米の環境 昔・今】市内の情景は激変

東久留米はこんなに変わってしまった

落合川最上流  1976年(昭和51年)

面影が残る 黒目川 大橋  

 

 

 

 

 

前沢宿交差点 1964年(昭和39年)

 

 

 

 


上記の古い
写真は、東久留米市教育委員会所蔵より

時代と共に開発が進み、大きく変化していくのは致し方ありません。
しかし、その変化の中で、自然を生かしながら、環境を良好に守らねば、無味乾燥な
住空間となってしまいます。

東久留米は、他市にはない良好な環境が残っています。

               その改善・保護に取り組みませんか !!  

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づき、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。
環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

第8回市民環境会議  全体会が開催されました。   (4月26日)
議題は下記のようです
①3部会の活動報告
②6月開催の環境フェスティバルの展示出展の検討
③名木百選が決定し、フェスティバルで発表・写真展示
④市民環境会議のロゴ設定の検討
⑤当会議の活動5期10年間のまとめの検討  など

全体会は、年に4回開催されます。

 次年度の市民環境会議委員の募集(第6期)を、近く開始します。
  ぜひ、活動にご参加ください。

☆詳細の内容や申し込み方法は
東久留米市役所 環境安全部 環境政策課にお問合せください。
☎ 042-470-7753

次回の掲載は、6月15日 前後となります。(掲載が遅れまして申し訳ありません)