★★★第5回写真が語る 【東久留米の環境 昔・今】変わらない場所もある

平成元年から変わらない 柳窪地域

東久留米は昭和35年から大型の団地が建設され、昭和45年には、市全体が市街化地域に指定されました。
急速な市街化が進み、貴重な自然が消えていきました。

その危機感から、柳窪の農家有志が、立ち上がり、市街化の波を食い止めるため、平成2年 市街化調整区域(いわゆる逆線引き)に変更を申請し、12.2ヘクタールがその対象となり、その後、平成7年に都が黒目川沿いを緑地保全地域(1.38ヘクタール)に指定今も守られて、自然豊かな武蔵野の面影を残しています。
その写真を掲載します。

顧想園前の屋敷林

奈良山の入り口
上記写真は平成1年 と 平成29年比較です。

上記の古い写真は、東久留米市教育委員会所蔵より
(写真素材のネタがなくなりましたので、当シリーズはしばらくお休みします)

大きく変貌した東久留米の景観
しかし、まだまだ他市にない自然豊かな湧水・清流そして緑を市内各所に残しています。
良好な 環境を守っていきましょう。

          その改善・保護に一緒に取り組みませんか !!  

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づき、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。
環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

会員募集中    8月から第6期の活動がスタートします。

募集中です。添付のチラシ情報をご覧いただき、 ご応募ください。

第6期市民環境会議 応募チラシ

 

第6期市民環境会議委員募集要項 

 

★★★★第4回 写真が語る 【東久留米の環境 昔・今】市内の情景は激変

東久留米は大きく変わった !!

 

 

 

 

落合橋から見た上流

   

 

 

黒目川  小山中橋から見た下流

 

 

 

 

氷川台一丁目 1969年(昭和44年)
黒目川手前には畑が広がっていた。今、そこには成美教育文化会館や学芸大附特別支援学校ができ、同じ位置からの撮影ができず、線路沿いから撮影しました。

上記の古い写真は、東久留米市教育委員会所蔵より

川の氾濫の改修工事や必要な建物が構築されていくのは、必要なものもあり、致し方ありません。
しかし、その変化の中で、自然を生かしながら、人のやすらぎ・落ち着ける環境を良好に守らねば、無味乾燥な住空間となってしまい、人の心までむしばんでいきます。

東久留米は、他市にはない【湧水・清流保全都市宣言】のできた環境が残っています。市内70カ所以上の湧水地点から湧き出る水が、清流を作り、アユも遡上し、子供たちも夏になると、川に飛び込む姿は、都心から程ない場所では貴重な街です。
この清流に生きる木々の中から名木百選が選定され、湧水と木々を保全し、良好な
環境を守っていきましょう。

          その改善・保護に一緒に取り組みませんか !!  

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づき、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。
環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

会員募集中    8月から第6期の活動がスタートします。

募集中です。添付のチラシ情報をご覧いただき、 ご応募ください。

第6期市民環境会議 応募チラシ

 

第6期市民環境会議委員募集要項 

 

第3回写真が語る【東久留米の環境 昔・今】市内の情景は激変

東久留米はこんなに変わってしまった

落合川最上流  1976年(昭和51年)

面影が残る 黒目川 大橋  

 

 

 

 

 

前沢宿交差点 1964年(昭和39年)

 

 

 

 


上記の古い
写真は、東久留米市教育委員会所蔵より

時代と共に開発が進み、大きく変化していくのは致し方ありません。
しかし、その変化の中で、自然を生かしながら、環境を良好に守らねば、無味乾燥な
住空間となってしまいます。

東久留米は、他市にはない良好な環境が残っています。

               その改善・保護に取り組みませんか !!  

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づき、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。
環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

第8回市民環境会議  全体会が開催されました。   (4月26日)
議題は下記のようです
①3部会の活動報告
②6月開催の環境フェスティバルの展示出展の検討
③名木百選が決定し、フェスティバルで発表・写真展示
④市民環境会議のロゴ設定の検討
⑤当会議の活動5期10年間のまとめの検討  など

全体会は、年に4回開催されます。

 次年度の市民環境会議委員の募集(第6期)を、近く開始します。
  ぜひ、活動にご参加ください。

☆詳細の内容や申し込み方法は
東久留米市役所 環境安全部 環境政策課にお問合せください。
☎ 042-470-7753

次回の掲載は、6月15日 前後となります。(掲載が遅れまして申し訳ありません)

 

 

第2回写真が語る【東久留米の環境 昔・今】

 

                                      東久留米の川はゴミ捨て場だった

 

 

 

 

 

 

1973年(昭和48年)               1980年(昭和55年)落合川上流


1969年(昭和44年)浅間町 2丁目



上記の写真は、東久留米市教育委員会所蔵より

ゴミの投棄・散乱・荒れ放題の河川

様々なボランティアの方々が、ゴミを掃除、生活用水をストップさせる運動を地道に取組み【湧水・清流保全都市宣言のまち】を宣言できるまでになりました。

 

 

 

 

 

この清流を維持・保全するため、今も、ボランティア活動が行われています。

 

 

 

 

第2回の掲載が遅れまして申し訳ありません。
第3回の写真が語るは、次回は5月15日にアップします。

   次世代に残す、他市にはない良好な環境の 改善・保護に取り組みませんか !!  

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づき、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。
環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

 次年度の市民環境会議委員の募集(第6期)を、5月から行います。
  ぜひ、活動にご参加ください。

☆詳細の内容や申し込み方法は

東久留米市役所 環境安全部 環境政策課にお問合せください。
☎ 042-470-7753

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回 写真が語る  【東久留米の環境 昔・今】

東久留米の川はゴミ捨て場だった

そんな川を様々なボランティアの方々が、ゴミを掃除、生活用水をストップさせる運動を地道に取り組んできたことで、【湧水・清流保全都市宣言のまち】を宣言できるまでになりました。

1970年(昭和45年)  落合川源流域
1980年(昭和55年)

1979年(昭和54年) ボランティア  川を清掃

1985年 (昭和60年)

 

 

 

 

 

☆多くのボランティア団体や個人の方々の力で 東久留米の環境は大きく改善されてきたのです。

第2回の写真が語るは、次回は4月12日にアップします。

       その意思を引き継ぎ、一層の環境改善・保護に取り組みませんか !!

 

 

 

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づき、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。
環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

      活動紹介  市民環境会議の全体会での討議内容の1部を紹介します。

第5期東久留米市市民環境会議 第7回全体会の報告
開催日     平成 29年 1月27日(金)
全3部会が出席する全体会が開催されました。

1) 生物多様性戦略の取組み
水と緑、安心した暮らしをみんなで育むまち ‘東久留米‛ の実現を目指し、「環境基本計画」とともにあるのが「緑の基本計画」です。平成10年に策定され、平成25年4月に第2次計画となり、具体的な取り組みがなされています。
その見直しが平成28年9月から始められましたが、その一環として、生物多様性戦略があります。、昨年の5月に追加実施された生物生息調査も踏まえて、環境審議会で検討が進められています。
市民環境会議はこの検討部会に2名の委員を出していますが、全体としても市民目線で考え、実りあるものになるよう提案していきます。

2)第21回環境フェスティバルに参加を決定
6月10日~11日開催  全体の活動と各部会 4ブースを設営
活動の紹介や来年度の部員募集

3)各部会の活動報告
①水とみどり部会
・名木百選(仮称)の応募が324件となり、重複を除いた全248件の個々の木をす
べて周り、選定作業を進めていきます。6月の環境フェスティルで発表
・湧水ウォッチングウオーク(11月29日) 黒目川上の湧水と秋の柳窪散策
18名参加  好評
・七福神めぐり(1月14日)約8キロのコースに約2000人参加
部会は、南沢で湧水の良さをPR
②くらし部会
・植物で気温を下げる 28年グリーンカーテンコンテスト 応募15件
グランプリ 優秀作品が選出されました。
・親子エコロジークッキング
③環境学習部会
・みのり塾 (南沢篠宮農園で開催)
・第2回;秋野菜の収穫と取立て野菜のお鍋
小学生15名参加  (11月23日)
・第3回予定;サトイモ掘りと大根種まき  掘りたてサトイモゆでて味わおう                          小学生15名参加 (1月22日)

   お読みいただき、有難うございました。

 

 

 

 

 

第20回環境フェスティバルで紹介 市民環境会議とは何?

611日(土) 〜12日(日)  市役所で開催され 過去最大の2801人の市民が来場

【湧水・清流保全都市宣言のまち】として環境への関心が高まりと、ファミリーも楽しめる手づくり体験ひろば、そして清流 落合川での川下りなど、多彩なイベントに多くの市民が楽しみながら、様々なボランティア団体活動に関心を寄せていました。

フェスティバルのテーマ 「のぞいてみようよ  ~自然 まち 人の環」 を、

             体感できる場となりました。

DSC05205第20回環境フェスティバル会場 DSC05201 (1)セレモニー

 

 

 

 

市民環境会議って 何 ?

そんな疑問に応えるために、活動の内容をまとめた、チラシを作り、これを中心に
ブースで紹介しました。
環境への関心が高まったせいか、多くの方々が、立ち寄ってくれ、チラシを受け取ってもらいました。
DSC05215ブース市民 DSC05218 (1)市民環境会議アテンド

 

 

 

 

皆さんが日頃感じている疑問や支援の気持ち

湧水・川の水は枯れないの ?
木々の緑少なくなっているのが心配 !

鳥や魚少なくなっているのでは ?
ゴミの減量やリサイクルは、
改善しているの ?

市の環境への取り組みはどうなの ?

環境守るボランティア団体を知りたい !  どんなことしているの ?                                 

                                            ⇓

☆そんな思いのある市民の方々

          市民環境会議に参加してみてください。

H28環境フェスタ・全体会  (003)

 

市民環境会議は東久留米の自然環境や暮らしに関わる環境をより良くするため、環境基本計画などに基づいて、市民や事業者が市・行政と協働して取組んでいる組織です。

 

 

環境基本計画の3つの基本方針に沿って、水とみどり部会、くらし部会と環境学習部会に分かれて、下記のような様々な活動をしています。
全体として市や市長への提案・提言もしています。

   ご参加して頂き【湧水・清流保全都市宣言のまち】を守って行きましょう。

チラシご希望・お問合せ先は、東久留米市役所内、環境安全部 環境政策課まで。 
   ☎ 042-470-7753   Email kankyoseisaku@city.higashikurume.lg.jp